2021年07月13日

おめでとうございます! *周藤先生&久保木夫人卒寿のお祝い* 《証しと挨拶》



210713-2021.0630.jpg


先日、周藤先生と久保木夫人の
卒寿(90歳)のお祝いがありました。



お母様の愛の中で、久保木哲子
夫人と周藤健先生の卒寿を祝賀


6月30日 東京・渋谷、松濤本部

大先輩が築いた伝統を相続し、創立
100周年を勝利で迎えることを誓う


6月30日、東京・渋谷の松濤本部で、
久保木哲子・名誉会長夫人(430双、1931年6月30日生まれ)と
周藤健・前副会長(43双、同年2月23日生まれ)の
卒寿(90歳)記念祝賀会が開催され、
天の父母様聖会の方相逸・神日本大陸会長夫妻をはじめ、
会長団、先輩家庭、本部職員など約40人が集いました。

草創期から神日本家庭連合を牽引し、
現在も天寶登載勝利家庭として全国の教会員たちの
模範となって歩む二人の大先輩を迎えた祝賀会は、
お二人が築いた伝統を相続し、勝利を誓う場ともなりました。


  絶対信仰や神霊に導かれた証しが会場を魅了

入教時の証しの映像
久保木夫人の証し

「渋谷・南平台の教会で初めて真のお父様にお目にかかったとき、
『あなたが久保木の奥さんですか。
この道はあなたも来なければならない道なんですよ。
来てくれますね』と言われ、
当時抱えていた全ての事情を超えて
『はい、分かりました』とお答えしました。

以来、お目にかかるたびに、お父様は
『哲子は先生が伝道したや。先生の娘よ』と言ってくださいました。

これがどれほど名誉なことであるかが分かったのは、
随分後になってからでした」

(2010年インタビューより)

周藤先生の証し

「私は青年時代、無神論者で、
『もし神がいるなら見せてみろ』とうそぶいていました。

そんな私が病に倒れ、闘病中に聖霊体験をして
涙の悔い改めをしたのです。
そしてキリスト教会に通い始め、
イエス様と深く交流するようになりました。

ところが、イエス様の言葉と牧師様の言うことに
矛盾を感じて、悩むようになったのです。

そういう中、統一原理を聞きました。
イエス様がおっしゃることとぴったり一致していたので、
全てはここで解決すると確信しました」

(2014年インタビューより)

李成萬・神日本家庭連合副会長が登壇し、
「白寿(99歳)、皇寿(111歳)、そして大還暦(120歳)の
3つの目標を立てて、お元気で長生きしてください」
と述べた後、勝利提議(乾杯)を行い、和やかに会食が始まりました。


  お母様から「よく祝ってあげなさい」とのみ言

会食後、田中富広会長が祝辞に立ち、次のように語りました。

「お母様は『神霊と真理に満ちた草創期の教会を取り戻す』
と言われましたが、日本家庭連合の草創期は、正にそのような教会でした。

その伝統を築いてくださったお二人が、今、
天寶登載勝利のモデル家庭であることに感謝いたします。
お母様と共に、33年後の創立100周年を元気に迎えましょう」


続いて方相逸・大陸会長が記念メッセージを語りました。

方相逸・大陸会長は初めに、
この祝賀会についてお母様にご報告したところ、
「日本の本部がしっかり準備して、よくお祝いしてあげなさい」
というみ言を下さったことを紹介し、
お母様の愛と許諾のもとに開かれた祝賀会であることを伝えました。

そのうえで、「元気で長生きすることこそ、福の中の福です。
皆さん、このお二人を自分の親だと思って、大切にしていきましょう。

子供は親よりも長生きしなければなりません。
子供である私たちは、お母様以上に元気で、頑張りましょう」
と訴えました。



挨 拶

  神様に守られ生かされた命─久保木哲子

私は4歳のときに肺炎で死にかけましたが、
奇跡的に生かされて今日に至っています。

命というものは、どんなに生きたいと思っても、
またどんなに死にたいと思っても、どうにもならないものです。
命は神様が守り、導いてくださると感じています。


  イエス様の恨を解いた真の父母様─周藤健

真のお父様が2度目の世界巡回から戻られたとき(1969年)、
イエス様について、
「3日間慰めても慰めることができないほど、悲しい男だ」
と語られ、衝撃を受けました。

その理由は、メシヤとして生まれながら、
人類の原罪を清算する祝福を誰にも授けることが
できなかったからだと私は思っています。

そのイエス様の恨、悲しみを全て解いてくださったのが真の父母様です。

ご自身のご在世時に世界の3分の1を復帰したいという
お母様の願いに、少しでもお応えしたいと思っています

(中和新聞より抜粋)



お二人ともとてもお元気そうですね。
本当に喜ばしいし、
私たちにとっても嬉しいことです。。。

卒寿というのは、90の九と十を縦に書いた「卆」が
「卒」の略字なので、そこから取っているとのこと。
米寿(88)や喜寿(77)も、漢数字の組み合わせに見立てていますね。

白寿は、百歳から一引いたという意味で
99歳を祝います。
数年前に聖和された李ヨハネ先生は
白寿のお祝いを受けられていました。

皇寿(111歳)は初めて聞きましたが、
「白」が99歳、「王」は「十」の上下に「一」で、
「99+10+1+1=111」という意味だそうです。

田中会長が言及されていましたが、
お母様は先日のみ言で、33年後の2054年、
家庭連合創立100周年のことを語られました。

33年後だとずいぶん先ではありますが、
その年は、真のお母様が111歳の
皇寿を迎えられる年になりますね。

地上の人生をどれだけ送ることができるのか、
それは私自身で決めることはできませんが、
「天宙主管の前に自己主管」というみ言があるように、
健康で長生きするために自己管理することも、
み旨であると感じます。

私も本部から提供されたアプリを使って、
ダイエットを心掛けています。
少しスリムになりました(笑)
やはり、健康には気をつけていきたいですね。

改めて周藤先生、久保木先生の
卒寿をお祝い申し上げます。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月12日

「夫が銃で殺すと言っています!」信徒の報告に、26歳の再臨主は・・ 《金元弼先生》



210712.jpg


金元弼(キン ウォンピル)先生の貴重な平壌時代証し
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」より、
『迫害の中での牧会』です。


迫害の中での牧会

教会の建物があったところのすぐ隣には
門のある家がありました。

その家には、有名な牧師の娘で統一教会に入教した婦人がおりました。
その主人は、大変熱心な幹部共産党員でした。
彼は猟銃が好きな人でした。

それで、奥さんが夜遅く帰ってくる状態だったので、彼女に対し、
「お前、教会に行き続けるならば、
私はこれであなたの教会の中心者を殺す」と脅しました。

彼女が入教したのは、大きな恵みを受けたからです。
彼女は長い間病気でした。
いろいろな所を訪ねても、誰ひとりとして
その病気を治してくれませんでした。

ところが先生に出会った瞬間に、
この理由の分からない病気はきれいに治ったのでした。
彼女はみ言に感動していたのですが、
もっと彼女を引き付けたのは、病気が治ったということです。

彼女もやはり主人をなかなか相手にしませんでした。
主人が強いて関係を結んだ時には、
不思議にも彼女に異常なことが起こりました。
血液がどんどん出るのでした。

そして心配になって先生を訪ねました。
しかし、関係をもたなければ、そういうことがいつあったのか
と思うほどに治ってしまうのでした。


一例を挙げましたが、先生のところには常々、
「夫が先生を銃で殺すと言っている」とか、
「先生を殴ろうとしている」と言ってくるのでした。

あるいは「牧師が先生を何とかして追い出そうとしていますが、
どうしたらいいですか」とアドバイスを求める人が来るようになりました。
それで先生は、そのような話を聞かれるようになったのでした。

子供をもっている人が、神の啓示で
「これからお前は伝道に行きなさい」と言われることがあります。

「伝道に行ったら家族は全員反対します。
こういう神の啓示がありましたけれども、
私はどうしたら良いでしょうか」と先生に尋ねるのです。

毎日そういうことの連続でしたが、先生は決まって、
常に朝から夜遅くまでみ言を語られました。
その時、先生は二十六歳でした。

I 平壌開拓から興南解放
第二章 いつも弟子に関心をもたれる先生
「迫害の中での牧会」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


草創期のころの迫害は、
本当に凄まじいものでした。
一歩踏み間違えれば、
お父さまの命も危なかったかもしれません。

しかし、そういう時ほど、
お父さまは『精誠』を捧げてこられたのでしょう。

朝から晩までみ言を語られた、
当時、26歳のお父様。。
その精誠によって、お父様ご自身、
また食口たちが守られていったのでした。

まさに、生きた教訓ですね。。。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)
posted by ten1ko2 at 08:15 | Comment(0) | 金元弼先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月11日

小学生から始まった霊界教育?! 《北谷先生*死んだらわかるけど、それでは遅い》



210711.jpg
天正宮の花


北谷先生の「死んだらわかるけど、それでは遅い」
の続き、『祝詞を子守歌に育つ』 です。

さて、家が教会になり、毎日大勢の人が
相談にやってくるのですが。。。


教会では、毎日、夜八時から、
祭壇のある部屋でお勤めが始まりました。

かむづま 「高天原(たかまのはら)に神(かむ)留(づ)まり坐(ざ)す......」
で始まる祝詞を、まず、’神様’に四十分ほど上げ、
さらに続けて先祖に二十分くらい上げます。

集まった数十人の信者たちが一斉に祝詞を上げるのです。
(かね)をチャーン、チャーンと鳴らしながら、
大きな太鼓をドーン、ドーンと打ちます。

「ちゃんぽん」という言葉がありますが、
この「チャーン」という鉦の音と「ポン」という鼓(つづみ)の音を
合わせた言葉という説もあります。
それはそれは賑やか、というより、
うるさいこと、この上ありませんでした。

その頃、私は小学校に上がったばかりでした。
お勤めをする部屋の隣の四畳半が、
私と二歳上の姉の寝室になっていました。
お勤めの時間になると、母は「寝なさい」と言って、
私と姉を寝室に追いやりました。

ですから、私たち姉弟の子守歌は「高天原に神留まり坐す......」です。
私が今、どんなにうるさい環境の中でも眠ることができるのは、
この時に訓練されたおかげです。

九時過ぎにお勤めが終わると、母は信者たちの
お加持(かじ;神仏の加護、災難の除去を祈る儀式)を始めます。

病気を抱えている人、仕事がうまくいかない人、
家族や人間関係で悩んでいる人など、様々な人が集まっていました。

母は一人一人について、その原因を’神様’に尋ねます。
すると’神様’から、先祖の犯した罪や失敗などが伝えられ、
それに対して、こうしたらいい、ああしたらいいという
指導が、母の口を通して示されるのです。

お加持は、一人五分としても三十人いれば二時間半、
四十人いれば三時間以上かかります。

それが終わって信者たちが帰ると、母は一人で
またその人たちのためにお勤めをするのです。
ですからすべて終わるのが、
夜中の十二時、一時になる日もざらでした。

信者たちが’神様’の指導のとおりにすると、
病気が治ったり、商売がうまくいったり、
人間関係が改善されたりと、奇跡のようなことがたくさん起こりました。

こうして、母の教会は評判になっていったのです。


「神様はいつも見ている」

私たち姉弟は、時々、母から「お勤めが終わるまで
寝ないで待ってなさい」と言われることがありました。
それで待っていると、お勤めの後に呼ばれます。

そして母の前に座ると、母にぽっと’神様’が入るのです。
そして、その’神様’が、その日私が何をしてきたかを、
ことごとく当てるのです。

私は初め、’神様’の言葉だとは、とても信じられませんでした。
母があらかじめ私の友達に、私がしたことを
聞いておいたに違いないと思っていました。
そして私の躾のため に、
「神様はいつも見ている」と思わせているのだと思ったのです。

ところが一週間後にまた母に呼ばれたとき、
’神様’は私の行ったことを当てるだけではなく、
「その時、こう思ったやろ。あの時、ああ思ったやろ」
と心の中を言い当てるのです。
私の心の中は私しか知らないはずなのに......。

そして、「神様、いつも見てるで。 いつも共にいるで」
と言うのでした。
それは恐いという感じではなく、優しい感じでした。

そういうことが重なると、さすがの私も、
「そうか、神様っているんやな。いつも見てるんやな」
と思うようになりました。

学校に行く道すがら、ふっと後ろを振り返っては、
「来てるかな? 見てるかな?」と確認しようとしたことを思い出します。


ある時、夜中に目が覚めると、隣の部屋から、
何やら人の話し声が聞こえてきました。

「きょうは遅くまでお勤めしてるんやな」と
寝ぼけ眼でふすまを開けてみると、誰もいないのです。

あれっと思って閉めると、また声が聞こえてくるのです。
そういうことが何度か続きました。


宗教では修行をして霊的感性を開いていくということがあります。
それから、体質と言うのでしょうか、
何かのきっかけで霊通するようになったりするのです。

姉と私は、そういう体質なのか、あるいは家が教会という
環境だったためか、霊の声が聞こえるのです。
そのうちに、私にも時々、霊の姿が見えるようになりました。

姉に至っては、いわゆる’霊眼’が開けて、
はっきりと霊が見えるようになったのです。

小学生の姉と私には、霊界が見えるようになってからも、
分からないことがありました。
それは霊界の組織、仕組みです。

ですから二人でよく、「どちらかが先に死んだら、
霊界がどうなっているのか、知らせに来ようね」と話をしていました。
傍から見れば、異様な小学生だったと思います。



霊能者となったお母さんが
神からのお告げを受けるようになり、
自宅が教会だった北谷先生。。。
日々の生活も、信仰を中心とした生活でした。

それを当たり前のように信じていかれたのも、
親との関係が良かったからなのではないか、と思います。

そして、お母さんを通しての『神様』とのやり取り。
『神様はいつも見ている』
ある意味では、私たちの子供たちの教育にも
とても必要なものかもしれないと思いました。

また、北谷先生のお母さんや、
北谷家の人たちは特別かもしれませんが、
私たちには感じられなかったとしても
実際、私たちの背後では、いつも神様(善霊)が
共にあることを知らなければ、と思うのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:59 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする