2021年07月02日

「大きな者になる」文総裁の予言的中! 少年の日のみ言を胸に、夢を叶えた国会議員の証し



210702-2021.0404.jpg


先日第2回の平和祝祭が行われましたが、
春に第1回目の平和祝祭が行われた際の、
韓国国会議長の証しを紹介します。

題目は、
「40年前の予言が奇跡のように叶った人生」です。


大韓民国国会第20代憲政会長の金奎煥(キム ギュファン)です。
本日の天の父母様の聖会平和祝祭を
心からお祝い申し卜げます。

今から40年以上前、私が大宇重工業という会社に
勤めていた時でした。
私はその当時、使いをしていて、
リヤカーを引いていた少年でした。

その時、統一重工業という会社の前を通っていたのですが、
乗用車数台か通り過ぎて突然止まり、
二番目の車からある男性が降りてきました。

私の前に歩いてきて、私の目を見て
「やぁこの人の目を見なさい」とおっしゃいました。

そして、「君は今どこで何をしているんだ?」という別の方の問いかけに、
私は「大宇重工業で技術者たちが超精密加工たものを受け取り、
それを持って統一重工業に配達するお使いです」と答えました。

すると、その男性は、私にこのような言葉をかけてくれました。
「君は必ず成功する。
自分のしている超精密分野でどんなことをしてでも
世界最高の第一人者になりなさい。
君は必ず成功できる。
この人を手伝いなさい。」
と守衛の人に言われながら、帰って行かれました。

私はその方が誰なのかよく知りませんでした。


そして40年が過ぎた後、江南(カンナム)のCOEXで
文鮮明総裁の自叙伝出版記念会に行った時でした。

その方が文鮮明総裁だという事実を後で知り、
私か行ってみたかったのです。
しかし、招待客でないと入れませんでした。

そこで、人々が出てくるドアから入り、席がなかったので、
片方の隅に立っていなければなりませんでした。

文総裁は二時間以上特別講義をされました。
拍手喝采がわき起こり、手を振りながら出て来られる道
には著名な人々がたくさん立っていました。

片隅に立っていた私も手を振りました。
しかし、その時総裁が行かれた道を振り返り、
私の方に来られるのではないですか。
そして、私を見て「お前!」と嬉しそうに、
「君は今何をしているのか?」と聞かれるのです。

それで、私が答えました。
「はい!あの時おっしゃられた超精密分野の世界の第一人者となり、
人韓民国の国家品質名匠第1号になっています」とお話ししたのです。

総裁は「私がそうなると思った!」とお喜びになり、
「本を持って来なさい!」とおっしゃられました。

その本は一般に販売されている印刷本ではありませんでした。
大きさがもっと大きいハードカバーで、黒く塗られている本でした。
その本を私にくださり、今も私の家庭の家宝として保管しています。

そして周りの随行員たちにこのような話をされました。
「この人はね、国家のためにとても人きくなる人だ!
目を見なさい!
そして、ちょっと助けなさい、大きくなれる人物だから!」と。
そして人々が拍手を送り、歩いて行かれました。


その後、私には奇跡のようなことがたくさん起きました。
大学の碩座教授にもなり、大韓民国の第20代国会議員にも当選しました。

そして、私はその本を国会議員会館、
私の事務室の一番上に額縁を入れてかけました。
毎日のように総裁の精神を忘れないためでした。

韓国は果たしてどこまで来たのでしょうか。
スイスは時計、ドイツは自動車、米国は航空機、
日本はカメラと電子があるが、
韓国は果たして何かあるでしょうか。

それで、文鮮明総裁の大きな志を実現するため、
韓国がノーベル賞が最も多く出る国にすべきだと思い、
ノーベル賞受賞のための法案を作成しました。
幼稚部、初等部、中等部、高等部の発明教育育成法という法を
最初の制定法として作り、施行令まで通過させました。


その後、国会議員会館の廊下で行事が行われたのですが、
そこに文鮮明総裁のご尊影が掛けられていました。

それでそこにいた方をつかまえて尋ねました。
「今何をしているのですか?」と聞いたら
「世界平和のための行事をしているのだ」
という返事がありました。

それで「もしかして家庭連合の行事なのか?」
と聞いたら、そうだと言うのです。

そこでその方の名前を尋ねたところ、
「もしかして40年前、統一重工業の前で文総裁に
入参された金奎煥ではないのか」というのです。
その方がキムソンヨル局長でした。
文総裁に随行していた方だったのです。


その後、私は韓国UPFの宋光臾会長に出会いました。
そして韓国世界平和国会議員連合の共同代表として
アメリカ、日本、ネパールなど様々な国の大会に参加することができました。

私の目で、韓鶴子総裁がどのような仕事をされているのかを
はっきり見ました。
世界平和と南北統一への鍵は、韓鶴子総裁が
持っていらっしゃるということを私は確信します。

先ほども大統領たちが声をあげる姿をご覧になられたと思います。
韓鶴子総裁は、全世界全人類が認める世界平和の母であられます。
平和の母であり、統一の母です。

神様が私を見て「今のあなたの願いは何か? 
一つだけ話しなさい、聞いてあげよう!」とおっしゃられるなら、
私は喜んでこう申し上げます。

「韓鶴子総裁が末永くお元気で、世界平和が訪れる
その日が来るのを待ちわびておりますので、
どうかご健康であられて下さい!」という願いを祈りたいと思います。

(世界本部長の歌をほめられ
テキオラという歌を歌われる
「平和の船出をしよう!」

私たち人間の道しるべとなる真なる父、母であられます
文鮮明・韓鶴子総裁に大きな祝福と健康をくださり
私たちを抱いてくださることを
感謝しながらあいさつに代えさせていただきます。
ありがとうございました。)

天の父母様聖会 平和祝祭 (2021.4.4)

「TPマガジン」の掲載をもとに、
peaceTVの生中継VODを参考にして
一部編集しました。
文責:ten1ko2


素晴らしい証しですね。
たとえは良くないかもしれませんが、
豊臣秀吉が、何の身分もなかったころ
織田信長と出会った後に頭角を現して出世した、
その場面を思い出しました。

お父様と出会うことを通して、
天運が開かれた金奎煥議員でした。

私たちは外的なもの、地位や名誉など
何も持たないものではありますが、
真の父母様に地上でお会いすることができた、
これがどれほどの福音であるか、
改めて感じさせていただきました。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:02 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする