2021年08月28日

人生の転機、すべてを懸けて臨んだ原理大修練会 そして大抜擢 《小山田先生自叙伝》



210828-1967.0612.png


小山田先生の自叙伝。
今回は、「『原理講論』の翻訳チームの一員に 」です。


(1965年の2回のご来日から)2年後の1967年6月12日、
真の父母様は、 ご家族を伴って初めて御来日、
約2カ月間、滞在されました。

このとき、前年(1966年)5月1日に韓国で発刊された
『原理講論』に基づいて、東京・渋谷の松濤本部で、
「原理大修練会」が2回にわたって開催されたのです。

私は、「(当時の)『原理解説』(『原理講論』の前身) だけでは満足できず、
これ以上、統一教会にはいられないな」と思っていたので、
この原理大修練会に懸けてみようと思いました。

当時の本部は、せいぜい150人ぐらいしか収容できませんでした。
そのため、原理大修練会は2回に分けて行われ、
合わせて約300人の全国のリーダーたちが受講したのです。
私は、 第1回(6月17~30日)に参加しました。

原理大修練会では、劉孝元(ユヒョウォン)先生
(韓国初代協会長)が原理講義をされました。
カリエスで 不自由な体を押しての講義でした。

そこで祈れば祈るほど、修練会における劉孝元先生の祈りが
切々と伝わってきたのです。

「父母ならざる者を父母となし、兄弟ならざる者を兄弟とする」、
それは、いつも劉孝元先生ご自身が体験されてきた内容だと思いました。

講義中、「原理」の重要な部分になると、
真のお父様がお立ちになり、解説してくださいました。


「原理大修練会」が終わった直後、私は
『原理講論』の日本語翻訳チームの一員に選ばれました。

ほかに、野村健二先生、小河原(櫻井)節子さん、佐藤(大山)方美さん、
滝川栄子(のちに奈田寿美子)さんがいました。

劉孝元先生は真のお父様の所に私を連れて行き、
紹介してくださいました。

そのときお父様は、
「クリスチャンが統一教会に来るというのは大変なんだよ。
 よく来たね」
と歓迎してくださったのです。

劉孝元先生は、私にアドバイスをしてくださいました。

「真のお父様との出会い方にもいろいろあると思う。
 能力や霊力、総合的能力など。
 しかし、お父様を見詰めるための焦点が合わないと、
 お父様は見ても見えない。
 君は、原理のみ言を焦点にして、お父様を見なさい」


その後、お父様は、「劉孝元と小山田が連絡の核となり、
『原理講論』の構成や翻訳などに 関わるように」
とおっしゃいました。

そして私は、『原理講論』の言葉の翻訳や名称の記述を整えるために、
ずっと劉孝元先生と共に携わってきたのです。
その工程の中で感じたことを紹介したいと思います。


210828-1967.0612(2).jpg
劉孝元(ユヒョウォン)先生
(韓国初代協会長)1967.6.12

自叙伝「真の父母様の御跡を慕って」
小山田秀生


第二章 真の父母様の御来日と『原理講論』
『原理講論』の翻訳チームの一員に


劉孝元先生の原理講義は、日本食口たちにとって、
革命的な出来事だったのではないでしょうか。

み言自体にも人を生かす力があると思いますが、
語る人の熱情、動機と心情も、人の心を動かす、
重要なポイントであることを改めて思わされます。

また、小山田先生が、原理講論日本語訳の中心メンバーでした。
「これ以上、統一教会にはいられない」と思って、
原理大修練会にかけようと思って参加されたのですが、
神様が重要な立場に用いられたのでした。。。

劉孝元先生とのやり取りなど、
その後の証しが楽しみです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 10:45 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする