2021年09月16日

これで霊界がわかる?! 真のお父様、推薦の霊界からのレポート 《李相軒先生》



210603.jpg


李相軒(イサンホン)先生のメッセージ
「霊界の実相と地上生活」がBlessed Lifeに掲載されています。
今日は、『はじめに』を紹介します。


人類の真の父母として来られた文鮮明(ムン・ソンミョン)韓鶴子(ハン・ハクチャ)御夫妻(以下、真の父母様)は、
「統一原理」を解き明かし、真理を通して
私たちを無知から解放してくださいました。

その内容は『原理講論』をはじめとする八大教材教本、
天一国三大経典などとしてまとめられていますが、
真の父母様はその中でも、特に天の父母様(神様)、
霊界について正しく知らなければならないと、
再三にわたって強調されています。

私が生涯をかけて教えてきた内容の中で、
最も重要だと強調してきたことがあります。

それは、神様と霊界について
はっきりと知らなければならないということです。

言い換えれば、漠然と頭だけで知り、
数学の公式を覚えるようにして理解する神様ではなく、
私たちの心臓に、そして骨髄の中にまで
神様の存在を刻みなさいというのです。

……霊界についても同じです。
人間の選択権外に厳然として存在する
死後の世界を正確に知っていてこそ、
現世において私たちの人生の中で
徹底的に準備することができるのです。

(天一国経典『平和経』281ページ)


神様についてはもちろん、霊界についても、私たちはまず、
真の父母様御自身が語られた膨大なみ言(ことば)を訓読することで、
正しい理解を深めることができます。

それとともに、統一思想を体系化した李相軒(イ・サンホン)先生(36家庭)が
1997年3月に昇華(聖和〈ソンファ〉)後、
霊界から送ってこられたメッセージをまとめた
『霊界の実相と地上生活』の内容について、
真のお父様は「事実である」と語られました。


これは、妄想的なものではなく、実相です。
皆さんは感じることができず、見ていないので、
これを土台にして、知らなければなりません。

霊界の実相をはっきりと知ることによって、
内外が一つになるのです。
内外、心と体が一つになります。

これが、相軒氏が霊界に行って整理した事実です。
皆さんはこれを知らなければなりません。
疑ってはならないのです。


(『文鮮明先生マルスム選集』297巻223頁、1998年12月1日)


李相軒氏が霊界に行って、
霊界全体の関係ある場所をみな訪問しながら、
神様の命令によって、地上に伝達できる内容を
教材のようにすべて書き、送りました。

それを見れば、霊界の組織編成について
はっきり分かるでしょう。
すごいことです。

相軒氏が切実に願うのは、
自分がここ(霊界)に来てみて、
統一教会員が苦労するかと思ったので、
先輩として霊界に関する内容を教えて
あげることによって、地上での生が終わり
霊界に入って暮らすようになるときに
役に立てば、ということです。

これは数千年、数万年、
助けてもらうことになるのです。


(『文鮮明先生マルスム選集』303巻69頁、1999年8月)


李相軒先生は生前、様々な分野において
統一思想的観点から分析を行われましたが、
霊界についてだけは質問されても答えられず、
心残りだったといいます。

神様と真の父母様は、そのような李相軒先生を立てられ、
霊界はどのような構造になっており、
神様の愛はどのように現れるのか、
統一食口(シック)はどのような姿で生活しているのかなど、
詳細なメッセージを送るようにしてくださいました。

その内容は、私たちが地上生活を送るに当たって、
非常に示唆に富むものばかりです。

天一国の実体化に向けて、真のお父様は霊界で、
真のお母様は地上で陣頭指揮を執り、
摂理を進めていらっしゃるこの時代、
私たちが霊界について正しい理解を持つことが
ますます重要になってきています。

そこでこのたび、2002年に「合本版1」として出版された
『霊界の実相と地上生活』から、
主に霊界の様相に関する部分を抜粋してまとめ、出版する運びとなりました。

本書が、誰もがやがては行くことになる霊界について正しい理解を深め、
意義のある地上生活を送る一助となれば幸いです。

「霊界の実相と地上生活【霊界の様相編】」
世界平和統一家庭連合
(光言社刊『霊界の実相と地上生活』より)
はじめに


※『霊界の実相と地上生活』は
36家庭の李相軒先生(1914〜1997)が
霊界のさまざまな事実を証しされたメッセージが掲載されています
(blessed lifeより)



この本のシリーズは李相軒先生が霊界に行かれてから、
ある女性を通して、霊界からメッセージを送ったものを
まとめられたものです。

まだお父様が地上におられる頃でしたが、
当時、お父様は書籍に残すよう、言われたのだと思います。

このみ言が出版された当時、
私も何度も読みました。

「はじめに」を読むと、この書籍は
お父様が聖和された後の「改訂版」のようです。

霊界の内容がより明確にわかると思います。
毎週紹介しますので、お楽しみに。。。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 10:26 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする