2021年11月21日

私にくれた愛のムチで、アベルカインを知る 狭山公園での思い出 《小山田先生自叙伝》



190302 19730711.jpg
左は小山田先生


小山田先生の自叙伝より
「狭山公園での真のお父様のみ言」です。

第六章 日本の行くべき道とは
狭山公園での真のお父様のみ言

一九七〇年代に入ってからも、天の摂理の推進のために、
真の父母様は何度も日本を訪ね てくださいました。

真の父母様は、一九七一年十二月五日に
第三次世界巡回路程の出発の際も来日され、
一週間滞在されたあと、渡米されました。

世界を救うためには、アメリカでのキリスト教の
精神復興が重要なみ旨だからです。

そのようにして真の父母様は、
アメリカでの摂理を中心に投入されるようになりますが、
翌七二年と七三年にはそれぞれ三回、
さらに七四年と七五年にはそれぞれ四回と、たびたび来日されました。

たくさんのみ言を語り、指導し、
日本の食口たちを愛してくださったのです。


その中でも印象に残っているのは、
東京と埼玉の県境にある狭山公園で計四回にわたって
集会が開かれた際、語られた真のお父様のみ言です。

一回目が一九七二年四月二十六日で、
この年の最初の御来日でのことです。

全国から約二〇〇〇人の食口たちが狭山公園に集う中、
み言を語ってくださり、アメリカに続いて
日本での「世界統一十字軍」(十二団)を編成してくださいました。

二回目は同年五月六日、「神様と我々」と題して、
狭山公園でみ言を語られました。

三回目は一九七二年七月十一日、
狭山公園に静岡以北の食口たち約二五〇〇人が集まり、
真のお父様が長時間にわたってみ言を語ってくださいました。

その翌日には、兵庫県の宝塚研修所に名古屋から南の食口たちを集めて、
「信仰の一念」と題してみ言を語ってくださったのです。
四回目に狭山公園に来られたのは
一九七四年五月九日で、全国信徒大会が開かれました。


狭山公園で語られた数々のみ言の中で、
印象に残っていることに触れたいと思います。

「アベルを打ってカインを悟らせる」との内容です。

真のお父様は竹竿を持ちながら、み言を語られました。
私は、お父様のすぐ前に座っていました。

お父様は私を見ては厳しく叱るかのように、
ときどき竹竿で叩かれるのです。
それはお父様の愛の作戦です。

当時、会長代理を担当していた私をあえて厳しく指導することで、
周りの食口たちを覚醒しようとされたのだと思います。

お父様からまるで風速一○○メートルの勢いで打たれるようでしたが、
私の仕事は、それをじっと感謝で耐えることだったのです。

小山田秀生 自叙伝
「真の父母様の御跡を慕って」より
第六章 日本の行くべき道とは
狭山公園での真のお父様のみ言


お父様が竹竿で叩かれる・・・
小山田先生に「お前を全体を覚醒するため、
身代わりに叩くから、感謝して受けるように」
そう言って叩かれたのではないでしょう。

小山田先生が悟られて、痛かったとしても、
感謝して受けることをお父様が願われました。
なので、全体も正されたのだと思います。

私たちも中心(アベル)を通して試練を受けた時、
感謝して受けること、甘受することが
どれだけ重要であるのかを悟らされるのです。



181118 19720426.jpg

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:30 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする