2021年11月26日

文氏から王が現れる?! 先祖は私生児から始まった・・・! 《史吉子先生》

イエス、モーセ聖誕時の再現、再臨主の家門がたどった茨の道



211126-3moon_web_1920.jpg
平安北道定州郡 文鮮明師生家☆


史吉子(サ キルジャ)先生
「原理によるみ言の証」より
『再臨主の家門(文氏)の
共通した性稟と蕩減の役事』後半です。


ところで、文氏の間でどんな噂があったかと言うと、
「将来、文氏の中から文王が現れる。」
と言う噂があったそうです。

李氏王朝が王権を握っているのに、
突然、文氏の中から文王が現れたらどうなりますか?
それで、文氏の子供たちを皆捕まえて殺したそうです。

イエス様の時も、同年代の男の子たちを皆殺し、
モーセの時も男の子たちを探し出しては、
片っ端から殺しました。

私たちの民族の間では、
文氏一族が蕩減を多く受けたのです。

文氏一族の僕の中で、金氏の姓を持つ僕が一人いたのですが、
その人は自分の息子を文氏だと偽って、
殺すようにと差し出し、主人である文氏の息子を
自分の息子として取り替えて育てたそうです。

その子供が後になって、自分の本来の姓である
文氏として現れたそうです。
このように、文氏が茨の蕩減の道を歩んだのです。


お父様がお生まれになった所は平安北道定州郡で、
文氏が集落を形成していました。

そこでお生まれになった文昇龍長老(お父様の又従兄弟にあたる方)
証を聞いてみると、文氏一族の人は赤ちゃんができると、
みんながその子供が生まれて来る時まで安心できなかったそう
度々、障害児が生まれたそうです。

口唇裂や指が6本あるといった、
正常でない子供たちが生まれたと言うのです。
それで「ああ、また障害児が生まれた!」
と嘆きながら、心が安らかでなかったそうです。

ひっきりなしに氏族的に蕩減が起こったのです。
なぜかと言えば、サタン世界に神様の聖別された基盤を
作らなければならなかったためです。

神様の摂理はタダでは成せません。
それで、サタンに払わなければならない
蕩減の役事が多かったと言うのです。


お父様は、「皆さんが文氏と共に選民になると言うことは、
大きな栄光であるので、皆さんの親戚の中に、
あるいは先祖の中に文氏がいるはずです。」と語られました。

そうでなければ、韓民族が選民になり得ない
とおっしゃいました。

それで私も心配になって、実家の母に聞いてみました。
そうしたら、母の祖母が文氏だったそうです。
そして、 その祖母がとても優しくて良い方だったそうです。
それで、「私にも文氏の血が流れているんだ!」と安心しました。


お父様は、「人がこの世で生きていく上で、
決して人を利用しようとしてはいけない。
むしろ、人に利用される方がましだ。
そして、自分に仕えさせようとはせずに、人に仕えなさい。
他人に良いことをたくさんしなさい。

それがすぐには割に合わず、損をするように思えても、
その徳が子孫たちに大きな福として残されるから、
良い子孫が生まれる。」とおっしゃいました。


韓民族は、そんな文氏を迎えた特別な民族です。

皆さん、文氏が南平文氏だと言うことはご存知でしょう?
ところで、文氏の先祖が全羅南道羅州郡南平面の
小さな村で、私生児として生まれたと言うのです。

なぜ、文氏の先祖が私生児として生まれたのか?
お父様は、「私生児は、特別な神様のみ旨によって生まれた。」
とおっしゃいました。

サタン世界で正式に結婚した夫婦の間に生まれる子供は
サタンの血統の子女であるため、
そこからは神様の血統を見つけ出すことができないそうです。

それでイエス様も、私生児としてお生まれになったのです。
主はこのように復帰摂理の曲折を経て誕生されなければならず、
サタンの血統でない特別な血統として
お生まれにならなければならないのです。

史吉子/ 著「原理によるみ言の証」
第1章総序論
再臨主の家門(文氏)の共通した性稟と蕩減の役事



文家の背景の話、
やはり、再臨主が誕生するには、
韓国も国家的な蕩減を受けなければならないし、
それだけでなく、文家という氏族においても、
蕩減を受ける必要があったわけですね。

さらには、イエス様の家系においては、
イエス様ご自身が私生児として生まれましたが、
お父様ご自身は、そういう立場ではありません。

しかし、先祖の出発が私生児であった・・・
そういう点から見て、蕩減復帰に当てはまるわけです。

いずれにしても、お父様の背景、血統において、
再臨主誕生の条件を立てていたことになります。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)





posted by ten1ko2 at 09:28 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする