2023年02月05日

100年生きた以上に最善を尽くした孝進様の人生、「皆様、悲しまないでください」 《文妍娥様のみ言》




2008.0319.jpg
文孝進様世界昇華式 2008年3月19日


Blessed Lifeでは、孝進(ヒョウジン)様聖和15周年を迎えるにあたり、
「文孝進様の孝情に学ぶ」と題して、
孝進様に侍られた方の証言を紹介しています。

今回は、孝進様の奥様、
文姸娥(ムン ヨナ)様のみ言(前編)です。

世界聖和式での文姸娥様のメッセージ
「皆様、どうか悲しまないでください」

3月17日、文孝進(ムン・ヒョウヂン)様(享年45)の聖和15周年を迎えます。近年、真のお母様は折に触れて、孝進様の孝行息子としての生き方に言及し、孝情の模範とするよう二世・三世を激励されます。そこで、孝進様の孝情がいかなるものであったかを学ぶ一助として、孝進様に近く侍ったかたの証言を紹介します。

100年生きた以上に最善を尽くされた

食口(シック)の皆様、こんにちは。

朝早くから、そして孝進様が昇華された後、
きょうまで、続けて
孝進様のために精誠を尽くしてくださり、
また愛を送ってくださった食口の皆様に、
心から感謝申し上げます。

実は、私は(皆様の前に立つ)準備を
していたわけではないのですが、
しかし、皆様が孝進様を愛してくださり、
私たちの家庭を心配してくださり、
また真の父母様をとても愛してくださり、
また真の家庭を愛してくださったので、
その愛ゆえに、(皆様が)
とても心を痛めていらっしゃるのではないかと思い、
私は、皆さんに、「心を痛めないでください」
と申し上げたくて、このように前に立たせていただきました。


孝進様は霊界があるということを確信され、
霊界を感じていらっしゃいました。

孝進様は、「霊界というものは、
この世に生まれた私たちが、皆、
必ず行くべき目的地であり、
そこには、むしろこの世界より
はるかに自由で解放的な生活がある」

ということを常に語っていらっしゃいました。


もちろん、もしもっと長く生きられたならば、
その分さらに、孝進様が語っていらっしゃったように、
孝進様の名前どおりの孝の道を行くこともできたはずです。

そして、さらに努力して、皆様と共に
真の父母様に喜びをお返しし、
実績をお返しすることができたはずです。

しかし、私は、孝進様がこの世で生きられる間、
本当に100年以上生きられたのと同じように最善を尽くして、
その最後の瞬間まで努力し、生命を放棄せず、
最善を尽くされたということを知っています。


ですから、私は、このように突然、
孝進様が霊界に呼ばれるとは思っていませんでしたが、
その瞬間を思えば、むしろ孝進様に感謝申し上げております。

最後まで努力する姿を見せてくださり、
死の瞬間まで、「私たちのだれもが行くべき道を、
最善を尽くして行かなければならない」とおっしゃった
言葉どおりに生きられたので、そのことに対して、
私は本当に心から感謝しております。

孝進様は、もちろん私の夫でもありますが、
私の人生を真の父母様と結びつけてくださり、
真の父母様をより深く理解させてくださり、
さらに、真の家庭を理解し、
私たちが取るべき姿勢を理解するにおいて、
これ以上ないほど大きく尊敬する師であられました。

孝進様の妻ということで、もし私に
良い点があるとすれば、それは、
孝進様を通してこれまで教育を受けてきた結果であると、
私ははっきりと申し上げることができます。


もちろん、皆様全員にそのような機会が
与えられていれば、もっとよかったのですが、
私が(皆様を)代表して受けました。
その点に対して、本当に感謝申し上げます。

それゆえに、私は孝進様と過ごした多くの時間を
心楽しく記憶しています。
特に孝進様と韓国で過ごした最後の1週間は、
私にとって本当に最高で、
最善の瞬間であったということを改めて感じます。

私たちは、真の夫婦として最高に愛し合い、
そして互いにために生きました。
ですから、そのことを、私は孝進様にもう一度感謝申し上げます。


食口の皆様、悲しまないでください。

お父様は、「喜ばしい日である」と語られ、
孝進様は、良いことのために逝かれ、
必要なので逝かれたのです。

摂理的に祭物の立場が必要で逝かれたのであれば、
そのように祭物として選ばれたことに
感謝申し上げます。

その犠牲は、ために生きる人生に通じる道であり、
そこには私心がありえないので、孝進様が、
神様と真の父母様と、そのすべての摂理的な
基台の前に一つになったという意味であると、
私は思っています。

それは、孝進様が最も行こうとして
いらっしゃった道であったと思います。
おそらく、皆様もそれを感じていらっしゃるでしょう。

私は父母様に大変申し訳なく思っています。
もっとしっかりと、私が孝進様に侍るべきであったのに、
そのようにできなかったため、
父母様に対して不孝であり、
孝進様が先にこの世を去るようになったことに対して、
私は、父母様に心から謝罪の言葉を申し上げます。

しかし、父母様は、そのような私を理解してくださり、
慰労してくださいました。

それゆえに、その力により、
私はこのように立っているのです。

2008年3月19日、韓国・HJ天宙天寶修錬苑
(『ファミリー』2008年5月号掲載)
※一部、編集部が加筆・修正

【聖和15周年特別企画】文孝進様の孝情に学ぶ 1
世界聖和式での文姸娥様のメッセージ
「皆様、どうか悲しまないでください」(前編)
Blessed Life
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=18366
分かりやすく区切って編集しています。


永遠に孝進様を愛される心情を持っておられる
姸娥様ならではのみ言だと思います。

しかも、聖和(この時は、昇華)された2日後の
み言ですから、素晴らしいですよね。

さらに言うと、自分のことより、
私たち祝福家庭のことを、また
父母様のことを心配しておられる。。。
この境地はまさに無私の心情だと思います。

ただ亡くなる1週間はご一緒に過ごされた
ということを知り、最期までの
本当によい時間を過ごされたであろうと思うと
とても安心しました。

「最善を尽くして行かなければならない」と
孝進様ご自身が語られていたように、
私たちも地上生活において、一挙手一投足を
精誠を尽くさなければならない、と思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご子女様・真のご家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする