2010年06月13日

新しい人が来ました!

今日は日曜日。聖日です。
教会長は、韓国におられるので、代わりに私が礼拝の説教を担当しました。
その前にみんなで駅前に行き、拉致監禁に抗議するビラを配りました。

ちょうど帰って来た時に、教会のある建物の上の階に住んでいる中国人が、礼拝に参加するために教会を訪ねてきたのです。
20歳の女の子で、アルバイトをしながらファッション関係の専門学校に通っているとのことでした。

先々週、一度来たことがあり、その時は教会長が対応してくださいました。

彼女の中国にいるお母さんが「礼拝に参加しなさい。献金をしなさい」と、電話のたびに話すそうです。
それで彼女は、たまたま引っ越してきたビルに教会があることを知って、訪ねてきたのでした。

教会長は「一般のキリスト教とは違うから、お母さんに確認してから礼拝に来なさい」と話されたようですが、彼女は今日ちゃんと来たのです。

教会長は、彼女のお母さんが素晴らしい、と言われていました。
いつもいつも「礼拝に行きなさい。献金しなさい」とお母さんが話すように、私たちは子供たちに、礼拝の重要性献金の重要性を話しているだろうかと言われていました。

今日またあらためて、本当にそうだと思いました。
新しい人を迎えた礼拝の時間は、『中国のお母さん以上に、礼拝の貴さを子供に伝えなければいけない』と思わされるひとときでした。
 
皆さんも、近くの教会を訪ねてみませんか?

クリックお願いします!にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

               にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 21:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]