2010年10月22日

犬も歩けば…同性愛者天国の米国、ウガンダでは違法


ウガンダでは、同性愛者に対する取締りが厳しく、
法律で禁止されているため、死刑執行もあり得るといわれています。
同性愛者が生き抜くにはとても大変な国です。
上記記事↑

それとは全く反対に、アメリカでは軍隊が史上初めて、
同性愛者を公言する者の入隊を認める方針を出したそうです。
アメリカは同性愛者天国と言っていいかも知れません。

軍隊というのは、基本的に寮生活だと思うのですが、
アメリカでは、個室が与えられているんでしょうかね。
それとも、公言しているから、その人だけ特別待遇を受けているのか。。。

教会の大先輩で、周藤健先生という方がいらっしゃいます。
教会開拓時代から長い間、原理講義をされているとても有名な方です。
私が参加したセミナーでこんな証しをされていました。

周藤先生は、1970年代アメリカに渡られて、
アメリカ人たちに英語で原理講義をしていた期間がありました。
先生の講義はアメリカ人にもとても好評だったそうです。

新しく伝道されてきた人たちを泊りがけで講義するセミナーを担当したある日のこと。
一日目が終わり、就寝となりました。
その時、女性達の部屋から「キャー!」という叫び声が。
周藤先生は、何事が起こったのかと女性部屋に入ってみると、
一人の若い男性が布団にうずくまっていました。
「どうして君は、女性の部屋に侵入したんだね?」と質問すると、
その若い男性は、どう答えたと思いますか?

もうここまでくれば皆さん、予想がつきますよね。
そうです。
その男性は同性愛者だったのです。
男性の部屋に泊まるより、女性の部屋に泊まった方が、
その男性には何の感情も起こらないというわけです。
罪を犯さないために、女性部屋に忍び込んだのですね。

周藤先生は、そのようなセミナーが一回や二回ではなかったと言われていました。

彼らにとってみれば、原理を聞いて、言われていることはわかるけれど、
試練を乗り越えるのが大変だったでしょうね。

もともとアダムとエバから始まった人間から、
男女の愛ではなく、同性愛というものが生まれてしまったのか、
またいずれお伝えしたいと思います。

応援してくださる方はクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

サントメ・プリンシペ:同性愛が合法化
Excerpt: PortugalGay.PT(ポルトガル)より原文はこちら西アフリカにある島国サントメ・プリンシペでは刑法改正により、男性同士の性行為に対する罰則規定を失くすことが国連人権理事会の調査で分かった。新し..
Weblog: ILOBUR サンプル研究所
Tracked: 2011-02-14 13:54