2010年11月12日

被害者の妻から見た拉致監禁9


Guido-Reni-xx-Christ-appearing-to-the-Virgin.jpg


どの辺りのことを書いていたか忘れるほど、前回から時間が経ってしまいました。

韓国SBS放送 を見てつくづく思いましたが、
主人も経験した拉致監禁というものは、言い表せないほど残酷なものですね。
体験者の姿をビジュアルを通して知らされて初めて実感するものも多かったです。

今日は、続きからは、話が飛びますが、私の感じるところをお話したいと思います。

私も海外にいて会えなかったのですが、主人が解放された当初は、随分傷心して療養の期間が必要でした。

私は、それまで会った拉致被害者がたまたま、元チャーチマザーの神々しい姿だったり、
飄々と自力で両親を説得した兄弟だったりしたので、(過去記事被害者の妻から見た「拉致監禁」1
トラウマに苦しんだりすることがよく理解できていませんでした。

それまでは、まぁまぁよく手紙を書く人という印象だったのに、私への手紙は滅多になくなりました。
彼の霊の子などがよく手紙をくれたので、様子を聞けるくらいでした。
直接話すこともできないし、電話も掛けにくい環境だったので、状況がわからず
私も気をもみました。

その頃の主人の写真を見て思いましたが、うつ状態に近かったのではないかと思います。

ある期間を経て、現場に復帰してからはそんな様子は見えなかったようですが…。

今では何もなかったように過ごしていますが、主人の家族や親族との関係は
一応修復されたとはいえ、絶対元通りにはなれない、深い傷を残し、
間には溝どころではなく、深くて広い川が横たわっているかのようです。

主人と家族の関係は、もう一つ屋根の下に暮らすことのない距離を置いた関係だからこそ
穏便に成り立っているような、実は繊細な状況にあります。
一切、拉致監禁のこと、統一教会のこともタブーのように口にしていません。

数々の拉致監禁事件の中で、主人のケースは、まだまだよい方だといえるかもしれません。

心に傷を残し、家族との関係を壊す、これまで拉致監禁の事実をよく知らなかった教会員も
ようやく理解できる段階に入って来たと思います。

人の意見を真に受けやすい素直で人のいい人が多い教会員が、
拉致監禁の想像を絶する環境の中で、どれだけ痛手を負うか。

このような非人道的なことも、統一教会の信仰を持つ者には許されるというなら、
拉致監禁を陰で指導する反対牧師や監禁屋は、統一教会人を人だと思っていないのでしょう。
魔女のようなものだと考えているのでしょうか。

こうでもしないと棄教しないから、他に方法がない、ということを口実にしているようです。
つまり、統一教会の人たちを恐ろしがっているのかもしれません。

正しく教会も教理も知ろうともせず、排除しようとするのは、
魔女狩りと同じと言われてもしかたないでしょう。

この拉致監禁という非人道的な犯罪行為が、家族親族を仲介して成り立つというところに
問題の悲惨さがあります。
家族の愛情を利用して、人助けと称しながら、何年もそれで生計を立て、建物も立派に改築して私服を肥やした、監禁屋。

いい加減にした方がいいですよ。許されることではありません。
詭弁を使わず、人にも自分にも正しく生きてほしいと心から願います。

神様の悲しみを、そして引き裂かれる家族の悲劇をこれ以上増やさないでください。

とはいえ、教会員である私たちがまず、変わっていかなければならないと私は考えています。
パウロの改心のようなことが、反対派の身にも起こるかもしれませんが…。
彼らはすでに罪を犯していますから、私たちの正当性など考えるはずがありません。
アベルがまず変わらなければならないでしょう。
私たちが正しく、また幸せにならなければと考えています。

被害者意識に立っていたら何もできないので、あの時のことは痛みですが、トラウマにはまりこまないように前だけを見ていきたいですね。
何も知らない子供たちが、伸び伸び育っていけるように。


応援してくださる方はクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



タグ:拉致監禁
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック