2010年12月11日

反対派の常套手段〜私の拉致監禁体験記(12)〜


8078-st-john-the-baptist-caravaggio.jpg


両親と弟と親戚の4人が常時、
ホテルの部屋の中で、私とともに生活をしている。
私は一歩も外に出ることが出来ないし、
両親たちも特別なことがない限りは、ほとんど部屋の中にいることになる。
一般的には、考えることが出来ない生活をしているのだ。

親戚がいなくなるのを合図としながら、
この日も両親と弟が私を囲んで話し始めた。
「何で統一教会に入ったの?」と母が聞いてくる。

どこが良かったのか、今の生活はどうか、家族を苦しませることに対してどう思っているのか、
そして原理は真理だと思っているのか、文鮮明(先生)に対しては、どう思っているのか、
いろいろと質問された。

私は、前回も書いたとおり、気持ちを込めて話すと
自分の気持ちが奪われてしまうと思って、極力淡々と答えた。
弟が無表情の私に対して、納得のいかない様子だったが、
相手のペースに乗ってはいけないと思い、そのままの調子で話していった。

何回か、このような話をした土台で、こんな話をしてきた。
たぶん弟からだと思う。
「原理が真理だと思うなら、何でこの場で話さないんだ。
今回、兄貴が伝道できるチャンスだから説明してみたらいいじゃないか。
俺たちも一生懸命聞くし、もし兄貴の説明で納得がいったら、教会に入ってもいいよ。
一挙に3人伝道できたら凄いじゃないか!」

素晴らしい誘惑の言葉。サタンというのは実に巧妙である。
一瞬、「3人が伝道できたらどれだけいいのだろうか」と思わされたのだが、
監禁下で講義をし、氏族が伝道された、などという話を聞いたことがない。
私は8/25に自宅で両親に講義をしようと思っていたのに、
監禁中のホテルで講義をするなんて、考えもしなかった。


原理を監禁下で語らせるのは、反対派の常套手段であります。
いくら涙で訴えたとしても、反対派の指導の下で聞いているのですから、
相手の思う壷というものです。

念のため、記しておきますが、弟のことを「サタン」といっているのではなく、
弟を通して、サタンが関与しているということを言っているので、
誤解しないようにお願いします。
次の回でその意味がわかります。



応援してくださる方はクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


画像はjohn the baptist-caravaggio
「洗礼ヨハネ」



posted by ten1ko2 at 03:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | *私の拉致監禁体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっしゃるとおり、「サタンは巧み」ですね。

しかし、そんなサタンでも「常套手段」があり、それをはっきりと認識し、分別する力が必要と感じます。
Posted by 平和を愛する天国人 at 2010年12月12日 00:48
平和を愛する天国人さん

コメントありがとうございます。
やはり、義憤心を持ちながらも、感情的にならずに、冷静な目を持つ必要がありますね。
Posted by ten1ko2 at 2010年12月13日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172785482

この記事へのトラックバック