2011年03月04日

「弱い者」いじめはやめましょう!


gif011.jpg


いじめによる自殺があとを絶ちません。
いじめというのは、今に始まったことではなく、
昔からあったことではありますが、
どんどん陰湿化しているような気がします。

弱い者をいじめるという論理は、
いろんな所で展開しているようでなりません。

今回の入試問題をネット投稿した事件に関しても、
もちろん許されることではなく、
罰せられることは当然だとは思いますし、
実際、予備校生は昨日逮捕されたということです。

しかし、それにしても、
新聞の一面で記事を載せ、
テレビでも特集をするというのは、
ちょっと異常過ぎるのではないでしょうか。

国内外の懸案事項が山積みにも関わらず、
一人の受験生に関して、何日も報道している国、日本。
他の国でもこうなのかなぁ、と思わされます。

先日、群馬県桐生市でおきた、いじめによる自殺事件。
小学校6年生の上村明子さんは、
同級生から、容姿を指摘され、自殺したといいます。

学校側と教育委員会は、「いじめの認識はなかった」
と無責任を決め込んでいます。
この人たちに子供の命を守る教育者としての自覚はあるのでしょうか。


統一教会で起こっている、拉致監禁問題に関しても
弱い者いじめの構図があてはまると感じます。
私たちがあまりにも何も言わなかったので、
反対派だけでなく、マスコミも報道を流し、
警察も拉致監禁を容認しているという現実。

統一教会はさんざんいじめられてきたのです。
学校で言えば、友達からいじめられ、学校からは無視されてきたように、
反対派からは迫害を受け、
警察は拉致監禁の実態を無視し続けています。

しかし、私たちはいつまでも弱い者ではありません。
すなわち「弱小国家」ではなく、「強小国家」
でなければならないのです。

続きは明日。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック