2011年03月31日

「信仰の道は、悲しみの谷間を通る道である」文先生の日本への御言葉


doreガリラヤ湖を行くイエス.jpg


文先生は、日本の責任者とともに、
東京のある教会から、
たくさんのメンバーが来たことをとても喜ばれました。
「日本が地震で大変なときによく来てくれた。
今日は歌と踊りにしよう」
と語られながら、歌を歌わせました。
ともに『み旨の応援歌』 を歌われ、
ご自身も歌を歌われました。

神様の願いを果たすことが出来ず、
心が悶々として、葛藤が起きて、
自分ではその思いをどうすることも出来ないとき、
文先生は、教会員に歌を歌わせながら、
ご自身の心を落ち着かせることがあります。

今回も、地震によって多くの方たちが
命を失われてしまったことに対して、
血の涙を流されていた文先生でしたので、
そんな気持ちを日本から来たメンバーたちとともに、
心を癒していかれたのだと思います。

その場で、文先生は次のような話をされました。

信仰の道は、悲しみの谷間を通る道である

神様が歩んでこられた歴史は涙の歴史でありました。
神様は栄光の神様、崇高なる神様ではなく
涙の神様であったのです。

そんな神様を実感するには、
悲しい道を行かなければならない
ということなのです。

愛の神様でありながら、
何で神様は愛してくれないのか、
という思いが湧いてくることがありますが、
実はそういう時ほど、神様が近くにおられる
ということなのだと思います。

『足あと』 いう有名な詩を
ご存知の方も多いと思います。

自分の人生を振り返った時、
神様と二人で歩いた道が
足あととして残っていました。
しかし、一番苦しい時、
足あとはひとつだけでした。
『神様は苦しいとき、ともにいなかった』
と思っていましたが、
神様の声が聞こえてきました。
『お前が苦しいとき、私はお前を背負って歩いたんだ』と。

日本が今とても試練を受けています。
『神様がいるなら、何でこんな仕打ちを・・・』
という思いを持ってしまうようですが、
むしろこういう時であればあるほど、
神様がともにいらっしゃるのだと思います。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・食口の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック