2011年04月29日

「あなたたちの家庭に将軍が生まれるだろう」李妍雅様の証し

hyungjin_1[1].png



文先生ご夫妻が統一教会の創始者の立場で、
道を切り開いてきたとするなら、
そのあとに続くのは、文亨進世界会長ご夫妻であるといえます。
昨日、二世の話題を記事にしましたが、
二世の代表に立つのは、このお二人であると思います。

神様の祝福を受けた立場でありますが、
古い先輩家庭の二世ほど、先駆者として、
壮絶な道を歩まれた方たちが多いのかも知れません。

5月号の「トゥデイズワールドジャパン」において、
世界会長の令夫人であられる李妍雅(イ・ヨナ)様の証しが掲載されていました。

ご両親は、777組の合同結婚式に参加され、
文先生によって、マッチングを受けました。
その時に、「あなたたちの家庭に将軍が生まれるだろう」
と言われたのです。

そんな祝福の言葉があったので、
予言通りの子供が生まれることを信じていかれました。
そうしたら、3人の娘が生まれました。
三女が妍雅様なのですが、もう一人ということで、
5年後に生まれた子供は、まさに男の子でした。
しかし、その子は障害を持って生まれたのです。

妍雅様のご両親はどれだけの試練を越えていかれたでしょうか。
外からの迫害はものすごいものでした。
妍雅様の弟さんは、学校でいじめを受け、
また遊びに耽ってしまったこともありました。
内部からの試練もたくさん受けてこられたと思います。
お母さんは、弟さんと死の道を行こうと考えたこともあったといいます。

そして、妍雅様ご自身も
「何故お父様は将軍が生まれるといわれたのに、
弟のような方が生まれてきたんだろう」
と悩んだといいます。

以前、妍雅様はあまり笑われない方であり
その原因も家庭の中にあったと聞いたことがありました。
それが弟さんにあったということは、
今回の証しで初めて知りました。

今はとても素晴らしい笑顔を絶やしませんが、
それは、世界会長と家庭を持たれたことが大きいと思います。

しかし、実際は弟さんのことに関しては、
つい最近まで悩んでおられたといいます。

そんな妍雅様が、世界会長の聖霊治癒礼拝を通して、
物事の捉え方を変化させることが出来たと証ししておられます。

聖霊治癒礼拝で悔い改めた土台でひとつの答えが与えられました。
「どうして男だけが将軍にならなければならないのだろう。
神様と真の父母様の前に、私が将軍になってさしあげよう」
妍雅様ご自身が将軍になる決意をしたというのです。

あの微笑の裏側には、深い信仰の世界と
ものすごく強い精神力を秘めておられると感じました。

自分自身が心の底から悔い改めることにより、
本心が浮かび上がって、本心の啓発により、
善なる解答が与えられるということなのかと思います。

そして、妍雅様は「祝司長」という立場を与えられています。
この立場こそが将軍なのではないか、
元々、文先生は、妍雅様が生まれることを
「将軍が生まれる」と予言されたのかも知れない、
そんなことも思わされました。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック