2011年06月02日

Go to toru!後藤徹代表の行く道は、神様の示される道


第49回真の万物の日おめでとうございます


v91ql.jpg
☆「オウムと父と息子」文先生と亨進世界会長☆


文先生は、韓国の地でこの記念すべき日をお祝いされます
その内容は、明日以降にお伝えしたいと思います

________________________________________

「拉致監禁・強制改宗被害者の会」後藤徹代表が
裁判で闘っている最中であります。


後藤代表が12年5カ月もの監禁を解かれ、
衰弱し切ってようやく統一教会に戻ることができた時、
保護されていた病院で神様の強烈な声を聞いたといいます。
今回の裁判に踏み切ったのも、
その時神様の激しく怒る思いに触れたことが
発端になっているに違いありません。

拉致監禁に対する唯一の手段は偽装脱会、
という常識を越えて、食事制裁を受けながら、
断固信仰を捨てる意思を示さず闘ったのも、
神様の思いに触れたからでした。
あえてそのような道を行ったのは、
神様への一途な信仰と愛のためでした。

後藤代表が文先生の元に呼ばれた時、
文先生はその苦労と心情を察してくださり、
何も聞かれず「食べろ」と、
とにかくたくさん食べさせてくださったといいます。

そして、ヨナ様がそっと寄ってこられて、
優しいお言葉を掛けてくださったということです。


以前もお伝えしましたが、
ブログ『拉致監禁by宮村裁判の記録』
に裁判の一部始終と提出書類をそのまま掲載しています。
http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-22.html

今回は、後藤徹氏の陳述書がアップされています。
彼がどんな試練を受けてきたのか、
拉致監禁に至る経緯などが載っていますので、
是非、ご覧になってください。

ブログのコメント欄によると、
最初に監禁された京王プラザホテルは一泊10万円の
スィートルームを改造して使っていました。
(もちろん、その経費は親族が支払ったはずです。)
また、拉致監禁の首謀者である宮村氏は
順番待ちの待ち料金として、
毎月1万円を徴収していたとのこと。
拉致監禁が一番多かった時には、
200人近くが待っていたそうですから、
それだけで月200万の収入を得ていたことになるとのこと。

税金のことは詳しくわからないのですが、
こういうお金は申告しなくてもいいのですかね?
牧師などに対する寄付金も献金として扱っているのでしょうか。
そうでなければ、申告する必要があるのではないか、
そんな疑問も湧いてきます。
いずれにせよ、専門家の方にも目を通して頂ければ
有意義な意見を聞けるのではと思います。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック