2011年06月13日

「苦しくて離れようとした時、神様を感じた」ある先輩の証し


115752s-.jpg


先日、信仰の道を山登りでたとえましたが、
初期の頃から歩んでいる先輩もまた、
開拓時代を通して、茨の道を歩まれました。

道を切り開くのもまた大変だったのです。
信仰の道を歩む一人一人に神様が導いています。

ふと以前お世話になった方の
証しを思い出したので、掲載したいと思います。

大学生で統一教会に導かれた私は、
教会の学生部に所属しました。

その時の学生部長は、女性でした。
40名以上のメンバーを指導しながら、
実績も全国トップクラスでありました。

毎週、公園で野球をするのですが、
その時にノックをされたのも学生部長でありました。
子どもの頃、野球をしていたわけではないのに、
見よう見まねでノックをしていくのです。
早い玉が来るわけではないのですが、
その姿にみんな圧倒されっぱなしでした。

また、皇居一周マラソンをした時も、
若い私たちとともに走り、
しかもペースも私たちとほとんど変わらずに、
完走される姿には、舌を巻いたものです。

その学生部長は、ほとんど自分の証しをしたことがありません。
私自身も、下っ端の立場でしたから、
個人的にじっくり話をしたこともそれほどないのですが、
心に残っている証しがひとつあります。

学生部長が統一教会に導かれたのは、
大学卒業後、社会人になってからのことでした。
秘書をしていたそうですが、この道の素晴らしさを知り、
仕事をやめ、教会に献身しました。

教会で伝道活動が出来ると思っていましたら、
食当(食事をつくる人)の責任分担を与えられました。
一生懸命食事を作って、おいしいと言われ、
感謝してもらえるのは、嬉しいのだけれど、
みんなと一緒に伝道活動をしたい、
そんな思いを持ちながらも食事を作っていきました。

しかし、何ヶ月過ぎてもずっと食当のままです。
いつこの責任分担が変わるのだろうか、
だんだんと料理をするのが苦しくなってきました。
苦しくて苦しくて、その気持ちを誰にも相談することも出来ず、
意を決して、辞める決心をして、誰もいない時を見計らって
荷物をまとめ、そっと教会から出て行こうとしました。

その時、たまたまおられた巡回師のお姉さんが、
いつもと違う雰囲気で外を歩いている彼女を見つけました。

荷物を持って、歩いている彼女を見たとき、
お姉さんは、走って追いかけました。
彼女はその姿に神様を見たといいます。

なぜなら、そのお姉さんは足が不自由で
普段歩くのも簡単ではないので、
到底、走ることなど出来るはずがありません。
そんなお姉さんが、幼い姉妹が
教会から離れようとしているその姿を見つけた時、
我知らず力が与えられて、思わず走っていたのです。

学生部長は、お姉さんの必死に走ってくる姿に神様を感じました。

今は、苦しいかもしれないけれど、
乗り越えて頑張って欲しい・・・。
あなたにこのような立場を与えているのも、
私もこのような道を歩んできたことを知って欲しかったからだ。
そして、私はあなたを愛している!

巡回師のお姉さんの姿に、
神様の声ならぬ声を聞いたのでした。

さらには、その期間というのは、
自分の傲慢性を打つ砕く期間であった、
自分は、教会に来たら何でも出来る、
実績だって先輩なんかより、上げることが出来る、
そんな傲慢な思いを持っていた、
だからそんな思いを否定するために、
神様が食当という責任分担を与えたんだ。。。
そんなことを感じたといいます。

私たちに与えられた環境には、無駄なことは一切なく、
しかも必ず神様が見つめ、守ってくださっておられる、
このことをもう一度感じさせられます。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとう。
みんな 何度もあるよね?
私だけかな? 今回も落ち込んじゃったんだけど、なかなか超えきれなくて。少し元気が出せるかな?がんばってみます。
Posted by at 2011年06月13日 10:02
コメントありがとうございました。

このブログを見てくださったこと自体、神様に導かれていると思っています。
神様から、書くように言われた気がしたからです。
苦しい時だと思うのですが、そんな時ほど本当に神様が近くにいらっしゃることを忘れないでください。
Posted by ten1ko2 at 2011年06月13日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック