2011年06月15日

これが拉致監禁されたマンションだ!後藤代表の陳述書(3)が出ました


「拉致監禁by宮村の裁判記録」が更新されています。
http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-24.html

今回は、実家での、亡くなったお父さんとの対面の場面と、
その後、新潟から荻窪へと拉致監禁場所が移ったことの
経緯などが書かれています。

最終的に、フラワーホームというマンションで
長い期間、拉致されるわけですが、
その見取り図は以下のようになっています。

securedownload間.jpg


今はあまり見られない縦長の作りになっていますが、
これは、拉致をするには打ってつけのマンションです。

玄関から、一番遠い部屋に居るように言われ、
その部屋には、ベランダが隣接していますが、
8階から飛び降りることは、到底出来ません。

宮村氏もよくこのようなマンションを探したものです。
しかも、宮村氏は1980年代後半から、
ずっとこのマンションを使い続けているのです。

家賃は、もちろん後藤さんの親・兄弟が負担しているわけですから、
マンションのオーナーにとっても、いいお客さんです。

玄関の鍵もどのようになっていたのか、
再現した写真が掲載されていますが、
拉致監禁体験者にとっては
これと同じような環境であったことは
共通の事実であります。

しかし、証拠がないということで、
こんなことも一蹴されてしまうわけです。

「拉致ではなく、保護説得だ。拉致はしていない」
と主張する反対派には、良心というものがあるのでしょうか。

南京錠をすることが、教会員が訪ねたとき、
彼らの進入を防ぐために鍵をかけていたというのです。

是非、良識ある方に、この陳述書を見ていただき、
拉致監禁の実態とその恐ろしさを知っていただきたいと思います。



全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会のサイトからの転載です
続きはまた次回



応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック