2011年06月19日

宮城・福島メンバーのために涙を流される文先生〜今朝見た夢より

securedownload2.jpg
☆文先生ご夫妻と、宮城・福島メンバー 和動会のシーン☆


久しぶりにお父様の夢を見ました。
とても印象的な夢でありましたので、
今日は夢の内容を掲載したいと思います。


お父様がある大会で講演文を訓読しておられました。
ある箇所に来たとき、
お父様は講演文を読むことができずに、
しばらく涙を流しておられました。
嗚咽して訓読することが出来なくなりました。

すると場面が変わり、
お父様がひとりで歩いておられる姿がありました。
雨が降っていて、
お父様は 傘を差しておられました。
ある場所に到着され、お父様は雨が降っているにも関わらず、
傘を閉じてたたずんでおられました。

そして、講演会で嗚咽されたお父様のごとく、
お父様はその場で泣かれたのです。

そこは、ビルの建設途中なのか、
あるいは、壊れた建物なのか、
周りは何もないような場所でありました。

そこで、大声をあげて泣かれる真のお父様を
夢を通してみることが出来ました。


朝になって、悟りました。
実は、昨日東北のメンバー(宮城・福島)が
お父様にお会いするべく、ラスベガスに行っています。
お父様はどんな思いを持っておられるかなぁと思いつつ、
休んでから夢を見たのです。

ですから、建設中なのか、壊れた建物なのか、
よくわからなかったのですが、
お父様は被災地におられることがわかりました。
東北の食口が尋ねてきたのですから、
様々な事情を越えて、来ている一人ひとりであると
何よりもご存知のお父様であり、
また、この一人ひとりの背後にも、
多くの苦しみの中を歩んでいる食口たち、
そして犠牲になっている方たちがおられるので、
その人たちのことを思い、
涙を流しておられるお父様であると感じたわけです。

3月に私が訪問して、交流させていただいた
福島の教会長さんとメンバーたちも、
他の写真に写っていました。
是非とも恩恵ある期間であることを祈っています。

swjujl.jpg



応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

震災での食口の証しなどは、一つのカテゴリーにまとめました


posted by ten1ko2 at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・食口の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック