2011年06月21日

この男に拉致監禁を依頼した親の悲劇〜後藤代表陳述書(4)が出ました


01.jpg


「拉致監禁by宮村の裁判記録」のブログが更新されています。
http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-25.html
是非お読みください。

後藤徹さんを12年5ヶ月にもわたって拉致監禁した首謀者、
宮村峻氏の登場です。

彼がどんな言葉を使い、後藤さんを脱会させようとしたか、
克明に記録されています。
「えらそうなことを言うな。お前に人権を主張する資格などない」
ずっと繰り返された、あまりにもひどい暴言の数々…。

「お前は全然人の話を聞いていない」
「頭を使え。自分の頭で良く考えろ」

と監禁下で何百回も後藤さんに言ったといいます。

この言葉をそのまま宮村氏にお返ししたいと思います。
あなたが主導して、親から吸い上げているお金は
一体どのように処理しているのでしょうか?

一家庭あたりの謝礼は、数百万円(300万円以上?)であることは、
ほぼ間違いない事実です。
しかも成功報酬でなく、失敗したとしてもその額が手元に入ります。
この金は、ちゃんと税務署に申告しているのですか?

会社はあまり儲かっていなかったようなことも聞きましたが、
闇から闇に消えたこのお金はどこに使われているのか
とても疑問に思います。


さらには、こんなことも後藤さんに話していますね。
「統一教会の初期には教祖と信者のセックスリレーが行われていた」
「文鮮明は,何であんなに女が好きなんだ」
「今まで何人の女と寝たか見当もつかない」

この言葉もそっくり宮村氏にお返しします。

すでに様々な方が取り上げている「白い旅団」のブログ によれば、
まさにあなたがしていること自体が
その如くではないですか?

宮村教ともいえる元女性信者があなたの元に何人もいるといいます。
「白い旅団」によれば、
娘さんを統一教会から脱会させることを頼み、
脱会してから家に戻ってくることを願っていたにも関わらず、
娘はあなたの愛人になってしまったといいます。

こんなことも記述されています。
或る時私は宮村に対し『あんたの妾にするために娘の事を頼んだんじゃない』
と抗議したが、宮村はせせら笑って何も返事をしなかった。


こんな人物に対して、自分の全財産を捧げて、
子供を統一教会から脱会させようとするために全てを委ねる、
その親が不憫でなりません。

家庭崩壊を招いているのは、彼ら反対集団であることを
私たちは認識しないといけないし、
また一般の方にも知らせていかないといけないのです。



先回の続き
拉致監禁・強制改宗の歴史やしくみが述べられています


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その人を打っても 問題は解決しません。 神様の原理原則にないからです イエス様もお父様も殺そうとするものを許して行かれました 相手を打てば必ず報復に来ます・・・。サタンはその人ではなく その人の思いがサタンですし 私の思いそのものがサタンです その人にも「御言」を与え 許し 反発しても何処までも尽くし その人の魂の為に祈りましょう。
Posted by 江島一也 at 2011年06月24日 09:22
江島様、コメントありがとうございました。
江島さんのおっしゃる通りだと思います。
心の中に、相手を裁こうとする思いを持ってはいけないですね。
どこまでも愛を動機としながら、相手がこれ以上、罪を増やさないように拉致監禁撲滅のために、これからも頑張っていきたいと思います。
Posted by ten1ko2 at 2011年06月24日 14:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック