2011年06月24日

拉致監禁撲滅プロジェクト《発動中!》〜希望的な兆し〜


oegcp.jpg
☆楽しそうに語られる文先生 ラスベガス6.23
(國進様ご夫妻や仁進様が来られたからでしょうか)☆


昨日、大宮教会で
拉致監禁撲滅プロジェクト責任者会議が行われました。

今回は、後藤代表が海外での会合に参加しているため、
本部の担当部長さんを迎えての会議になりました。

最初に部長から、最近の被害状況の報告がありました。
現在は2名の方が拉致監禁にあっているとのこと。
一人の方は、韓国の男性と祝福を受け、
帰省したときに拉致されたのであり、
すでに日本の主管から離れた状態でありました。

もう一人の方は、青年支部所属の方ですが、
親が反対派とつながっていることがわかっていたのに、
しっかりと報告がなされていなかったり、
対策的な措置をとっていなかったことなど、
後手後手の中で、被害にあってしまったとのことでした。

やはり、反対派はこちら側の隙を狙って、
拉致をしてくることを思うと、
私たちの守る意識をもっと高めていかないといけないと
感じさせられます。

また、マスコミが好意的な反応を示してきていること、
有識者の強力なバックアップが得られてきているなど
今後の見通しとして、明るい材料が増えてきています。

巷でうわさの「白い旅団」ブログも話題に上りました。
担当部長も誰が書いているかわからないけれど、
これは相当なスクープであると言っておられました。
第3弾は買春疑惑ですから、
これが本当だとすると、名前が上っている人たちは
『職を奪われる』可能性のある方もいますので、
注目に値するものだと思います。

そのあと、体験者の証しということで、
今回は私が話させていただきました。
少しブログにも載せたい内容があるので、
また次の機会に書く予定です。

その後、質疑応答の時間がありました。
『全体の(拉致監禁問題の)意識が薄れているのでは』
と私が暴言を吐いてしまい、
そんなことはないと、数名の方から
たしなめのお言葉もいただきました。
深い関心を持ってくださる方々に、お詫び申し上げます。

何よりこのような会合をすることが出来ることが感謝であり、
また國進理事長が意識をしてくださっている、
すなわち真の子女様が本当に兄弟姉妹として思いを寄せ、
必ず解決すると決意しておられる、
それだけでいいのだと改めて思わされました。
そう、この拉致監禁のあるまじき事件の数々を通して
世の中も関心を持たざるを得なくなり、
いよいよ私たちの真価が問われる時が来ているのでしょう。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



統一教会(統一協会)信者が受けてきた拉致監禁の真実の動画 3/3
先回の続き、完結です



posted by ten1ko2 at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック