2012年05月18日

「いま顕進を支持することは、彼の助けにならない」


AswPJ83CAAABOqI.jpg


郭グループの動きが活発になっているようです。
先日のゴールデンウィーク期間中に
韓国麗水でのスピーチ後にソウルで集会を開催しました。
スピーチをされたのは、文顕進様です。
ゴールデンウィークといえば、
先日私が記事を書いたように、文先生が日本の責任者を集め、
巨文島で釣り大会をしておられる最中でありました。
麗水と巨文島は、本当に近いのですが、
顕進様は文先生にお会いすることもなく、
支持者の集会を優先されました。
本当に残念なことです。

文先生は、「真の父母様宣布文」において、
人事や公的資産の原状回復と無条件の帰還を呼びかけておられます。
さらには、グループの幹部に対して
「いま顕進を支持することは、彼の助けにならない。
彼を説得できると思うな。
私やお母様の話も聞かないのに、
あなた達が仲保できる訳がない。
あなた達は私の指示に従いなさい」
と指導しておられます。
しかし、彼らは、
「良心に従い、責任を果たす」といいながら、
一向に止める気配がありません。
これは、郭グループブログの数を見ても明らかでしょう。

実は、来月6月の上旬に
日本で行事を開催する計画があるようです。
おそらくブログでも参加をアピールするものと思われます。

申し訳ないのですが、
私は郭グループの人たちのブログを読んでいません。
関心がないのです。
彼らのブログでは、(推測ですが)
教会批判、組織批判に徹して、
しかも自分たちは被害者であるかのような宣伝をし、
同情するように仕向けているようです。

でも、日本の教会の組織はしっかりしていますし、
特に中心的に動いているのは、婦人たちです。
しかし、その婦人たちはほとんど、ブログが見れません(笑)。
見ることが出来るのは、青年と私のような一般家庭の人くらいです。

それでも以前からお話している通り、
相対基準を結ばないほうがいいでしょう。

この件に関しては、
また情報が入り次第お伝えします。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


今日の訓読会。

私は通りで偶然に言葉をかけられて、
この道を出発したのではありません。
ある牧師に感動してこの道を始めたのでもありません。
その動機の出発点は正に「神様」でした。
「神様、どこにいるのですか?」
「それでは、神様の願いは何ですか?」
「神様、私が必要ですか?」
私は最後まで探り、調べ上げて、
この道を出発しました。
アージュ… (5.16)

上のお写真のツイート:
真の父母様の平和な日曜の午後です。
今日も美しい日を与えてくださったことに感謝いたします。
アージュ〜
(5.16)
 @lovintp
世界会長のツイッターより



posted by ten1ko2 at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック