2012年06月12日

《拡散希望!》 反対派にくみした被害者家族の証言


先日、MKさんの陳述書に関して記事を書きました。 こちら
これだけでも衝撃的だと思ったのですが、
今回はさらに目玉が飛び出るような、
とんでもない陳述書が現れました。

なんと、MKさんの弟さんが陳述書を書いたのです。
  「MK氏の弟の陳述書−かつて姉を脱会させるために
 妻子を犠牲したMK氏の弟の衝撃的な陳述書」

時間のある方はじっくり読んでいただき、
また回りの人たちにも紹介してくださればと思います。

拉致監禁に加担した人の陳述書というのは、
おそらく今回が初めてではないかと思います。
MKさんや後藤代表とは何度か会っているのですが、
弟さんの陳述書があるなんて知りませんでした。。。
敵を欺くにはまず味方から、という感じでしょうか。

弟さんの陳述書、冒頭部分から衝撃的です。


私は姉が統一教会に入ったことをきっかけに,
統一教会について学ぶ機会を多く持つことになりました。
学べば学ぶほど統一教会に対し反対する思いを強く持ちました。
それは今でも変わりません。
しかしまた,保護説得をする救出団体にも正直,
関わりたくない思いでいっぱいです。
保護説得と言っても,実際に行っていることは拉致監禁であり,
やり過ぎの観は否めないからです。
従って,私の立場はどちらに与するものでもありません。
ただ事実だけを思い出せる部分でまとめて記述します。



彼は、統一教会に対して反対的な立場でありますが、
反対派にも関わりたくないと思っています。
これは、かつて拉致監禁をしてきた親族の
共通の思いかも知れません。

彼は、こう証言しています。
「保護説得と言っても,実際に行っていることは拉致監禁であり,
やり過ぎの観は否めないからです。」

反対派はあえて、保護説得という言葉を使い、
拉致監禁とは表現しません。
それなのに、弟さんは、反対派のいう保護説得は、
実際拉致監禁であり、やり過ぎなのだと言っています。

それは、以下の表現でもあきらかです。


玄関の厳重な施錠や窓の特殊な鍵は,
姉が自分勝手に教会に帰ったり
教会に連絡したりすると保護説得ができなくなるので,
これを防ぐためにしたものですが,
私たち家族も同じようにこの部屋に閉じこもりました。



拉致監禁に携わった人自身が、
「玄関の鍵は、監禁のため」と認めています。
以前からの繰り返しになりますが、
反対派は鍵をつけた理由を
信者が奪還するのを防ぐためだ、といっています。
この証言で覆されたと言わざるを得ません。

そして、さらに衝撃的な事実は、
反対派が弟さんの家を電撃訪問したのだといいます。
管理人さんの記述を見てみます。


上記の陳述書を裁判所に提出したあとのことである。
MK氏の弟の自宅に4月初旬、2人組みの女性が訪ねてきた。
MK氏の弟によれば、
そのうちの1人は見覚えがあるとのことだ。
MK氏が統一教会に戻ったことを確認されたそうである。
また、その2日後には、女性から電話がかかってきたという。
いずれにしても宮村氏の支援者であることは間違いない。
目的は、陳述書の取り下げの打診であろう。
それだけ、この陳述書の内容が宮村氏にとって
脅威であることの証左ともいえる。



弟さんとしては、いい加減関わりたくないのに、
訪問にこられて、本当にいたたまれないですね。
また、裁判中に訪問に来るなんて、
反対派は相当ビビッているという他ありません。

MKさんの弟さんは妻子がありながらも
2年間も監禁現場で生活していました。
常識では考えられないことです。
その後、MKさんのお父さんは亡くなり
お母さんは入院中です。
弟さんは奥さんから離婚を迫られるほどだったと言いますが、
事なきを得て、家庭に戻られています。
信者と家族の日常生活を台無しにさせ、
拉致監禁を食い物に、のほほんと生活する宮村峻。
『このままのさばらせるわけにはいかない』
こう思うのは私だけではないでしょう。

最後、管理人さんの文章を挿入して終えていきたいと思います。


本当に被告たちはなにを怖がっているのだろう。
正しいことをしているのなら、
堂々と法廷で闘えばいいではないか?
我々は、少なくともそう考えている。
被告側の関係者に警告する。
今後、原告側の関係者に接触することはやめていただきたい。
我々は一度たりとも、被告側の関係者に接触したことはない。
今後もするつもりはない。
被告側の嘘で固められた陳述書に対しては、
書面で反論するなり、証言する。
法廷内で真実をつまびらかにするのが
我々のやり方である。


応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 09:29 | Comment(6) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にすごい陳述書が現れましたね!
拉致監禁の経験を他人に話すことはどれだけ大変なことだろう・・・と思います。
それでも「拉致監禁なんてない」と言ってる人たちの大嘘を明らかにしないといけません!

更なる陳述書が出されることを祈ります。
そして後藤さんの勝利を!
Posted by くろねこ at 2012年06月13日 10:35
くろねこさん、いつもコメントありがとうございます。

>「拉致監禁なんてない」と言ってる人たちの大嘘を明らかにしないといけません!

本当にそうですね。今後とも応援、よろしくお願いします。
Posted by ten1ko2 at 2012年06月13日 13:57
先日の記事にてお返事頂きましてありがとうございました。

さて、今回の記事にある「拉致監禁問題」ですが一般人である私から見ても「事実である」ならば、『基本的人権の侵害』『思想・良心の自由侵害』にあたり、法によって裁かれるべきであると考えます。
ただ、「正しいか正しくないか」は別だとも思っています。
それは「善悪の判断はその人間の立ち位置によって変わる」という考えを持っているからです。

この「拉致監禁 訴訟」に関しての世間の考え方は大きく分けて二つあると思います。

ひとつは「監禁説得はやり過ぎ」。
ひとつは「霊感商法集団だから当然」

私も不思議に思うことがあります。
統一教会は多くの訴訟(青春を返せ・霊感商法・高額献金など)があります。
他の多くの訴訟に関してはだんまりが多いですが、なぜこの問題だけクローズアップするのか?と疑問に思います。
ぜひ責任ある立場の方の他訴訟に関する見解をお聞かせ頂ければと思います。

特に霊感商法・高額献金に関して正当性を主張するか、事実なら謝罪するかしなければこの拉致監禁問題も社会からのコンセンサスは得られることなく、カルト集団同士の喧嘩に見られてしましまう。
Posted by 一般人 at 2012年06月13日 14:54
一般人さん、鋭いコメントありがとうございます。

>ひとつは「監禁説得はやり過ぎ」。
ひとつは「霊感商法集団だから当然」

過去の事案に対しては、反省しなければならないと思います。

実際、アメリカの国会議員を始め、海外の有識者たちも霊感商法に関して認識しています。しかし、彼らはこれと拉致監禁は別次元の問題として捉えてくださっています。

すなわち、特定商取引法違反と、基本的人権の侵害、思想・宗教の自由は同じ観点で捉えてはいけないということです。反対派はここを同じ次元で捉えるように仕向けるし私たちもそのような目を持ってしまいます。

反省すべきことに関しては、当該担当者が取り組んでいると思います。その点、ご理解いただければと思います。
Posted by ten1ko2 at 2012年06月15日 08:19
ご丁寧な内容とお立場の中での最大限のお言葉のご返信を頂きまして誠にありがとうございます。

>すなわち、特定商取引法違反と、基本的人権の侵害、思想・宗教の自由は同じ観点で捉えてはいけないということです。

>>まったく同意であります。
が残念ながら反論として海外事情をもってくるのはちょっと違うかなと思います。
失礼ながら国内における統一教会の事情(世間の目)は違うと考えられるからです。
その点をご理解頂きながら、書かれることで大衆の同意を得られやすくなるのではと思います。

>反省すべきことに関しては、当該担当者が取り組んでいると思います。

公職者としてのお立場を表明しての私信をインターネットに書き込むことを、もっと真摯に受け止めて、貴方様自身の見解を述べる事も、先に述べた国内における教会の事情を考えると必要ではないかと考えます。

特に最近は某カルト教の報道も増えていく実情も踏まえれば、一般の目がさらに厳しくなったと意識をもって、社会的コンセンサスを得られるようなコメントを望みたいと願っています。

2世が自信をもって社会の中でも適応できる環境や道をお作りになることが、お立場上の責任を果たすことになるのではと思い、今回の記事を利用させて頂きコメントさせて頂きましたます。
Posted by 一般人 at 2012年06月17日 13:23
一般人さん、返事が遅れてしまい、申し訳ありません。
いろんな意味でもっと勉強しなければならないと感じます。
よろしくお願いいたします。
Posted by ten1ko2 at 2012年06月19日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/274664701

この記事へのトラックバック