2012年08月19日

「お父様のために至誠を尽くしましょう」真の母の言葉など


文先生は回復に向かっておられると聞いています。
奥様の韓鶴子女史も
指導者たちに対して、
以下のみ言を下さったそうです。



お父様の快癒(全快)のために至誠を尽しましょう。
肺炎が好転しています。
私たちは前進しています。
基元節の準備に万全を期しましょう。




力強いみ言です。
ベッドのそばにいつもおられると思いますが、
一番文先生を心配しておられるのが、
妻の韓女史であろうと思います。
しかし、「必ず回復する」
という強い信念と信仰を持って、
接しておられるに違いないと思います。



教区長から文先生のご様子を伺いました。

韓国PeacaTVを見ると、
いつも天正宮の訓読会で、
文先生のみ言が紹介されるのに、
8月に入ってアップされていず、
「いったいどうしたことかなぁ」
と思っていたら、
実は8月の初めから、
入院されていたとのこと。
そして、一度は退院されたそうです。

ところが退院されたのですが、
一向によくならないので、
再度入院されたそうです。

その病院には、
文先生のお体を一番よく知っておられる
有名な先生がおられるとのこと。

文先生がアメリカにおられる時も
文先生の身に何かあった時、
主治医として見ておられた経緯があり、
その主治医がおられる
韓国の有名な病院に入院されたそうです。

実は、先月私たちの地区で、
麗水・巨文島ツアーに参加したあるグループが
奇跡的に文先生と写真を撮ったことがありました。

その翌朝の訓読会において、
喉の調子も悪く咳き込む様子もみられたということで、
兆候があったそうです。

ところが文先生はその日のみ言の中で
以下のようなみ言を語られました。



先生に対して、
「体に気を付けて、少し休んで下さい」
という者がいるが、
そういう者は問題だ。
今はそういう時ではないんだ

(文責te1ko2)



本当に激しい口調で語られたそうです。


基元節に向かって、
まさに命がけで歩まれる
文先生のお姿があるのを感じます。

平和を愛する天国人さんによると、
 http://true-love-family.at.webry.info/201208/article_18.html
この時に子女様などを批判をする人がいるようですが、
こういう時ほど、一つになって、
文先生のご回復のために
ただ祈りを捧げる時だと思います。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック