2013年01月07日

ブログ再開! 年頭は妻の母の(衝撃!)霊的証しでスタートです。


写真.JPG


今年初めての投稿になります。

先週、妻の実家において、
昨年亡くなった義父の
還元祈願礼式を行いました。

義母と義弟家族、そして
我が家の家族を合わせて12名。

実際行うまでにいろいろありました。
内部分裂によって、
行えないかも知れない局面にもなりました。

それでも、私が強引に主礼をさせていただき、
何とか無事に終わりました。

このような儀式は
韓国においては長孫が行う儀礼として、
当然のことなのかも知れませんが、
日本においては、祭祀の中心は
第三者(寺のお坊さんなど)に頼むので、
身内で行う伝統が立っていないようにも思います。

私は霊的に鈍いのですが、
しかしさまざま思いを背負い込みました。
終わったあとには、とてもスッキリし、
お義父さんがとても喜んでいることを感じました。



圧巻だったのは、お義母さんの証し。

昨年、お義父さんが出てこられたといいます。
「出てこられた」というのは、
夢に現れたのではなく、
実際に霊人体のお義父さんが来たのです。

お義父さんは、
昨年2月に聖和しましたが、
その後霊界での修練会に参加して、
先祖解怨された先祖たちと共に
絶対善霊の列に加わったはずです。

お父様の天宙聖和式で渡韓した際、
妻が清平の修練会に参加し、
日本に連れて帰りました。
その日は
奇しくもお義父さんの
誕生日でした。

その後、お義父さんが
お義母さんの許に
現われたといいます。
しかも一度ではなく、3回も(笑)。

生前の歩き方そのままで、
外から帰ってきたときと同じように
「おう」と
玄関から入ってきました。
入院前に着ていた
グリーンのセーター姿だったと
いうことです。

2回目、3回目は姿は見えなかったのですが、
気配でわかったそうです。
3回ともに同じように、
寝ているお母さんの布団に入りにきたらしいです(笑)。

お義母さんは、そんなお義父さんに
つい、冷たくしたということです。
しかし、3日目には
隣にくっつくように寝ている
孫娘との間に
強引に割り込むように入ってきました。

お義母さんはお義父さんに
正直に言いました。
「お父さん、実は今まだ私、
そういう気持ちになっていないんです。
だから、もう少し気持ちが落ち着くまで
待ってください」

!!!
(衝撃体験をしたのは、霊人となった
お義父さんの方でした。)

そう言ってから
実はお義父さん、現れていません・・・

ちなみに、妻の両親は、
36万双の既成家庭ではありますが、
お父さんは昔は一通り勉強もしたものの、
家庭出発の儀式をしただけで、
その後教会には足を運びませんでした。
お母さんは長年の夫婦生活で、
積み重なった思いもあるようで、
現在、整理しているところです。

この道にきていなかったら、
熟年離婚ともなっていた
ケースなのかもしれません。

お義母さんが聞くと、お義父さんは
霊界では、難儀のない生活をしている
とのことでした。

ちなみに、式の間は、神妙に聞いていた、
子どもたちでしたが、
彼らにとってはその儀式以上に
記憶に残るのが、
写真にも添付した「かまくら作り」だったと思うのです。。。


******


さて、しばらく投稿をお休みしていましたが、
もうひとつ理由があります。
その理由により、しばらくブログ更新を自粛していました。

その理由とは、
閉鎖的掲示板において、
会員の人たちの間で、
ブログ村強制移動についての
話があがっていた件です。

閉鎖的掲示板ですから
本来はその内容が
明かされることはないはずですが、
ご存知の方もおられるように、
いくつかのブログ上で
取り上げられ、
問題視されております。

その件に
私自身は直接関与していませんが、
実際に強制移動をした事実は確認されており、
私自身がそれを見過ごしたということは、
結果として
そのことを容認したと言われても
しかたのないことだと思っています。

公職を担当している者としまして
心から反省しております。

関係した方にご迷惑をおかけしました
ことをお詫びします。

その掲示板で強制移動の話が出たのは
一件だけであったと記憶していますが、
それ以外の形で、なんであれ
過去、ブログ村の強制移動の体験を持たれている、
郭グループの方々や、米本氏には、
今回の騒動で
心的苦痛を再燃させることになったことを、
心苦しく思っています。

今までもそういう考えでしたが、
今後、強制移動という手段は、
一切、取らないということを
宣言します。

私の考えとしては、
統一教会のカテゴリーに参加するブログで
あったとしても、
人それぞれ、言論の自由を持っているのですから、
ブログの中で真価を発揮すべきだと
考えています。

できうるならば、お互いの誹謗中傷ではなく、
それぞれの意見を堂々と
述べ合うのがいいという信条です。
今後はそのポリシーに従って、
責任と節度ある態度をとっていきたいと
考えています。

尚、問題のあった掲示板は閉鎖されており、
それを受け継いだ新しい掲示板からは、
私自身も脱退いたしました。

今回の件では、
強制移動の話がどのように
その掲示板でなされていたのか、
私自身、よく語ることができません。
私の周囲の人には、私の事情として理解して
頂いていることですが、
1年前の病気(脳内出血)により、
記憶力にむらがあり、
それは主治医の先生からも
リハビリをしても治すこともできないと
宣告を受けています。
申し訳ありませんが、ご了承ください。

また、今回の件により、
精神的にもストレスを受けており、
持病もある身で、精力的にブログ活動する
余裕もなかったことも、
ブログ休業させて頂いた
理由のひとつでもありました。

尚、この場をお借りして
述べさせていただきますが、
私自身、教会の公職を務める者ではありますが、
私のブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらには、ブログの記事においては
全文の無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。

今後ともリテラシーに則って、
本部が推奨する
「ソーシャルメディアの取り組みについて」
これを遵守してまいります。

******


今後ともよろしくお願いいたします。

↓ 応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


posted by ten1ko2 at 09:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ再開を心からお祝いいたします。
しばらく更新がなかった時期、本部からの圧力という噂を聞き、真偽を確かめる意味も込めて貴殿のブログ再開を相談室にでも要請しようかと思っていましたが、年末からパソコンが故障し機を逸してしまいました。
今回すぐに、再開されたことを大変うれしく思います。おそらく多くの食口の方が、私と同じように再開を待ち望んでおられたことと思います。
ただ今後は、教会組織の現状もふまえて、厳しい目で読ませて頂き、時に意見やつっこみも入れていくつもりです。
万人が感服するブログを目指して頑張ってください。
Posted by fatherfujioka at 2013年01月13日 00:58
fatherfujioka 様

コメントありがとうございます。
念のため、申し上げておきますが、本部からの私のブログへの圧力などというものは、一切ございません。
今後ともよろしくお願いします。


Posted by ten1ko2 at 2013年01月13日 23:54
「※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。」

再開以前はなかった文言ですね。
教会の方からの何らかの指導や助言を受けて御自分で断りを入れておいた方がいいと判断されて入れるようにされたのでしょうが・・・
一般社会では、それを圧力と言うらしいです。
Posted by fatherfujioka at 2013年01月17日 20:18
fatherfujiokaさんへ

申し上げましたように、教会サイドからの圧力は一切ありません。
ないものを疑うことを、邪推というのではないでしょうか。

教会は、今、基元節に向けて、集中している最中です。私のごとき一信者のブログにわざわざ指示を入れるような余裕も関心もないかと思いますよ。

教会は神を信じた人の集団ですから、本心に則って生きることを潔しとしているはずです。私もそうです。
ひらたく言えば、悪いことをしたら、神様が見ているので、心配はご無用です。

Posted by ten1ko2 at 2013年01月18日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック