2013年03月10日

《拡散希望》〜鉄壁な防波堤となるために〜後藤裁判本人尋問いよいよ明日!祈りの協助をお願いします!


後藤徹.jpg


明日は3月11日。
東日本大震災が発生して
ちょうど2年目になるこの日。
東北を中心として、日本中が
慰霊と追悼の一日になると思います。

実は、統一教会においても、この日は
全食口が祈りを捧げるべき重要な一日です。

「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会」
の後藤徹代表が,
自身の拉致監禁・棄教強要に関与した
親族や新津福音キリスト教会の
松永堡智(やすとも)牧師、
職業的改宗活動家の宮村峻(たかし)氏などを
相手取って起こした民事裁判において、
いよいよ明日は、本人尋問の行われる日なのです。

拉致監禁問題解決においては
「天王山」とも言える後藤裁判であり、
その判決を左右するのが本人尋問です。

後藤徹さん自身が
東京地裁前でメッセージを語っている
映像があるのですが、
その後半部分を編集して紹介します。



明日3月11日の月曜日には
私、原告であります後藤徹に対する尋問が
朝の10時から夕方の5時まで
一日かけて行われる予定でございます。

特に午後の時間帯におきましては、
被告宮村峻の代理人である
山口広弁護士らによる
反対尋問が行われる予定でございます。

明日は本裁判の勝敗を左右する
非常に重要なる一日となっております。

ぜひ、教会員の皆様の
篤き祈りの協助を
よろしくお願い申し上げます。

また4月8日においては
原告側の証人であり、
私が監禁されていたマンションに
訪れたM・Kさんの
尋問が行われる予定でございます。

この日にも是非、
皆様のお祈りの協助を
心からお願いいたします。

皆様、統一教会信者に対する
拉致監禁による強制脱会説得が
いまだに続いております。

東京地裁で展開されている裁判に
何としても勝利することによりまして、
拉致監禁に歯止めをかけて
天と真の父母様の
恨みを解放すべく
決意しております。

ぜひ、教会員の皆様の
今後とものご関心とご協力を
お願い申し上げます。



私がこのブログを立ち上げたのも
自身の拉致監禁体験を
世の中に発信することを通して、
この問題を根絶することを
願ってのものでした。

またその原動力になったのが、
何よりも後藤徹さんの存在でした。

実は、告白するならば
彼とは学生時代、
同じ教会学生部の一員として
寝食をともにした
愛すべき兄弟なのです。

後藤さんはその当時から、
超越していたのではありますが(笑)、
12年5ヶ月にわたって
様々な試練を見事に乗り越えて
教会に帰ってきたのも
天に対しての強烈な信仰が
あってのものだと思っています。

その後、彼は最前線で活動し、
戦っている姿を通して、
自分も隠れているわけにはいかない、
そのような思いもあって
このブログを立ち上げた次第です。

さらには、拉致監禁マーチで
自分の体験談の演説をしたり、
拉致監禁撲滅会議に参加したり、
そのほかにも
いろいろな行事や活動を行っています。

東日本大震災の大津波のごとく、
多くの兄弟姉妹たちが
反対派たちの荒波にさらわれ
貴い霊的生命を奪われていきました。

今回の裁判を勝利することが、
鉄壁な防波堤となって
どんな大津波が来ても
絶対に防御できるものになることを
切に願わざるを得ません。

まさにモーセの時代に
紅海を二つにわけた杖のごとく、
貴い天の杖になることを
心から祈るものであります。

私からも、慕わしい後藤兄の
明日の本人尋問が導かれるよう
祈りの協助を心からお願いいたします。



↓ 応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)







posted by ten1ko2 at 08:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直言わせてもらうとこの問題はとても微妙です。
1988年頃の私の地区では青年の拉致が全盛期でした。
私の周りでも兄弟姉妹が次々と姿を消していきました。
しかしその頃の教会の態度はどうだったかというと、
拉致されるのはその兄弟姉妹に統一教会を離れたいという気持ちにサタンが入ったのだから
放っておきなさい、関わってはいけないという指導でした。
それに教え通り「汝の敵を愛せよ」です。
実際教会が手を差し伸べない理由も納得できるところがあったのです。
唯一対策講義なるものがありまして必ず真のご家庭のスキャンダルが反対牧師に聞かされて離れる食口がいるから
教会から先に真のご家庭の情報を講義受けました。反対派から聞かされてびっくりして落ちないようにするためです。
私も衝撃受けました。まさか真のご家庭が…。だけどそれで離れた食口はいませんでしたからある程度効果はあったのかと思います。
しかし最近は攻撃仕返してます。目には目をです。う〜む、どうだろう。気持ちはわかりますが親を訴えてもお互い傷つくだけだと思います。
正しいことを主張したいのはわかるのですが。親はサタンではありません。たとえサタンでも攻撃したら屈服しません。
もっと現実的なことを言うとオウム真理教も拉致問題に悩まされていました。裁判も起こしていました。
言いたいことはわかりますよね。世の中は統一教会とオウムと同じく見ているのです。
できれば後藤さんには反対牧師を許して親と和解して欲しいです。
Posted by 中立派 at 2013年03月11日 11:14
中立派さんへ
コメントの返事漏れでした。

「汝の敵を愛せよ」の精神で、だから、何もせず関わるな、という指導だったのでしょうか。
私の教会はそうではなかったような気がするのですが。。。

私の教会では、もちろん単独で救出しに行ったりとかいう無謀な行為に関しては、待ったがかかったかもしれませんが、実家や職場に行って手がかりを探すなど、手は尽くしていたと記憶しています。

私が拉致監禁された時も、教会で祈ってくれましたし、同じ部署では特に、条件を立てて頑張ってくれたと聞いています。今でも昔話に花が咲くと、あの時は必死だったという話になります。

対策の講義に関しても、単なる外的な対策のノウハウ、というのではなく、原理的な観点を踏まえ、教理についても学びつつの、深い内容だったと思います。私の場合は当事者でしたから、真剣に受けていたから、ということもあったでしょうが。

教会の中には、拉致監禁のことに対し、関知してもどうにもならないから、自分たちはみ旨を頑張ろう、という人もおられたでしょうし、よく知らない方もおられたことでしょう。
そんな中、もしも中立派さんが、疑問を感じたのであるなら、主体的に自由に、拉致被害者のために、ガンガンに祈ってくださって構わなかったと思います。

なお、最近は攻撃し直している云々、オウム真理教と同じ云々という話については、昨日他の記事でコメントさせて頂きましたが、更に言わせて頂きますと──

目には目を、の報復ではありません。
正しいことを主張しますが、ただ主張したいからではありません。
もちろん親はサタンではありません。愛すべき相手です。

>できれば後藤さんには反対牧師を許して親と和解して欲しいです。

後藤さんが、ご家族に対して、言うに言えない思いを越えて、憎んでも当然の相手を、愛と許しで越えようとするがゆえの行為です。
高次元で理解できないかもしれませんが、「罪を憎んで人を憎まず」で、正すところは正すのが、彼らのためでもあるし、しいては今後、拉致監禁というあるまじき不幸な事件が二度と起こらないようにするため、つまりは、私たち食口のためでもあるのです。

少なくとも、復讐のためではない、ということだけでもご理解ください。

Posted by ten1ko2 at 2013年04月06日 02:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック