2013年04月04日

ご聖和から半年、主体的伝道の時! 私たちが霊界に行くまで残された時間は?! 《お母様のみ言より》


true_parents_address.jpg


ファミリーフォーラムに
 真のお母様のみ言葉
 3月22日家庭連合企業体指導者会合にて

が掲載されていました。

日本語訳で全文掲載されていますが、
一部のみ紹介します。



2020年までにもっとも成し遂げたい事のひとつは
真の父母の生涯記念館の建設です。

2000年待ち続けた再臨主に
みなさんは出会いましたか?
出会わなかったですか?

(出会わなかった)人々がこの真実を知るまで
あまり時間がもう残っていないのです。

彼らもこれまでの教えややり方では
発展できないと悟るでしょう。

お父様のご聖和をふり返って見れば、
人類と天が永きに渡って待ち望んできた偉大な日が
本当にやってきて救世主、再臨主、真の父母が
地上で多くのみ旨を成したにもかかわらず、
この知らせを、わたしたち、統一教会は、
世界に伝え広めるために
十分できていなかったことが分かります。

このことは本当に残念なことです。
わたしたちが責任を果たさなければ、
われわれの子孫が必然的に困難に
直面するようになります。

だからみなさんは生きているうちに、
新しい時代が始まり再臨主、真の父母が地上にこられて、
そして聖和されたという知らせを、
何としてでも、伝え広めなければなりません。

聖和から6カ月経ちました。
みなさんそれぞれの責任分担において、
新しい人にどれだけ伝道の精誠を尽くしましたか?

みなさんが霊界に行くまでに残された時間は、
これまで生きてきた時間よりも短いのです。

世界の人口は今や70億を超えています。
いま私たちと共に地上で暮らす人たちが霊界に行ってから、
真の父母様とその教えを知らされなかったことを、
どれだけ嘆き悲しむか想像してみて下さい。

『同じ時代に地上で生きていながら、
どうしてわたしに教えてくれなかったのか』
という責めを受けざるをえません。

みなさんがみなさんの責任を果たさなければ、
みなさんの子孫が再び蕩減に直面するのです。




教会長がこんなことを語られていました。



昨日は大雨でしたね。
風も強くて電車も動かなかったと聞きました。

車で教会にくるときに
そんな暴風雨でありながら、
サッカー場で
サッカーをやっている人の姿をみかけました。

みんなずぶぬれになっていましたが、
何というか、楽しそうというか、
とにかく一生懸命やっていたんですね。

今年80歳になる
三浦雄一郎さんが、
エベレストに挑戦する
そういうニュースを知りました。

これは誰から言われてしたのではなく、
自分が登りたい、
そういう思いが強かったのです。

おそらく身内の人は
みんな反対したでしょう。

でもその思いを振り切って
登頂に挑戦するのは、
ただ「登りたい」
そういう思いがあるからです。

私たちも
自らが「伝道したい、導いていきたい」
そういう思いを持って
み旨に投入するなら、
必ず神様が導いてくださいます。



天一国時代は
本質の時代であるといいます。

私自身の主体的な思い、
自発的な思いで
行動するならば、
必ず天が導いてくださるはずだと信じます。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:55 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
問題山積みの教会に誰が伝道したいと思うでしょうか?
これが食口の正直な心情だと思います。
もしten1ko2さんが違うと言うなら行動で示して欲しい。
誰一人伝道に出なくてもちゃんと身分を明かして外に出て人を連れてきてください。
主体性を重視するということは伝道しないという選択も主体性なのです。
いっさい強制はできません。
さまざまな問題を実際に解決できてこそ伝道が動き始めるのです。
それが先です。
Posted by 中立派 at 2013年04月04日 15:49
このブログ、内容いいけど字が小さいくて読みにくい!
右側、左側により過ぎてる!
Posted by 佐藤富雄 at 2013年04月05日 08:53
中立派さんへ

率直なご意見ありがとうございました。
もちろん、強制はできません。
今日の記事の趣旨も「主体的」ということです。
問題は山積みですが、それはみ言のせいではありません。ご父母様のせいでもありません。
み言もご父母様も素晴らしい!
私の主体的行動も誰も止められません。。。
Posted by ten1ko2 at 2013年04月05日 12:14
佐藤富雄さんへ

恐縮です。

私の文章は左寄せ、証しや教会長のみ言などは、右寄せにしてあります。
また、御父母様や世界会長などのみ言はセンターで、文字は大きくして、差別化しています。

そうでないと、どこからどこまでが私が話しているのか分からなくなってしまいますので、分かりやすくするための配慮だったのですが。

もうひとつ大きな文字があれば、すべてを大きくしてもいいのですが、選択肢がないので、どうかご理解ください。

字が小さくてお困りの方の場合は、それぞれのPCなどでは、拡大機能があります。WINDOWSなら右下に虫眼鏡がありますので、お好みの大きさにすることもできます。
携帯の場合はわかりませんが、スマートフォンでも拡大できます。
お手数ですが、よろしくお願いします。
Posted by ten1ko2 at 2013年04月05日 12:31
自分が人に好かれない、慕われないことを周りの環境のせいにする。周りの環境が悪いから、人がついてこないんだ!って、叫ぶ人達って、何なんでしょう?
 環境は、確かに問題だけど、その前にあなたにそれだけの人間的魅力はありますか?人がついてくるだけの器があるんですか?って、言いたいね。
 どんなに、環境が整おうと、最初から文句をいうひとは、周りが変わろうとその性格は変わらないでしょう。
 環境が整うのを待つだけの人に誰がついていきますか?私はついてかないです。
Posted by あゆ at 2013年04月05日 16:23
あゆさん、ありがとうございます。
人がついてくる私になれるよう頑張っていきたいとおもいます。。。
Posted by ten1ko2 at 2013年04月06日 10:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック