2013年06月02日

芽が出てからが肝心!! 胡桃のその後は?!・・・ブログ4年目の決意!


n3ddj.jpg


今日でブログも3年が過ぎ、4年目に突入しました。
記事の回数も1000回を越えて、
一つの節目を迎えたような気がします。

韓国の梁昌植会長が連合礼拝で語られた
み言の一部を紹介します。



システム時代には、無形な預言よりも科学的なデータが重要です。
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)等、疎通が重要なのです。
私たちは今日、双方向の交流が大切だということです。
予測が簡単な時代、インターネットやフェイスブックなど、
ネット上を通じていろいろと地球は短く小さく結ばれることができるのです。




「双方向」とありますが、
テレビなどもデジタル化されて、
視聴者が番組に参加できる
「双方向番組」というものも発達してきました。

個人的に「着信御礼!ケータイ大喜利」という番組が好きなのですが、
これも視聴者が携帯で送る回答によって
番組が成り立っています。

また、ツイッターなどで、
個人の意見を紹介する
ニュース番組なども登場してきました。

視聴者によって番組が成り立っているわけですから、
まさに「双方向」というわけですね。

ちなみに、韓国のドラマでは、
視聴者の意見によって、
結末が変わるということなどもあるそうです。

最近は講義なども講師の一方的な話しだけでなく、
ディスカッションをするような時間を設ける方もおられます。

インターネットは今この時代に、真の父母様を
全国、全世界に延べ伝えるために
神様が準備してくださったものであります。

しかし、実際はそのような善なる目的ではなく、
サタンが発信する情報に先行されてきました。


912682_441647285932216_1393936311_n[2].jpg


このブログも著名人の発信するものと比較すれば、
あまりにも微々たる物にしか過ぎません。
個人的にも忙しかったり、いろんなことで
継続するのもどうかな、と思うこともあります。
また、コメントをいただいているのに、
返事が出来ずに申し訳なく思っています。

自分なりの精誠ではありますが、
今後も出来る限り毎日更新していきたいと思っています。
先日紹介した胡桃の芽も
写真を掲載したように
あっという間に成長しています。
芽が出るまでが重要だと思っています。
今後ともよろしくお願いします。


お父様がインターネットに関して
語られているみ言を紹介して終わります。


良い時代が来ました。
先生が昔、五十年前に預言したとおりにすべてなりました。
「これから毎日、明け方から二十四時間、
先生の挙動を全世界に残さない所はないだろう」
と言ったのです。
そのような時が来ました。
Eメール、インターネット時代が来たのです。
そうでしょう? 
最近は、映像が流れているではないですか? 
億千万里、離れている人同士が
電話で話すことができるのです。
これが霊界の現象までも見ることができるようになれば、
地上天国、天上天国は、一時に統一されるのは
問題ないという時代に入ってきているのです。
分かりますか?


「三・十節」の御言
1999年9月10日
京畿道九里市水澤洞、中央修練院大講堂



文総裁が今、東側で話せば、
西側までインターネットで伝わります。
雲に乗って来られるというのですが、
私は飛行機に乗って来るではないですか。
二千年前に、イエス様は雲に乗って再び来る、
と言いましたが、
その当時の人たちが、飛行機を知っていたでしょうか?
「鉄の塊が五百人を乗せて、空中を飛んでいく」と、
そのような話をするでしょうか? 
そのときの言葉では、雲に乗って来る、
というようにしか言えません。


復帰の完成のための心情を尋ね求めて
1998年1月1日、第31回「真の神の日」午前零時の御言



応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック