2013年06月20日

(証し)お父様に、「キスしなさい!」と言われたら?! 《ジャルジンの思い出》


20090928115836.jpg
☆6500双の祝福式☆


先日、本部の先生を迎えて研修会がありました。

印象に残ったのが、
ご自身の証しでしたので、
紹介したいと思います。

真のお父様にまつわる心に残る証しです。


南米ジャルジンの修練会にご夫婦で参加された時のこと。
第3回目で、もの凄く人数が多かったそうです。

ある日、夫婦で
「明日は、前の方に座ろう」
ということになり、
朝の3時におきて、
前から3番目に座ることが出来ました。

お父様のみ言が始まります。
お父様が、
「この中で夫婦で来ている者、手を挙げて」
もちろん、基本的にジャルジンは
夫婦で参加するわけですから、
ほとんどの人が手を挙げるわけです。

ふと、お父様はご夫婦の前に近づきました。
そして、突然両手を出して、
ご夫婦の頭をつかみました。
そのあと、「キスをしなさい」
と言われて、キスをしたそうです。

それで本当に解放されたといいます。
それは、キスをしたことが良かったというのではなく、
ある隠されたエピソードがありました。

6500双の祝福のとき、
お父様に初めてお会いした喜びがあり、
そして、貴いみ言を受けたにも関わらず、
疲れて眠くなってしまったそうです。
それは奥様も同じでした。

ふと、何か全体が盛り上がっている、
騒がしい雰囲気に気づきました。

一体何があったのか、
そう思って、周囲に尋ねてみると、
お父様がカップル全員に、
キスをするように言われたのです。

それを聞いて、とても悔やみました。
それは、奥様にキスが出来なかった、
ということではなくて、
初めてお父様にお会いして、
初めてお父様から指示されたみ言を
成就できなかった、
そのことがお父様に申し訳ない・・・
心から申し訳ないと思ったそうです。

その思いを10年間持ち続けていました。

そして、ジャルジンでのお父様との出会いがあったのです。



まさか、こんなところで、
10年間負債に思っていたことを
成就できるなんて、考えもしなかったことでしょう。

お父様はご夫婦のところに来たときに、
何か感じられたのだと思います。
3時から起きて前の席を取った
その精誠もよく理解されたに違いありません。

霊的にあまりにも鋭いお父様でありますが、
何よりも親なのだなぁ、と感じる貴い証しでした。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言

 神様が人間を堕落のなかった世界に
回復させるということは必然的なことです。
神様は、堕落のなかった完成したアダム世界のために、
すべての怨讐を収拾しなければなりません。
そこには怨讐がありません。
すべてが兄弟であり、
一つの家庭であるという概念しかありません。
のみ込むのです。
パンタナールの魚世界では、
大きいものが小さいものをのみ込んでしまいます。
そこに何かの汚いものがあろうとなかろうと関係なく、
すべてのみ込むのです。
内臓の糞だろうと何だろうと
丸ごとのみ込んでしまうのです。


環太平洋摂理 より



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしいお話ありがとうございます。ほとんど唯一といっていい、お父様と実体でお会いした貴重な時でした。たとえ1回だけでも、実体でお会いできたことは、貴重な宝です。3人の霊の子女の話と飯屋の話、このキスの指示だけは忘れません。もちろん、その指示には従順に従いました。決死の覚悟で・・・。今この指示に従わなかったら、絶対に、永遠に後悔すると思ったからです。
Posted by hide6500 at 2013年06月20日 21:33
hide6500さん、返事がおそくなりました。コメントありがとうございます。

お父様との貴重な出会いをhide6500さんもされたのですね。

昔を思い起こしていただいて、こちらも感謝です。

また、コメントくださいね。
Posted by ten1ko2 at 2013年06月23日 07:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック