2013年06月21日

天聖経を作られたのは誰だ?! 天一国聖書が私たちに必要な理由(わけ)!


934967_10152924420580416_734906874_n.jpg
☆ハワイ・コナにて☆


初めに言(ことば)があった。
言は神と共にあった。
言は神であった。
…すべてのものは、これによってできた。


ヨハネによる福音書 第一章



金榮輝先生を中心とする、120名の
天聖経・平和経編纂委員の一人でもある先生から
お話を聞く機会がありました。
お父様の遺志を継がれたお母様の
並々ならぬ決意に相対して、
精誠を尽くして、捧げられた天聖経、平和経であると思うのです。

旧約聖書が記されたのは、モーセの時代からでした。
「神(エホバ)」という言葉が出てくるたびに
毎回身を浄めて、文字を刻んだのだそうです。

また、新約聖書のイエス様のみ言はたった6ページ、
あとは弟子が書いたものです。
全体でも409ページにしかなりません。
しかし、それが人類の歴史を変えました。

天聖経は天一国時代の聖書であると言います。
天聖経と平和教は天と地を表わすのだということです。

私たちは真の父母のみ言によって
命を与えられた存在ですが、
天一国時代となって、新しいみ言を頂けるというのは
どれだけ感謝かわかりません。

先日は天聖経・平和経出版記念式における
お母様のみ言を紹介しましたが、
今回は、天聖経出版に責任を持たれた
天聖経・平和経編纂委員会委員長 金榮輝先生の
記念の辞を一部紹介します。



真のお母様が、真のお父様の伝承事業の中で
最も重点的に推進してこられたのが、天一国経典編纂事業です。
真のお母様は、「真の父母様のみ言は原石のようなものであり、
その原石を加工して宝石につくり上げ、
子孫万代に伝承しなければならない」と語られました。

『天聖経』と『平和経』は、神様と真の父母様を信じ、従い、
その似姿になっていこうとする全人類のための経典であり、
天一国を完成していくにあたって、
永遠なる道しるべとなることでしょう。
特に、天一国国民の使命と関連した真のお母様のみ言には、
摂理的転換期における私たちの行くべき方向が示されています。

天の父母様は二性性相としておられます。
天の父母様は、男性であられる父なる神と、
女性であられる母なる神が一体となられているお方です。
天の父母様の中におられる父なる神が
実体として現れたお方が真のお父様であられ、
母なる神の実体として現れたお方が真のお母様であられます。

真のお父様は、地上に誕生されてから一人で、
父なる神の実体となるための40年路程を、
サタンとの熾烈な闘いの中で歩まれ、
1954年に摂理の中心機関として
世界基督教統一神霊協会を創立されました。

ついにサタン分立の40年路程に勝利なさった真のお父様は、
真のお母様を迎えられ、1960年に、
天の父母様があれほどまで待ち焦がれた小羊の婚宴を挙げ、
お二人が一つになられることによって、
真の父母様の位置に上がられました。
この時から、真のお父様は、
天の父母様の中におられる父なる神の実体として、
蕩減復帰摂理と天一国創建に至るまでのすべての摂理を直接主管し、
指揮されたのであり、真のお母様は、
真のお父様の横で摂理の同伴者として共にあられ、
協助してこられました。

真のお父様が聖和されて以降は、真のお母様は、
天の父母様の中におられる母なる神の実体として、
真のお父様の使命を継承され、
すべての復帰摂理と天一国創建の摂理を直接主管しながら指揮され、
真のお父様は、霊的に真のお母様の横で協助していらっしゃいます。

真のお父様がすべての摂理を主管なさっていた時代から、
真のお母様がすべての摂理を主管される今の時代まで、
二つの時代にわたり、真のお父様と真のお母様を
摂理の最高主管者として侍り、
共に働くことになった私たちは、
いかなる時代の誰も浴することのできない
特別な栄光の恩賜を受けているのです。
天の父母様の中の父なる神の実体であられる真のお父様と、
母なる神の実体であられる真のお母様に、
二つの時代にわたって侍ることになった私たちは、
この地と霊界に天一国を定着させるために、
全心全力を傾けて、あらゆる忠誠と孝誠を尽くさなければなりません。



真のお父様が霊界に行かれた以上、
今まで無尽蔵に語って頂いたものを、
同じように受けることは、もうできません。

お父様の膨大なみ言も保存されていますが、
さらにそこから、エッセンスのようなものを
集めて天一国の聖書に仕上げたのです。

神様と一つになられたご父母様のみ言。
膨大なその内容をまとめるのは
並大抵のものではなかったといいます。

まさしく神の一文字に身を浄めたという
旧約聖書を記した人たちと
注がれた精誠は同じようなものがあったのではないでしょうか。

日本語版の発刊が楽しみですし、
さらには来年完成されるという「真の父母経」も
期待を寄せると同時に、祈って協助していきたいと思います。

この貴い天聖経に対して、私たちは
神様と一つとなったお父様のみ言として侍っていくべきでしょう。

聖書を作るということは、
神様のみ言を記すということ、
これは真の父母の弟子である私たちの当然の責任です。

また、真のお母様が切実に願われたのは、
生前からのお父様の願いであったからです。
そして、今も
「真のお父様は、霊的に真のお母様の横で
協助していらっしゃ」います。

「真の父母様のみ言は原石のようなものであり、
その原石を加工して宝石につくり上げ、
子孫万代に伝承しなければならない」
と語られるごとく、
貴いみ言を今回、真の父母様の指示によって
新たに編集されたのだ、
そのことを私たちは忘れることなく
歩まなければならないと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言

三十年前に古い食口たちに語ったことも
誰も本当に理解されませんでした。
彼らは知的に分かったけれども、
心情的にはよく分かっていなかったのです。
そして、三十年後の今になって
先生のところに来て言うのです。
「先生が三十年前に言われたことが今分かりました」と。
あなたたちも同じことで
先生が今語っていることが三十年後に実現されて
その時理解されるということも多いでしょう。


愛のシンフォニーB
「 主の道 」
写真で見る文鮮明氏の路程 より



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:23 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
質問です。
(1)お母様が監査委員に改修の指示を出されたことは確認していますが、実際の改修作業にも関わっているのでしょうか。
それとも、改修板を読んで監修されたということでしょうか。

(2)お父様が7回精読されて確認され、改修の必要はない、手を着ければ審判を受ける、遺言書と同じであり、最後通牒であると語られています。
ならば、この度の改修に関わった方々は、お父様以上にみ言に精通された方々ということでしょうか。
Posted by gildong at 2013年06月21日 11:15
>新約聖書のイエス様のみ言はたった6ページ、
あとは弟子が書いたものです。

これは、イエスが、語るべきことも語り得ず、十字架についたからでしょう。
文先生は、イエスが十字架につくために来たと教えましたか?
しかも、聖書においても、福音書と書簡は分けて掲載されています。福音書も、その中でイエスの言葉を引用しています。
しかし、天聖経は、お父様が語られたみ言そのものです。死語となったヘブライ語とは異なり、直接理解できる韓国語で語られています。

そもそも、なぜ聖書に根拠を求めるのでしょう。
Posted by gildong at 2013年06月21日 11:28
gildongさんへ

◇ 最初のコメントについて。

二つの質問がありましたが、私は細かい経緯も、天聖経・平和経編纂委員会についても具体的には知る立場にはありません。どうしてもお知りになりたいのであれば、本部に直接質問していただくしかありません。


◇ 二つ目のコメントについて、私の表現についてのご質問のようなので、お答えします。

>新約聖書のイエス様のみ言はたった6ページ、
あとは弟子が書いたものです。

このように私が書きました。
これは、編纂委員の先生が話された内容を吟味せず拝借したものですが、6ページとあるのは、おそらくマタイ福音書の第5章から7章の部分であり、ここが最もイエス様のみ言のメインであると思います。
実際に弟子が聞いたもの、それも書き留めるのは大変だったと思うのですが、それしか確かなものは残っていない、ということです。他にも様々なエピソードを交え、重複した内容も含まれる4つの福音書を合わせても180ページにしかなりませんし、使徒行伝と書簡、黙示録を合わせた新約聖書全体でも、400ページ余りにしかなりません。

私が言いたかったのは、次に記した文章です。

>しかし、それが人類の歴史を変えました。

つまり、言いたかったのは、このように少ない量にも関わらず、新約聖書が人類の歴史を大きく変えたということです。み言の偉大さを伝えたかったわけです。

ですからgildongさんがおっしゃるような観点で書きたかったのではありません。
(万が一、誤解があるかもしれませんので、少し本文にその旨書き加えるつもりですが。)


◇ >そもそも、なぜ聖書に根拠を求めるのでしょう。

今日の私の記事に関してお話させて頂けば、この記事は、「天聖経・平和経が、天一国の聖書である」という観点で書いているからです。

旧約聖書のことに触れ、次に新約聖書のことに触れました。そして後は、天一国聖書であると私たちが考えている天聖経と平和経についてのお話をしたわけです。

世界のベストセラーといわれる聖書、私たちの教会でも長い期間、経典の一つとしてきました。今も大切なみ言に違いありません。

◇最後に最初のコメントにあった
>お父様が7回精読されて確認され、改修の必要はない、手を着ければ審判を受ける、遺言書と同じであり、最後通牒であると語られています。

とおっしゃる内容についてですが、私の個人的意見を述べるならば、

最初に編纂された天聖経は、すべて廃止するということではないと思います。私たちはきっと、大切な宝物として、それを代々持っていくことでしょう。

しかし、今回編纂された天聖経は、最初に作れと言われたときのお父様の願いに、より即していると、私は考えています。

また、お父様の膨大なみ言はみ言選集としてもしっかり残されています。その一方、天一国聖書として、み言を整理し、編集することは御心に反することではないし、むしろ御心に添っている、というのが私の個人的な考えです。

このことに関しても、公式見解がお知りになりたいなら、本部に直接お聞きするか、発表されたものをご覧になり、ご検討くださればと思います。

新しい天聖経、並びに平和経は日本語のものも準備ができたようです。発刊後はぜひ手にされて、じっくり検証してくださったらいいかと思います。

このブログに書かれている内容、またコメントにつきましても、私の個人的意見として話しています。
私が個人的に支持する内容や、私の信じるところ、感じるところをブログとして紹介しているにすぎません。どうぞよろしくお願いします。

Posted by ten1ko2 at 2013年06月21日 17:42
gildongさんへ

質問の一助になればと思い、ファミリー・フォーラムに掲載された記事を紹介します。
新天聖経の製作過程(日本語)
http://www.familyforum.jp/2013062121361

新天聖経、平和経の編纂は、ここに語られた以上の苦労と精誠が込められたものであることを、理解して頂ければと思います。
Posted by ten1ko2 at 2013年06月21日 17:53
お父様の御言葉 「主の道」よりは 「御旨と世界」の 創立以前の内的教会史の
中からの 抜粋ですか
Posted by kobayashi mitiko at 2013年06月21日 20:53
kobayashiさんへ

面倒くさくて、はしょって書いてしまいすみません。

記事本文も訂正しましたが、
愛のシンフォニーB「 主の道 」写真で見る文鮮明氏の路程
というのが本の名前です。(光言社)

この本、写真もみ言もとてもよいのですが、残念ながら、み言がどこから抜粋したものなのか、いつ語られたものなのか、表示されていません。


Posted by ten1ko2 at 2013年06月22日 12:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック