2013年07月31日

「日が経つほど、私たちには希望だけ!」夏休み、子女たちの有意義な教育法?!


934967_10152924420580416_734906874_n.jpg


先日、真のお母様が天正宮入宮7周年で
語られたみ言を紹介しましたが、
二世、三世に対して、語られていた部分を
抜き出して紹介します。



今回ハワイで、
米国における大学運動などの青年運動に、
集中的に拍車を掛けるために新しい人を任命しました。

ラスベガスにも大学が一つあり、
学生が4万人を超えるそうです。
特に米国には、
全世界の優秀な学生たちが留学のために訪れます。
その大学で4年間学び、
さらに博士学位を取る人もいるでしょうが、
とりあえず4年間学んだら自国に帰るではないですか。

このような摂理歴史において、
天が下さった驚くべき祝福なのに、
この大学界を消化できなければ、
どのようにして7年のうちに米国を復帰して、
世界を復帰できますか。
そうではないですか。
米国で一人の学生を伝道すれば、
その学生は自動的に世界に出て行くようになります。

私はまた内的に、世界の祝福子女と学生たちを
韓国に集めようとも努力しています。
私たちが未来を志向する、
このことは興奮する歴史だと思います。

そして、二世、三世たちを中心に、
私たちの環境を大きく広げていくことにしました。
来年には世界の中高生たち、
模範的な未来の指導者となろうとする子供たちに、
世界を見せてあげようと思います。

韓国の夏休み期間は短いので長くはできませんが、
よく構成して2週間で内外の教育を施し、
この子供たちに世界を見ることができるようにします。
また、 私たちの大韓民国がどれほど重要な国であるかを教え、
そして、韓国の祝福二世、三世として生まれたことを
天の前に感謝し、 それに応えて
人生を生きていけるようにしようと思います。

皆さんは、そこに協助しますか。
日がたてばたつほど、歳月が過ぎれば過ぎるほど、
私たちには希望だけです。




夏休みに入り、
子供たちの修練会が目白押しです。

昨日は、清平の14日間修練会が始まるので、
うちの教会からも数名の子供たちが韓国に出発しました。

役事を中心に
天正宮の訪問だとか、
文化祭やコンサートの参加だとか、
充実したスケジュールになっています。

また、日本においても
様々な修練会が開催されて、
多くの訓練を受けています。

昨日、韓国に見送ったお母さんは、
「しばらく寂しくなるな・・・」
と言いながら、
成長することを期待しているようでした。

真のお母様ご自身が、
子女教育を何よりも意識しておられます。

今まで思う存分、教育できなかった。。。
その思いを転化させようと
必死なるお母様の姿を感じます。

必ず花咲かせ、実らせるときが来るに
違いありません。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね。
私はもはや希望は2世にしかないと思っています。
そして2世はネット世代です。

訴訟、裁判、み言葉の改竄、ねつ造、ヘドロetc・・・
教会の外からではなく、教会員から発せられる様々な批判を2世達はどのように消化していけばよいと思われますか?

Posted by fatherfujioka at 2013年07月31日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック