2013年08月22日

明日、聖和1周年!! お父様を偲びながら・・・ 《妻が捧げる追慕詩》


526839_702177639809346_532045625_n.jpg


真のお父様の聖和1周年に際し、
妻が追慕詩を作りました。



月を見ていました
満ちては欠けて、欠けては満ちる
その意味を教えてくださったあなた
月の傾き方で暦が分かり、消え方で時が分かる
月は太陽の反映 真理の光を映す鏡
人だけがその神秘を知り
人だけがその美しさを記憶する
月を見ながら涙し誓った日々を
誰よりもご存知だったあなた
あの夜の月の明るさを
覚えていらっしゃいますか

星を見ていました
無数に輝く星にも 生命(いのち)があり
一つひとつの星に 故郷(ふるさと)がある
この満天の星は 奇跡の結果
そして過去に光っていた 魂の証し
あなたが星になって現れるのは
過酷な人生を生ききった 勝利の印
一番星は あなたの息子 二番星は あなたの娘
北極星のように ぶれない位置を示し、
明星のように 誰よりも明るく光る

太陽を見ていました
昇る朝日は希望を目覚めさせ
昼間は惜しみなく日差しを降り注ぎ、
焼けた夕陽は 慰労を与えてくれる
私たちに、明るさと温かさ、時に熱さを教えてくれました
眩しくていつも下を向いていた私たちの 
穢れを すべて拭ってくださったあなた

今にして思います。
朝日がのぼり 夕日が沈む、
それがいかにありがたいことか
いかに当たり前で いかに貴いことか
そして、忘れてはいけないことは、
たとえ雲が厚く覆った日も、
その上では太陽が燦燦と輝いていること

あなたは、時に月、時に星、そして常に太陽のように
今もここにいて笑ってくださる

月を見ていました
星を見ていました
太陽を仰いでいました
そこにあなたがいるから

月に星に太陽に、あなたを想います
空に海に大地に、あなたを感じます
朝に昼に夜(ゆうべ)に、あなたに祈ります

春は花のほころぶのを見て
夏は葉が茂るのを見て
秋は紅葉(もみじ)の赤に染まり
冬は雪の白さに浄められ
雨に 風に 飛ぶ鳥に、あなたを偲びます

老いた親の背に、あなたの姿を重ね
兄弟姉妹の声に、あなたのみ言を聞きます
子どもたちの笑い声を 共に聞いてください
愛する人の微笑を 一緒に心に焼き付けましょう

この宇宙より大きい
この大自然より美しい
天一国で 共に住みましょう

月を見ていました
星を見ていました
太陽を仰いでいました
そこにあなたがいるから

月に星に太陽に、あなたを想います


「月に星に太陽に、あなたを想います」



とても素晴らしい詩だと思います。

いよいよ、明日に迫ったお父様の追慕式。
月を星を太陽を見ながら、
お父様を想っていきたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言

最初に神様に出会ったときの喜びの心、
最初に決心したその心、
それがいつも、
さらに強まっていかなければなりません。
そのためには、祈祷しなければなりません。

一人で静かな所に行き、
月を見つめて感謝し、
あらゆる自然と呼吸できる心霊的生活、
祈祷生活が必要です。それは、
ご飯を食べることよりももっと貴いことです。
寝ることができず、
座って夜を明かすことがあるのです。


文鮮明先生のみ言葉「 天運を呼ぶ生活 」
神様の贈り物 より 




※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、京都ファーザーズと申します。

いつも、こちらのブログを拝見させていただいています。
こちらの記事で受賞された詩が掲載されていましたので、おもわずコメントを送らせていただきました。私も詩を応募しました。
受賞はできませんでしたが、私にとっては、アボジに捧げた詩ですので私の宝物だと思っています。よかったら見て下さい。

http://uc-fot.at.webry.info/

こちらのブログの大ファンですので、今後もすばらしい、感動的な記事を書き続けて下さい。
ありがとうございました。
Posted by 京都ファーザーズ at 2013年08月25日 20:37
京都ファーザーズさんへ

訪問、コメントありがとうございます。

詩も拝見させて頂きました。
かけがえのないお父様との思い出をつづられた貴重な詩ですね。まさしく宝物だと思います。ちょっと羨ましいくらいの証しですね。

私の場合は、夫から応募してみたら、と言われた時は『そんな簡単にできないのよ』と思ってしまったのですが、すぐに、『ま、やってみましょう』と気持ちを切り替えると、スルスルと浮かんできた詩です。
それまで私の中には何もなかったので、まさしく与えられたという感じです。不思議ですね。

ですから、私が作ったという気がしませんし、詩を捧げたというよりは、逆にこの詩をプレゼントして頂いた気がしています。

いつものブログ記事は、夫が書き、私が編集やタイトル付けをしています。これからも、夫婦で共同で続けていくつもりです。
皆さんの応援がとても励みになります。今後もよろしくお願いします。

Posted by ten1ko2の妻 at 2013年08月28日 00:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック