2013年10月19日

世界から、愛と尊敬を受ける日本に! 中部大会・2世圏特別集会のお母様のみ言


timthumb1018.jpg


地上世界における豊かさは一時的なものですが、
永遠の生を生きる霊界において永遠の豊かさを得る道は、
正に伝道にあります




真の父母様が現れたことで初めて、
新しい時代を迎えました。
私たちだけが幸福になるのではなく、
すべての人々に地上・天上天国の門が開かれたことを
知らせなければなりません




昨日は名古屋で大会をされた真のお母様。
各大会、骨子となる内容はおそらく同じかと思いますが、
その地に合わせた内容を語ってくださっています。

名古屋は、日本統一教会の「信仰の故郷」ともいえる
日本で最初に大きく伝道が根付いた場所です。
お母様もそのことをよく覚えてくださり、
冒頭に
「日本で巡回講演を100回以上行ってきましたが、
名古屋に来るたびに故郷に来た気がします」

と言われたとのこと。

羨ましい、と感じるとともに、
今、爆発的伝道が願われている中、
草創期の名古屋での精誠に倣っていかなければ
ならないのではないかと思います。

中部大会の様子は、本部のHPに掲載されています。





韓総裁は
「(日本宣教55周年を迎え)
人間で例えると黄金期を超えて結実の時

と語られた上で、

「これまでの摂理歴史において多くの奇跡がありましたが、
特に女性の精誠と努力が背後にありました。
日本教会でも草創期に主導的役割を果たしたのは女性でした」


と指摘し、故・松本道子執事など
今日の名古屋の基盤を築いた人々の名前を挙げながら、
その貢献の大きさを強調されました。

また韓総裁は、キリスト教史を中心とする
過去2000年の神様の“摂理歴史”を概説されながら、

「中心人物が責任を果たすことで神様の前に出て行くことができる。
真の父母様(文鮮明師ご夫妻)が来られたことで、
天の秘密が明らかになった」

と指摘。

「真の父母様が現れたことで初めて、新しい時代を迎えました。
私たちだけが幸福になるのではなく、
すべての人々に地上・天上天国の門が開かれたことを
知らせなければなりません」


と語られ、爆発的な伝道を通じ、
教会員一人一人が与えられた責任を果たし、
「天の宿願」を成就していくことを呼びかけられました。



e783a071e727958dd268cbd22ad7e026-300x188.jpg


また、週刊ニュースレターも毎日特集が出されるということです。
今までに、北海道大会、北海道大会祝勝訓読会、そして、
15日に行われた二世圏特別集会の3回が発行されています。

その中から「二世圏特別集会」で語られた
お母様のみ言の内容を
本部HPに掲載されたものと合わせ抜粋してみます。


二世圏を集め特別集会を開催 
統一教会公式サイト




「豊かになる最高の近道は、伝道をすることです」

「地上世界における豊かさは一時的なものですが、
永遠の生を生きる霊界において永遠の豊かさを得る道は、
正に伝道にあります」

「きょう、二世圏の指導者の証を聞き、
本当に統一家の未来が明るく、
希望に溢れているということを感じました」

「祝福家庭の二世・三世は日本社会の宝石です」

「世界に誇ることができる祝福二世・三世になり、
世界中で愛を受ける日本の民となることを願っております」

「日本に祝福家庭と
祝福二世・三世をはじめとする若い二世圏がいるということを、
日本国民と日本指導者は大いなる栄光と誇りに思って下さい」




そのように、期待し、愛してくださいながら、
2世に対しても、1世に対しても
やはり、何よりも伝道を強調される真のお母様であり、
未来に対して、希望を与えてくださっていると感じます。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 


posted by ten1ko2 at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック