2013年12月04日

目から鱗! 霊界は存在した?! 臨死体験から「実感」に至った脳外科医に、全米で賛否の渦!!


1044899_634308786603909_1704760559_n.jpg


わたしは、わたしの霊をすべての人に注ぐ。
あなたがたの息子や娘は預言し、
年寄りは夢を見、若い男は幻を見る。
その日、わたしは、しもべにも、
はしためにも、わたしの霊を注ぐ。


ヨエル書 2・28



今は当たり前のように、霊界を信じている私ですが、
教会に来る前は、神様も霊界も信じられませんでした。

ファミリーフォーラムに、
死後の世界の存在を否定してきた優秀な科学者(医師)が
臨死体験の後、天国が存在する事を
確信した内容が紹介されていました。


彼の著書は、全米で200万部を突破し、
賛否の渦を巻き起こしているそうです。
先日、テレビ番組「アンビリバボー」で
取り上げられたことから、ブログでも
さまざま紹介されています。

ニューズウィーク誌に取り上げられた内容から抜粋します。


アレグザンダー医師は以前、患者から幽体離脱する話を聞いた事はあったが
「願望的思考」だとして一蹴してきた。
しかし今、自身の体験に基づいて考えを改めたという。

「本当に常軌を逸した、信じがたい話であることは百も承知しています。
以前なら、もし誰かが、たとえそれが医者でも、
私にこんな話をしたら
間違いなく妄想に取りつかれていると判断しているでしょう。
しかし私の身に起きた事は妄想からはかけ離れた、
私の人生で起きたいかなる事件、
例えば自分の結婚式や2人の息子の誕生などよりも
現実的で実質感のあるものでした」


アレグザンダー博士も、死後の世界を否定していたにもかかわらず、
臨死体験を通して、「実感」していかれました。

霊界を信じるというのではなく、
実感したのです。

霊的に見たり感じたりという感覚を
私たちは通常味わったことがありません。
百聞は一見にしかずといいますが、
実際に体験したことに勝るものはないようです。

霊界に行ってきたという真実の体験を味わったことは、
理論や理屈で説明できるものではないのだと思います。


全く話は変わりますが、冒頭でも述べましたように、
私は神様も霊界もあるはずがない、
目に見える物質の世界のみである、
教会に来る前は、そのように考えていました。

教育センターで学び始め、
見るビデオは統一原理だったのですが、
全く興味がなく、面白くなく、
辞めようと思っていたところ、スタッフから
「せっかくなら、2日間のセミナーに出ましょう」
そう言われて、仕方なく参加したのですが、
その2日間のセミナー、創造原理の講義で
「神様っているんだ!」
まさに目から鱗が落ちた感じでありました。

その後、気持ちが変わり
前向きに学ぶようになっていきました。
目から鱗が落ちる、というのは
経験された方なら分かるでしょうが、
これも、実感の世界です。


キリスト教の基礎を築いたパウロは、
かつてはキリスト教徒を迫害していましたが、
「パウロの回心」に出てくるように
まさに『目から鱗のようなものが落ちて』
イエス様を信じるようになりました。

神様の存在、霊界の存在、
メシヤの価値…、
これを理論理屈で否定する人は多くいます。

全ての人に真実のものが見えるように、
と、願ってやみません

基元節以降、時代の恩恵圏が拡大される中で、
やはり、パウロのような人が必ず現れるはずですし、
現れつつあることを、確信いたします。

また、そのためには、殉教をしたステパノのように
神側の条件、精誠が必要だと思うのです。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 


posted by ten1ko2 at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック