2013年12月14日

(伝道の証し)愛されていない人は誰もいない! わが教会が希望の場に!


421781_621955537831557_1440036786_n.jpg


今まで神様は、何を求めてこられたのでしょうか。
理想的な対象を求めてこられたのです。
このような、結果的な一つの基点が家庭です。
家庭以上に宇宙を代表できるものはありません。


「天聖経」真の父母2・4 6



同じ教区の中の、伝道を本当に頑張っている
教会の証しを紹介します。
私も時々、公務で訪れる教会ですが、
そんな熱気を感じさせられます。

訪問で出会った方を対象に
セミナーに動員していますが、
何度も訪問し、原理チャートを訓読し、
その伝道師たちの姿を通して、み言に何かを感じて
セミナーに参加されていくのだということです。
新しく参加された方の感想文です。


他の宗教やキリスト教会を数多く訪ねましたが、
神様の愛と真理を、具体性を持って語り、
魂の栄養になる話に初めて出会いました。
人生の総仕上げをする年代になり、知能、体力共に退化の一途にあり、
孤独な生活をしていた中に、希望の場を発見しました。


母は自分が生まれてすぐ亡くなり、最近一人でいると寂しい気がしていました。
しかし、今日のセミナーを通して、愛されていない人は誰もいない、
私達は神様の愛に囲まれて生きているという事が、
具体的な例を通してとても分かり易く理解できました。


人間の創造と神について学びましたが、
本当に深い内容と意味がある事が分かりました。
これからは毎日神様を意識して生活していきたいと思います。
また文鮮明先生の偉大さ、尊い方である事を感じさせて頂きました。


担当者の熱心さに負けて今日は初めて参加しました。
セミナーを通して、言葉の大切さを感じました。
自分の語った言葉に後悔を残さない様に、責任持っていきたいです。
これからも勉強をしていきます。


文鮮明先生の言葉にはとても感動します。
本当に苦労した方でなければ、この様な言葉は語れないでしょう。
文鮮明先生は神の子だと思います。

後半の二人の方は、地元の名士です。
皆さん、み言に出会って、心から喜んでいる姿を感じます。

また、もうひとつ、そこの教育部長さんから証しを聞いたので、
覚えている範囲で、書き記します。


ある男性が突然、教会を訪ねて来られました。
その方は、教会の前に掲げてある
セミナー案内の看板を見て来られたのでした。

お話を聞くと、その方は、すでに離婚をされていました。
しかも、ホームレスの方でした。
『教会に来られた方は、どんな方でも生かしていく』
そのような思いをもって、セミナーをしていきました。
とても素直にみ言を受け入れてくださいました。

その後、原理2日セミナーにも参加されました。
毎週、定期的に学ぶ事を通し、
『人生をもう一度やり直す最後のチャンス』
そのように思って決意されたそうです。

そうしていくなかで、どんどんと心が目覚め、
奥さんとは離婚後交流がありませんでしたが、
み言を勉強の中で家庭の重要性を知り、
もう一度決意して奥さんに電話したら
何と、やり直す事を快く承諾してくれて、
ご本人もとても驚いています。
また、ずっと仕事をしていませんでしたが、
就職口も決まったようで、
再出発すると頑張っています。


この前、会議があってこの教会に行ったとき、
入り口で、ある男性がスタッフに見送られている場面を目撃しました。
見ると、ヒゲ面で髪の毛もあまり整っていない感じであり、
印象に残っていました。
もしかしたら、この方だったのかも知れません。

うちは規模の小さい教会ではありますが、
このような証しが立てられるように
決意をさせていただきました。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 

posted by ten1ko2 at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック