2014年01月31日

お母様も喜ばれた、後藤さん勝訴! 天一国二年、路線が変わる時?!


2014securedownload.jpg


新しい年、天一国二年を迎えました。
今年もよろしくお願いいたします。

今回の後藤裁判の勝訴の内容は、
すぐに、総会長、徳野会長に伝えられ、
さらには、真のお母様の耳にも入ったとのことで、
とても喜ばれておられたとのことです。

米本さんはじめ、「決定的な勝利」と言われているのは、
首謀者・宮村峻が不法行為への加担とその責任を
裁判所が認めたからだと思います。

今までも、宮村が訴訟に関わるケースはありましたが、
家族らに賠償などを認めたことはあっても、
宮村の責任を問われたことは一度もありませんでした。


判決文には以下のようにあります。

「被告宮村は、信者に対する脱会説得に多くの経験を有し、
その経験に 基づき、水茎会などの場において、
信者の家族らに対し、脱会説得の実践的・実効的な方法を指導していたところ、
被告隆らは、水茎会に通い、宮村の下でその方法を学び、
原告を荻窪フラワーホームに移動させた後も、
その方法に則って原告に対する脱会説得の試みを続け、
被告宮村も、原告が荻窪フラワーホームにおいて
不当に心身を拘束されていることを認識しつつ、
平成10年1月頃から同年9月頃まで、
頻繁に元信者らを連れて原告の元を訪れ、
脱会を強要したことが認められるから、被告宮村については、
被告隆らの原告に対する前記不法行為のうち、
上記期間に係る部分について、
これに加担したものと認めるのが相当である」


「前記不法行為のうち、
上記期間に係る部分について、
これに加担したものと認めるのが相当」
これが重要な文言であり、
また、「監禁」という言葉は使っていませんが、
「不当に心身を拘束」という言葉自体が
拉致監禁そのものであり、
それを宮村が行なったということを
裁判所が認めたということなのだと思います。

もちろん、まだ裁判は続くでしょうし、
最後まで気を抜くことは出来ませんが、
本当に大きな勝利です。。。


さて、本部の担当部長の話では、今後
「向こうは路線を変えるのではないか」
と言っていました。

共産党が牙を隠して、「庶民の味方」
そんな風に印象を良くしていきながら、
「確かな野党」などとして、気を吐いていますが
共産党の恐ろしさは変わりません。

反対派は、宮村のような
強圧的な拉致監禁ではなくて、
ソフト路線に入っていったら、
むしろその方が恐いのかも知れないのです。

実際、昨年も軟禁された人が脱会しましたし、
またある婦人は監禁されてわずか1週間で離教しました。
「統一教会は真理ではなかった」
反対派から説得され、脱会していくわけです。
こちらとすれば、「じゃあ、何が真理なんですか?」
そう言いたいところなんですが、
ソフト路線でも充分、教会から離れていくのです。

反対活動は根絶されるまで戦っていきますが、
ソフト路線に対抗するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。
そう考えると、一人ひとりの信仰が問われる時、
やはり、本物になることを願われているのだと感じるのです。

お母様が立たれ、基元節を迎えて2年目、
最もサタンが進入しやすい時。
サタンはサタンらしく来ないで、
優しい言葉で、誘惑するといいます。

エデンの園にいたアダムとエバが堕落した時、
神様の心情と一つになっていれば、
そんなことにはならなかったように、
分裂、内紛の年回りではありますが、
お母様と、心情的に一つになっていきたいと思います。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 

posted by ten1ko2 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック