2014年02月13日

新郎新婦が美しい理由(わけ)とは?! 祝福式と基元節一周年記念式に感動!! 【写真ニュース・動画添付】


3ef47342d0bd7540184b6bbf10846ea9.jpg


「天の父母様(神様)が下さる最も貴重な祝福であり、
人間として受けることができる最大の贈り物」──

その贈り物を受けた新郎新婦たちが、
一面の花園のように麗しく揺れる
基元節一周年の式典でした。



昨日は貴い基元節1周年記念式でした。
私はインターネット中継で教会の食口たちとともに
参加させていただきました。
教会のHPにも紹介されています。



第一部では、新しく編纂された『真の父母経』
さらには、『天一国憲法』が奉呈されたこと、
この二つは大きな行事だったと思います。

「基元節1周年を迎え、天地人真の父母様(文鮮明師ご夫妻)から
実体的な天一国の定着と完成のため(天一国憲法を)発布する」
と言われた真のお母様。

法を発布したということで、いよいよ法を中心に世の中が動き、
これからはもっと原理的生活を行なうことを
心がける必要があるのだと感じます。


第2部の天宙祝福式は、世界50カ国から
約2500組(5000人)のカップルが会場に集い、
世界194カ国ではインターネット中継を通じて2万組以上が
式典に参加したとのことでした。

個人的に感動した部分が二つありました。
一つは、祝祷のときに、真のお父様の肉声が流れたこと。
祝祷は、真のお母様がされると思い込んでいたのですが、
「こういうのもありなんだ」そう思いながら、
お父様の祝祷に感動しました。
参加したカップルたちも特別な思いを持っただろうと思います。

もう一つ感動したのは、
最後に行なわれたミュージカルでした。
祝福の素晴らしさを歌と演技で表現されていましたが、
実は韓国語の歌であり、通訳もなかったので、
最初は雰囲気しか分からず、
「韓国語を勉強しなければ・・・」と痛切に感じました。
ところが途中、韓国語の字幕が出てきたこともあり、
日本語で通訳してくださいました。
それが何よりもありがたかったです。

御父母様がマッチングをされ、
そのあとに蕩減棒儀式をおもしろく演技していたのですが、
普通だったら、こんな行事をミュージカルにするのも
ちょっとおかしな話かも知れません。

しかし、私は本当に感動したのです。
そのシーンを見ながら、
自分が祝福を受けたときのことを回想しました。

当時は本当に幼くて、
とにかく一生懸命叩けばいい、
そのように言われていることもあって、
妻のお尻を本当に力任せに木の棒で叩きました。
妻はあまりの衝撃に前のめってしまいました(笑)。

そんなことを思い出しながら、
真の御父母様が私たちの罪の全てを赦し、
清算して、新しい出発をしてくださるんだ・・・
その時以上の感動を覚えたのです。

私の罪のゆえにどれだけ御父母様が苦労の道を歩まれ、
その犠牲の代価によって、
一方的な恩赦を受けることができるということが
どれほどありがたいことなのか・・・
心から感動して、涙を流しながら拝聴しました。


この前日、真のお母様は、一世のカップルだけでなく、
祝福二世・三世のカップルもともに聖酒式に参加するようにして、
新しい出発をさせてくださったということです。

お母様のみ言です。

聖酒式は、天の父母様が下さる最も貴重な祝福であり、
人間として受けることができる最大の贈り物

今日の聖酒式を終えて祝福結婚に参加するようになると、
創造本然の世界、すなわち
天一国への扉が開かれるようになる



インターネットの映像を見ながら、
最近の2世はイケメン、美人揃いだな
ビデオ映えしていいなぁと思っていたのですが(笑)、
新郎新婦たちが、みな全て美しく、輝いて見えたのは
聖酒式の恩恵もあったのかもしれません。

祝福は統一教会の誇りであり、
天からの一方的な恩恵です。
その貴さは誰が証しするのでしょうか。
祝福を受けた私たちがしなければ、
誰も証ししないのです。

堂々と天地に宣布して証しする、
これからは祝福伝道なのだ・・・
改めて感じさせていただきました。


5cf9e5fc7d53486fbf79425b2fbe6931.jpg



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ




2500組が合同結婚式、韓国・統一教会
写真16枚


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 


posted by ten1ko2 at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック