2014年02月15日

あの時僕らは若かった?! 天宙祝福式で改めて思う祝福結婚の価値!! 


1533850_10202026794845416_935663002_n.jpg


先日、基元節一周年で行われた天宙祝福式、
中継の様子を見たり、写真などを通して、
新郎新婦の姿を見るにつけ、
私たちが祝福結婚を受けた時のことを思い出したり、
また、祝福の素晴らしさを再確認して
感謝の思いを感じています。

祝福の意義と価値については、折につけ
学ぶこともあると思いますが、
昨年、金栄輝会長がアメリカ5カ都市の巡回講演された
「天の父母様の摂理と真の父母様の業績」
というみ言の中で、祝福に関しての内容がありました。
抜粋して紹介します。


1960年から新しい摂理が始まりました。
何だか分かりますか?
それ以前までは救援はありませんでした。
2千年前イエス様はメシヤとして来られましたが
地上に居られる時何をなさったでしょうか?
堕落人間をサタンの血統から神様の血統に
転換させた人がいたでしょうか?
誰を探しましたか。
血統が変わった人がいましたか?
誰もいませんでした。

私たちはこれを知らなければなりません。
彼らは血統転換を受けましたか?
受けることが出来ませんでした。
今イエス様の弟子達は楽園にいるといいますが、
彼らの血統は誰の血統ですか?
サタンに属しますか?
神様に属しますか?
彼らはサタンの血統に属します。
これは確実に知らなければなりません。
しかし私たちは祝福家庭です。
私たちは新しい血統を持っています。

私たちは正に神様の血統を持っているのです。
霊界に行くとどこに行くでしょうか。
皆様はどこに行くと思いますか?
サタンの世界に行くでしょうか?
神様の世界に行くでしょうか?
神様の圏内です。

私たちは完全に違うのだということです。
キリスト教人でこの様な特権を持つ者は、
誰としていません。
真の父母様のみを通し祝福を受けた者が、
神様の圏内に行くことができるのです。
だから皆様は失敗をしても、
サタン側には行きません。

神様側にいながらそこで蕩減復帰をするのです。
これが他の者たちと祝福家庭との違いです。
他の者はサタン側に行き、
私たちはサタン側には行きません。
地上人間に対する救援摂理は真の父母様の
祝福聖婚式の5日後から始まりました。


12日に行われた天宙祝福式のあと、
教会で昼食をとりながら、自然に自分たちの受けた
祝福のときの証しが始まりました。

私が「今回のミュージカルの蕩減棒行事に感動した。
でも、自分の時は・・・」
そのように証しをすると、
そこに参加していた婦人たちは、
「私もそうだった、思い切りやられて、
しばらくお尻があざになってた」
とか、同じような話で盛り上がりました(笑)。

私もそうですが、みんな幼かったんだなぁと思います。
それでも、御父母様のマッチングによって与えられた祝福は
絶対に守らないといけない、
そのように思って、それぞれ試練を乗り越えて、
無事に家庭出発しているということでした。

マッチングでなくても
既成家庭であっても、それは同じでしょう。

祝福結婚式とは、浮気・不倫・離婚はしないという誓いを立てて
行なわれる、貴い神聖な儀式です。

私も祝福の素晴らしさを訴えようと思って、
先日の原理セミナーにおいて、新しく来られた方々に対して、
自分の家族の写真を見せながら、
また最近見つけた、1992年当時、若かったころの写真を紹介しました。
来られた方は親近感をもたれたみたいです。

これからもセミナーを通して、
また路傍演説などを通して、
知人・友人にも祝福の素晴らしさを伝え、
祝福伝道に邁進していきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 


posted by ten1ko2 at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック