2014年03月27日

真の母は第二教主! お父様のみ言 ・ (証し)夢の中でお母様は…?!


936286_653307394696371_1520050314_n.jpg


今日は、最近出版されたみ言
「真の父母の絶対価値と氏族的メシヤの道」
ここから、三つほどみ言を紹介します。



お母様は私の影のようです。
付いて回る影のようなので、
私は実体をもった主体の教主であり、
お母様は対象の教主です。
それで、私は第一教主、
お母様は第二教主です。
何を中心としてですか。
愛を中心としてそうだというのです。


お母様を中心として皆さんが一体に
なっていかなければならない時が来ました。
もう先生がいなくても、
お母様が代わりにできる特権を許諾したというのです。
お父様がいないときは、
お母様のことを思わなければなりません。
そのように理解して、
先生の代わりにお母様に侍る心をもち、
祈祷もそのようにするのです。
今までは先生を愛してきましたが、
これからはお母様を愛さなければなりません。
これからはお母様の時代に入っていくことを理解して、
特に女性たちはそのようにしなければなりません。
ここにおいて、先生が第一教主であれば、
お母様は第二教主であると世界的に宣布し、
天地に宣布します。


お母様は、第二教主の資格がありますか、ありませんか。
大講堂に立って凛々しく、
男性のような度胸をもってお母様以上に講演できる人は
手を挙げてみてください。
お母様から多くのことを学んだのではないですか。
お母様がここまで立派にできるとは
夢にも思わなかったでしょう。
大いに尊敬しなければなりません。
先生はもう七十を超えてくずかごに近づきましたが、
お母様は今、そのくずかごを収集して
すべて掃除できる主人になったので、
先生よりも、お母様をもっと重要視できる
統一教会員になれば福を受けるというのです。




真のお父様は
「真のお母様は第二教主である」
かつてそのようにハッキリと語られています。

お母様はお父様の影、と言われていましたが、
勝利され愛で一つになられた真の父母様は、
どちらかが現れれば、どちらかが影のようにおられるのでしょう。
今や、燦然と輝くお母様の背後には
お父様が影のようにいつもいてくださると思うのです。

教会長が印象的な夢を見られました。


御父母様の許に呼ばれました。
そして、記念撮影をすることになったのですが、
いつの間にか、お父様の姿が消えていました。
お母様の許に大勢の人が集まってきました。
お母様は最前列、教会長は人の群れの真ん中にいました。
そのとき、突然お母様が飛び出されて、
早歩きで食口の中に入り込まれました。
どこに行かれるのかと思っていたら、
教会長の目の前に、お母様がおられました。
まるで突進して来られたようでした。
そして、持っておられたコップを教会長に差し出されました。
コップの中には、ジュースが入っていて、
曲がるストローがついていました。
教会長は
「真のお母様の差し出された物だけれど、
飲むのは恐れ多い・・・」と躊躇していましたが、
「そうだ、私の親なんだから、いいのだ」
そう思って、飲もうとしたら、目が覚めたそうです。



お母様はお父様の代身として、
また私たちの親として、
私たちを愛し、導いてくださっています。

親孝行の道理を立て、
悔いの残らない歩みを
父母様に捧げるのが
今、私たちの歩むべき道なのだと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 


posted by ten1ko2 at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック