2014年04月12日

真の親孝行とは?! お父様が心待ちにされた被災地食口たち! 〜3年前の御聖誕日秘話〜


1622161_598270003592875_328192085_n.jpg


昨日は、4月11日。
東日本大震災から3年と1ヶ月が経過しました。
震災からわずかの期間で、
様々な事情を乗り越えて、
ラスベガスのお父様の元に行かれた
岩手教区の証しを教会長から聞きましたので、
紹介したいと思います。


岩手教区は、震災が起きて一週間もしないうちに
ラスベガスに行くことを決意しました。
当時の状況を考えれば、ラスベガスに行くなどということは、
想像もできない事でした。

しかし教区長は、とてつもない被害を受けた
自分たちの事情を考えるのではなく、
悲惨な状態になった日本と日本の食口を心配され
心を痛めておられる真の御父母様に、
一日でも早く無事な姿をお見せするのが子の道理であると考え、
ラスベガス行きを決意されました。

2011年4月17日、岩手教区の食口は
ラスベガス天和宮にて真の御父母様をお迎えしました。
その時ラスベガスに行った食口の数が55名でした。

真の御父母様は3日前から毎日
「いつ来るのか」と補佐官に尋ねるほど、
岩手の食口が来るのを、首を長くして待っておられました。
集会は真の御父母様の暖かい愛で食口を抱く、
慰労の時間となりました。

55名の中には夫を津波で亡くした食口がいました。
また、家を失った食口もいました。
集会中、教区長が10分間真の御父母様に
報告をする時間がありました。

真の御父母様は、あなたたちは真の御父母様に慰労されに来たのか、
それとも真のご父母様を慰労しに来たのかと尋ねられました。
教区長は「真の御父母様を慰労するために来ました」と答えました。

真の御父母様は終始ニコニコと笑みを浮かべながら、
報告を聞いておられました。
その後、真のご父母様は一時お部屋を出られ、
正装に着替えられて再びお部屋に戻られました。
そして日本の食口が55名来たことを再度確認されて、
突如、後天時代宣布をされました。

そして今から本格的な後天時代が始まると語られました。
後天時代宣布は過去三回なされました。
第一回目は清平にて蘇生段階の後天時代宣布がされ、
第二回目は、2004年5月5日、
麗水にて双合十勝日宣布がなされるときに後天時代宣布がなされました。
今回は三回目の宣布であり、完成段階の後天時代宣布でした。

すなわち真の御父母様はこの日、
後天時代宣布を完成されたのでした。
麗水で後天時代を宣布されるとき、
真の御父母様は55名の日本食口を同参させられた。
5+5=10であり、10数は帰一数です。

すなわち、本然の世界に回帰する後天時代を宣布するためには
@ 新郎である真のお父様と新婦格の日本が一つになること、
A 55名という数的条件
という二つの条件が必要ですが、
今回岩手教区のラスベガス訪問ツアーにおいては
この二つの条件が立てられたため、
歴史的な完成期後天時代宣布がなされるようになったのです。

更に2011年4月17日は天暦3月16日、
すなわち真の御父母様の聖婚記念日でありました。
天は時をぴったり合わせて歴史的宣布をされたのです。


5vdyc[1]iwatesikku.jpg
文先生の元に行かれた岩手のメンバーたち


素晴らしい証しです。
教区長と岩手の食口の決意によって、
お父様が特別な宣布をされました。

「真の親孝行というのは、子が親に会いたい時に
親に会いに行くことではなくて、
親が会いたい時に親を訪ねていくことである」
岩手の教区長はそのような決意をされて、
事情圏を乗り越えて、お父様の元にいかれました。

今、私たちに願われていることなのだと感じます。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

 岩手教区食口のエピソードに関しては
以前に記事で紹介しています ↓
「今日の私の救世主になって下さりありがとうございます」岩手の食口へ




※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
 



posted by ten1ko2 at 11:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 震災・食口の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岩手の食口ですが、行ったのは震災の翌年です。事実関係は正確にお願いします。

Posted by mikio6500 at 2014年04月13日 08:21
mikio6500さん、ありがとうございます。
東日本大震災は、2011年3月11日です。
岩手の食口がラスベガスに行ったのは、同年2011年の4月です。
岩手教区にご確認くだされば、わかると思います。
電話番号はこちらから検索できます。
http://www.ucjp.org/?page_id=91
よろしくお願いします。
Posted by ten1ko2 at 2014年04月14日 18:43
>御言:「3月24日、訓読会での日本食口への御言」、第52回「真の父母の日」の御言
今月号の御言は、3月24日、ラスベガスで宋榮錫総会長が真の父母様に東日本大震災の報告をし、そのときに真のお父様が日本食口に向けて語られたものです。竹の塚教会・岩手教区の「ラスベガスツアーリポート」は必見!新コーナー「カープで活躍する二世たち」が始まりました。

発行日 :2011年5月21日 発行

https://book.kogensha.jp/ps/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=1089
Posted by 通りすがり at 2014年04月16日 15:35
通りすがりさん、貴重な情報、誠にありがとうございました!
Posted by ten1ko2 at 2014年04月17日 07:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック