2014年05月31日

続・17歳の旅立ち 孝行娘が遺した父母へのメッセージ!


1495466_232118636985696_5571231736076725524_n.jpg


韓国で,衛星放送,ケーブルテレビを手がける
JTBCのニュース番組の5月27日の放送で、
先日、沈没船セウォル号の船内で聖和された
祝福家庭2世のキム・ヨンウンさんに関する報道があり、
ご両親がインタビューに答えていました。



日本語訳を紹介します。


[アナウンサー]
故キム・ヨンウンさんの最後の挨拶は
両親に永遠に転送がされないところでした。
友人のパク・イェスルさんの電話を借りて残してきたからです。
ところが、この声を発見したイェスルさん家族は
必ず声の主を見つけなければならならないと公開し、
父兄たちの協力の末,ヨンウンさんであるという事実を明らかにしました。

私たちがペンモク港ではじめて故朴スヒョン君の
ビデオレターをお届けしたのが4月27日のことでした。
今日(27日)が5月27日...ほぼ1ヶ月ぶりに、
学生の最後の挨拶をお伝えすることになりました。
直接、ヨンウンさんの声を見つけだした父兄の協力のおかげでもあります。

ハンユンヂ記者の報道です。

[記者]
故パク・イェスルさんの電話で発見された声の主は
イェスルさんではありませんでした。

[おかあさん、おかあさん、ごめんなさい。
おとうさんも、あまりにも申し訳なくて。
おかあさん、本当にごめんなさい。
そして愛してる、本当に。]

[故パク・イェスルさん弟:姉さんの声とは違います。
(誰声なのかは分からない?) はい。
姉さんの声はそれより澄んだ声というか。]

この時、イェスルさんの声が小さく聞こえます。

[祈りましょう。祈りましょう、祈りましょう。]

[故パク・イェスルさんの弟:「祈りましょう、祈りましょう。」
それが姉さんの声です。]

このように声の主捜しが始まり、
20人近くの父兄が自分のことのように進み出ました。
そして、ついに、日本人のお母さんと
韓国人のお父さんが見つけ出されたのです。

[キム•ジョンホ(故キム・ヨンウンさんの父):わかります。
17年間、手塩にかけて育ててきましたから。
家に帰ってくれば、抱くようにして暮らしていましたから。
娘の声ですね。]

[中島やよい/故キム・ヨンウンさんの母:ヨンウンなら、
こんなふうに話すと思います。
お母さんごめんなさい、お父さん愛してるとか。]

想像しないプレゼントをもらった両親は
ヨンウンが永遠に去ったのでなく、
引っ越ししたものと信じています。

[キム・ジョンホ(故キム・ヨンウンさんの父):
今後残った子供とこれまで以上に一生懸命生きていかないといけないですね。
それでこそ引っ越ししたヨンウンも喜べるでしょう。]

間違ったのは大人たちなのに、
かえって「ごめんなさい」というヨンウンさんの別れの挨拶は皆の心を打ちます。

[おかあさん、おかあさん、ごめんなさい。
おとうさんも、あまりにも申し訳なくて。
おかあさん、本当にごめんなさい。
そして愛してる、本当に。]



ヨンウンさんの最後の声が、
聖和式からちょうど1ヵ月後に
発見されたのは、奇跡的です。

また、皆様も感じると思いますし、
記者もコメントしているように、
「ごめんなさい」という言葉が胸を打ちます。。。
そして「愛しています」と。

事故の問題は、大人の問題なのに、
そのことよりも自分が両親に会うことができない、
本当に申し訳ない、でも愛している・・・
そんな思いが言葉に出たように思います。
本当に親に対する孝行の心情が表れています。

また、ご両親も「引越しをしただけだ」と言っています。
すぐ隣の世界、霊界にいることを表現しているのです。

いつもご両親とともにあるキム・ヨンウンさん。
ご家族もキム・ヨンウンさんも本当に幸せな生活を
送ることを心から願います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)
posted by ten1ko2 at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック