2014年06月05日

アメリカは神様の希望! そして私も、父母の希望?! 〈聖地決定の御跡をたどる巡礼ツアー、米〉


moon_web_2257_s630x926.jpg


君たちが一緒にいてくれることが
とても大切なんだよ。


聖地決定の行程でのお父様のみ言



ファミリーフォーラムにアメリカ
マイケルバルコム会長の
「アメリカは神様の希望」と題した
メッセージが紹介されています。


皆さん、こんにちは。
6月1日、日曜日を迎えました。
今日は、1965年に真のご父母様が決定された
55か所の聖地を巡る聖地巡礼復興ツアー
「アメリカに対する神様の希望」、
この壮大な計画についてもう少しお話したいと思います。

お父様が初めてアメリカに来られて
聖地を決定されたのはずいぶん昔なのに、
なぜ今になって全ての聖地を回るのですか
という質問をする人もいました。
その背景についてお話しましょう。

数ヶ月前、金会長と私は真のお母様とお会いして
聖和2周年についての話をしました。
その時、お母様はご父母様が
長年アメリカで成された業績を証したいと強く願われ、
神様と御父母様のアメリカに対するビジョン、
精神、希望を一番効果的に表現するには
どうすればよいか考えるように言われました。

私は原点に帰ること、ルーツに戻ることが必要だと思いました。
そして、聖地巡礼ツアーの意義を紹介するビデオを作成しました。
その時から大きなインスピレーションと祝福を受けるようになりました。
この国のメンバー全員がツアーに参加することを
神様は強く願っておられることを感じました。

テーマは3つ、追憶(remembering)、
復興(reviving)、再想起(reimagining)です。

まず、アメリカで真のご父母様が尽してこられた内容、
我々が真のお父様と成した事柄を思い出すことです。

二番目にお父様のビジョンと精神を復興させ、
アメリカが長子国家として世界に貢献すること、
そして世界の光であることを再確認することです。

最後に私たちの役割を再び明確にして
2020年に向けて前進していくことです。

ここでもう一度、聖地巡礼復興ツアーの紹介ビデオをご覧になって、
皆さんと皆さんの家族が、
地元の聖地イベントに参加するだけではなく
全行程に参加できないか考えてみて下さい。


(金ギフン会長のメッセージ)

2,3週間前に世界の指導者達と共に
真のお母様にお会いする機会がありました。
そこで43州55都市、聖地巡礼ツアーの話をしました。
この話を真のお母様にした所、
アメリカ家庭教会が真のご父母様の遺業を相続し
継承していくことを大変喜ばれました。
是非皆さんの地元の聖地イベントに参加するか、
サンフランシスコに来てそこから全行程に参加して
真のご父母様の精神を思い起こして下さい。 


金会長、ありがとうございました。

当時、真の父母様と聖地決定の行程を共にした
兄弟姉妹たちの証を最近読みました。
彼らの真のお父様との出会いが
いかに新鮮で人間味に満ちたものであったかを知り、
衝撃を受けました。
直接お父様と出会い一緒に旅をして
アメリカの景観を眺めながら、
聖地を決定していくことがどれほど感動的であったかを知りました。

それは簡単な旅ではありませんでした。
ある都市ではとても寒くて聖地から逃げ出したい時もあったそうですが、
いつも最後にお父様は彼らに
「君たちが一緒にいてくれることがとても大切なんだよ」
と感謝して言われたそうです。

どうか皆さん、このツアーに参加してサポートして下さい。
ツアーのバスに乗って、あるいは、
ツアーが地元に来た時だけでも参加して下さい。

貴重な真理とインスピレーションを
アメリカにもたらした初期開拓者の精神を感じて下さい。
これは教会再建だけの話ではありません、
もちろんそれも重要ですが、
神様のアメリカに対する願い(ビジョン)を復興させるものです。
金会長も言われるようにアメリカは神様の希望なのです。
アメリカは世界をリードして神の国を建設する事ができる国です。

あと3週間後にサンフランシスコから出発します。
どうかサンフランシスコでの出発式、
そして地元の聖地イベントに参加して下さい。
バスに一緒に乗って、この体験を真剣に受け止めて、
皆さんの家庭と未来のための財産にして下さい。
サポートありがとうございます。
ツアーバスでお会いしましょう。




真のお父様は1970年代前半、
3つのテーマを持ってアメリカに臨まれました。
「God’s hope for America」アメリカに対する神の希望
「God’s hope for humanity」人類に対する神の希望
「The future of Christianity」キリスト教の未来・・・

しかし最近見つかったお父様の自筆原稿によると
最初のテーマは元々「アメリカは神の希望」
America is God’s hope だったそうです。

このツアーを通して、
アメリカが復興し、長子国として、
さらなる使命を果たされることをお祈りいたします。

真のお父様のご聖和2周年に向け、
お父様の霊が喜んで臨んでくださるように
私たちこそが、神様の希望であり、
ご父母様の希望でありますから、
日本においても、心を準備して捧げていきたいと思うのです。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック