2014年06月27日

理想家庭は、神のみ旨?! 夢も家族も自分も、絶対に諦めない! 《多田講師の家庭力UP講座》


moon_web_2240_s630x448tp.jpg


「おまえ、最近美しくなったね」
「あなたが愛してくれるからよ」
というのろけ話も、
実は「神のみ旨」なのです



本部の多田講師が
「理想家庭をつくることは『神のみ旨』」と題して、
「家庭力アップ講座」の導入をしています。

「み旨」のために、ただただ家族を犠牲にし、
自分を犠牲にしてきた先天時代はすでに終わりました。
今は、教会も、家庭も証す時代なのでしょう。

とはいえ、何をどうしたらいいか戸惑う私たち。
多田講師のみ言は、神様から伝授された
天一国時代の私たちがどのように愛を実践していくのか、
という分かりやすい手引きです。

要約して紹介します。


「統一原理」は、理想家庭をつくるために重要な内容です。
先天時代においては、私たちの個人の信仰を育むための原理観でしたが、
基元節以降は、家庭信仰として実践する原理として
理解を深めていく必要があります。

キリスト教は、岩の上に教会を立てました。
その岩とは、個人の信仰が基盤でした。
しかし、今は岩とは、家庭に根付く信仰と愛のことです。
家庭信仰と愛の上に教会がしっかりと立つことができます。

また、信仰で終わることなく、「信仰は、愛を育てる刺激」として、
信仰を通して家庭での愛をはぐくんでいく必要があります。
聖書に「山を動かすほどの信仰があったとしても、
愛がなければ騒がしい乳鉢と同じである」
とあるように、家庭が愛にあふれて初めて理想家庭です。

「神のみ旨」とは、理想家庭をつくること。
また神のものとの人類一家族の世界を作ることです。
自分の家庭を理想家庭としてつくり上げ、
その上に氏族的メシヤの勝利があり、
天一国の建設が出発することになります。

夫婦でお茶を飲みながら家族について話し合うことも、
「おまえ、最近美しくなったね」、
「あなたが愛してくれるからよ」というのろけ話も、
実は「神のみ旨」なのです。
このみ旨を忘れて生きていくことはできません。

この講座は、親は子供の「やる気」と「思いやりの心」、
「感謝の心」が育つような、
真の愛情に包まれた教育環境を整えること
が大切です。
これが第一の目的となります。

家庭力アップ講座には、四つの観点が大切になります。
第一に、親の愛が子供に届くこと。
第二に、子供が育つ環境を作ること。
第三は、親が目的に向かって成長すること。
第四に、家庭のゴールを明確にすることです。


私達の愛する家庭であれば一層、
絆を深めてゴールを一致する必要があります。
家庭の目的が明確になったときに、
いろいろ問題が起きたとしても家庭の軌道修正ができるようになります。
ですから、この「家庭力アップ講座」ではまず、
家族が一つの目的に向かって生活出来るようにするために家族会議しながら、
具体的な家族の共通の目的を話し合います。
ですから、家族会議のできる家族となることが第二の目的です。

そして、社会の為に家族ボランティアをできるようにしていきます。
社会への奉仕こそ、家族の中で育んできた、
人の為に生きる文化を社会で一つ一つ実践することとなるのです。
これが第三の目的です。
 
この学習を始めるにあたり、たとえどんなことがあっても、
夢をあきらめない、
家族をあきらめない、
自分をあきらめない、

この三点を忘れないようにしてまいりましよう。


家庭力アップ講座の
第一の目的は、
「やる気」と「思いやりの心」、「感謝の心」を育てること。

第二の目的は、
家族会議のできる家族となること。

そして、第三の目的は、
家族ボランティアをできるようにすること。

今は、本当に時代が変わりました。
「私」が「私の家庭」が証し人になること。
本当にこれが重要です。

摂理を進める推進力、原動力が
まさに家庭力アップなのだと思います。

家内も先日本部で行われた
「家庭力アップ講座」に参加しました。
家内が関心を持ってくれていることが
本当にありがたいです。

先輩家庭も数多く参加していたというので、
そういう意味でも相続することも
たくさんあると思います。

また、随時アップしていきます。

※ 余談ですが、多田部長が
本を出されたそうです↓
通いはじめる親子の心


19081.jpg




応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック