2014年07月10日

世界中が応援し、霊界のお父様が応援する伝道活動! ネットと霊界の有効活用?!


10300660_771665586201561_5944103719502611671_nSwitzerlandMay2011.jpg


霊界の真のお父様は、
前線で歩んでいるメンバーを
意識して下さっています!



伝道活動を通して、
感じる内容を書こうと思います。

全国、全世界で天の願いに応えようと
必死に歩んでいる兄弟姉妹たち・・・

昔の先輩たちはお互いどんな歩みをしているのか、
詳しくわからない状況でした。

松本ママが40日開拓伝道で名古屋で歩んだとき、
見事に勝利して、教会を建設することができました。
そして、西川先生に電報を打ちました。
「ナコヤ(名古屋)ノサタンノクヒ(首)オチタリ」
その時、電話局でこう言われたといいます。
「この言葉は間違いではないのか?」

今や、インターネット時代となり、瞬時に何でも
伝え合うことができます。
お金もかからず、電話局に出向く必要もありません。

誰がどんな活動をしているのか、
具体的な結果も全てインターネットで知ることができます。
写真も映像も流れてきます。

SNSなどを通して、活動内容を知るにつけ、
とても励まされますし、やる気も湧いてきます。
また、私達の活動を紹介すると
刺激を受けてくださる方も多くおられて、
それも励みになり、さらに頑張ろうと思わされます。

こういうのが、インターネットの有効活用なのではないかと思います。


最近では、例えばこのようなニュースもあります。

PeaceTVでは、タイの祝福家庭が
100名以上の親族を集めて
氏族メシヤ修練会を開き、
数十組の祝福を授け、40日聖別を出発した、
そんな証しを聞きました。
本当に頑張っておられます。

また、ある教会で、
わずかの期間で2名の方に祝福を授けることが出来た
婦人は、このように証ししていました。

「真のお母様が真のお父様に
前線で頑張っている兄弟姉妹のことを報告され、
お父様がとても喜ばれた、霊界での真のお父様は、
前線で歩んでいるメンバー意識して下さっているということを知り、
本当にうれしく思いました。
その時から私は、真のお父様のことをいつも意識するようになり、
必ず伝道しようという情熱が込み上げるようになりました」



世界に仲間がいるし、霊界にはお父様はじめ
強い味方がついています。

ネット世界は霊界に似て、瞬時によい情報を
愛を添えて伝達することができます。
今後、霊界でのお父様の様子や
霊界が働いているという証しを
更に世界中に伝えて、伝道の霊肉合同作戦を
展開していきたいと思います。

毎週、駅頭で街頭遊説をしていますが、
耳を傾ける人はほとんどいません。
みんな自分の思いで生活しています。
神様のことを知らず、真の父母様を知らず、
その日のこと、目の前のことで精一杯生きているひとたち。

今この時に、真の父母様がおられるにも関わらず、
そのことを知らず、また知っていても
その価値を知らずに生きている人たち・・・

神様はどんな思いでおられるのだろうかと思うと、
歯がゆい気持ちでどうすることも出来ないときがあります。

まさに、最前線に神様がおられると感じます。
足らない者ではありますが、
前線に神様が待っておられる、
霊的に真のお父様が待っておられる・・・
そのことを思いながら、
これからも最前線に向かっていきたいと思います。


お父様のみ言

先生はどんなに苦労が絶えなくても
もっと苦労しようと思います。
もっと誤解され、もっと非難されようとも
それに一言の文句も言わず、すべてを受け
携えて霊界に行こうと思います。
そして引き続いて伝統を立てていきます。
そうすれば
いずれは我々のやっていること
我々の真理は勝利を収めるようになります。
先生は分かっています。
だから先生は霊界にいても
地上にいても働き続けるのです。


愛のシンフォニーB
「 主の道 」
写真で見る文鮮明氏の路程 より




応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック