2014年08月22日

後世に遺す「真の父母様歴史記録院」奉献!! 《お母様の祝祷とみ言》



58e3da5290390b1afa3f59ad780961a7-600x450.jpg


父母様に侍って生きた皆さんの生涯は、
歴史記録院に生き生きと残るでしょう




天宙聖和2周年記念事業の一環として
「真の父母様歴史記録院」を奉献されたことは
以前にもお伝えしました。こちら

『天宙聖和2周年News VISION2020 特集号』に
もう少し詳しく掲載されていましたので、
その中から、真のお母様の祝祷と、み言を紹介します。



尊い天の父母様!
今日、天一国2年天暦7月13日を期して、
真の父母様の歴史記録院を天の父母様と
真の父母様の前に奉献することができる時間を
許諾してくださり感謝いたします。

これまで多くの努力と精誠とご苦労が
あなたの愛する息子、娘たちの名前を立てて、
この尊い時間を天の前に奉献することができるように
許諾してくださったことに感謝いたします。

今後、真の父母様が人類をどれほど愛され
摂理歴史の完成のために、多くの努力をされた
歴史的な記録が保存されたこの場所に
今や、これから真の父母様の生涯博物館が
建設されると同時に、より大きく、天の前に、
この宝石のようなこの記録院をよく保存し、
大きく後世のために奉献しようとするみ旨がありますので、
お父様が全体を引き受けて、主管・主掌してくださり、
改めて今日を受けるように
許可してくださることに感謝いたしますので、
すべてのみ言葉を
真の父母様の名によってお祈りいたします。

アージュ。




以上が祝祷、その後、真のお母様は
以下のようにみ言を語られました。



歴史記録院奉献式に出席するためにこちらに来ながら、
『真の父母様が世界摂理を主管された
ラスベガス摂理の現場を
死ぬ前に見なければならないという思いで、
ラスベガスに来た』
という古い日本の食口のことが思い出されました。

真の父母様が住まわれたところで、
真の父母様の香りと愛を感じてみたい
世界食口のために、
漢南洞公館を活用する計画です。

真の父母様が導いて来られた摂理歴史を通して、
多くのことを見て学んだ皆さんは、
如何なる生を生きて生涯を終えるべきかを知っているでしょう。

皆さんの当代に、結び目を結び
実りを結ばなければなりません。

父母様に侍って生きた皆さんの生涯は、
歴史記録院に生き生きと残るでしょう。

孝子・孝女・忠臣になりましょう。
先祖となって、真の主人にならなければなりません。
実践躬行しましょう。




「真の父母様歴史記録院」は
世界平和統一家庭連合の協会本部2階に開設されました。

真の父母様の歴史的な遺物は、
完全に保管・維持できる施設が不備で、
資料が急激に毀損したり、
火災、紛失などのリスクにさらされてきたそうです。

今回、真のお母様の特別な賜物で
このように『真の父母様歴史記録院』が新たに開院され、
千金にも代え難い天の摂理の歴史的資料を
最高の施設の中に安全に保存されるようになったことは、
本当に素晴らしいことだと思います。

音声テープや映像フィルム、
117万点以上の写真データなど、
様々な形で保存された統一教会の資料の数々や、
草創期に御父母様が使用された記念の品々、
今までマスコミに報道された記事、
『原理解説』や『原理講論』の制作資料、
草創期の教会の看板、
関連団体のロゴマークなどが保管されているそうです。

今は、統一食口のみしか
この価値がわからないと思いますが、
将来は、全国・全世界から人々がこぞって
訪れることになると思います。

真のお母様は、今後、漢南洞公館を
御父母様の香りと愛を感じることができるように
準備されるそうです。

先日、紹介したアメリカ聖地ツアーにおいても
聖地を通して、真の父母様の心情に触れる人たちが
たくさんおられたそうです。
父母様の心情に触れることのできる特権を味わうことが
できることを心から感謝しつつ、
さらに父母様との心情を深めることができるよう
日々の精誠を積み重ねていきたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ





※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック