2014年09月27日

アフリカ兄弟の遺業〜真の父母様聖和2周年記念行事に隠されたストーリー〜



アフリカ特命大使のキャシーリグニー氏が、
TPマガジン9月号に投稿された証しです。
題名は、今日のブログの題目と同じです。



アフリカはすべてのものからとても遠く離れている。
多くの国家指導者たちは、インターネットが繋がれていない環境で生活しているため、
それが必要な場合にはインターネットカフェのような所に行かなければならない。
しかしお金を使う余裕もない。
一日三食をすべて食べることが出来ないかも知れない。
彼らには、韓国を含めた他の国々の活動に劣らないこと自体が挑戦だ。
それにもかかわらずレソト国王が、韓国で開かれた世界首脳会議に参加した。
レソトは南アフリカ共和国に取り囲まれた小さな国家だ。
この国には非常に立派な王と王妃がいる。
国王は国を変えたがっており、とても威厳があり、多くの教育を受けた人である。
彼はダークウェル・サカーラ協会長夫婦を通じて、世界首脳会議に参加した。
ダークウェル協会長はレソト出身ではなく、
10年前ザンビアから開拓宣教師として派遣された。
彼らはとてもみすぼらしい家に住み、
恐らく一日二食のみ食べながら生活しているだろう。
とても貧しくて、子供を学校に行かせることができない位に、
やっとのことで生活を維持している。
それでも彼らは外に出て奉仕活動をする。

ある時レソト副総理と因縁を結んで関係をもち続けて来た。
政府庁舍まで乗って行く車もなかったため、
彼に直接会う事は出来ず、それでも関係を続けて来た。
そうするうちに一つの方案を見つけた。
彼らは私に連絡をして来たが、私は「これは本当の事であろうか?」と疑った。
私たちは国家首脳たちを招待しようと努力している最中だった。
私は「この貧しい夫婦が本当に国王を首脳会議に連れて来ることができるか?」
と半信半疑でレソトに行き、私たちは副総理に会いに行った。
すると彼はすぐに国王に謁見することができるようにしてくれた。
そして国王は直ちにその席で世界首脳会議への参加を承諾した。
今回の仕事は、UPF世界本部の招請やアフリカの
他の高い指導者を通じて行われた事ではない。
若くて非常に貧しい兄弟姉妹が努力した結果だ。

今回の出来事を通じて神様が必ず役事され、
私たちがどんな障害も乗り越えることができることを見せてくれた。
国王レツィエ3世は世界首脳会議で一番注目された人物だった。
彼は深い洞察力を持っているし、口が非常に達者である。
韓国のセマウル運動の関係者たちに会ったが、
彼らは国王として礼遇してくれた。
また三星グループも訪問した。
レソト国王の訪韓の知らせを聞くや否や、彼を招待したのだ。
韓国政府も介入して彼が韓国にいる間は
国家元首の資格で訪韓するように待偶してくれた。

私たちは国家指導者たちが全世界の活動と
コミュニケーションの力量を強化して、
どんな所でどんなことが起っているのかを知り、
彼らの国家を正しい方向に導くことができるよう願う。
とてつもない個人的な犠牲と困難にも関わらず、
深い信仰を持った兄弟姉妹がそのような人物を参加させる話もある。
時々私たちは苦しみながら、私たちの教会が
より組織的ではなければならないとか、あれこれ変える必要があると思う。
しかし天の父母様はどんな環境にも臨まれることができる。
まだ経験が浅い兄弟を通じて役事なさったように。

レソトを訪問した時、私たちは国王と王妃に
挨拶に行く予定だったためホテルに泊った。
私はダークウェル協会長に彼らの家に行って、
子供たちと会いたいと言った。
ホテルから彼のとても素朴な家に行き、
二名の祝福を受けた娘たちに会った事はとても印象深い出来事だった。
全世界の食口たちが聞くべきストーリーがある。
彼のように想像することができない環境で生活する兄弟姉妹たちがいるが、
彼らはこのような成果を成した。
私はこのストーリーがまた別の困難に直面している食口に
勇気とインスピレーションを与えることができると思う。
私たちは成果を出しにくいと思いがちであるが、
いつも天の父母様が役事されることで、
そのような結果を可能にしてくださる準備が
出来ているということを知るべきである。



素晴らしい証しですね。。。

今回の世界首脳会議においては、
世界各国から現職または、前職の国家元首や閣僚が多数
参加していると聞いていました。

しかし、今回、アフリカの小国であったとしても
一国の長である国王が来られたということ、
さらには、一食口の呼びかけで来られたことは、
まさに奇跡的なことであると言わざるを得ません。

また、このようなことは、今の私たちにも
勇気と希望を与えられるものであると感じます。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック