2014年10月31日

〜カナダからの手紙〜 23年前、お母様を後継者として立てられていた?!



2010694827_orig.jpg


私は真のアダムを象徴する。
真のお母様は真のエバを象徴し…
カナダは、本来のエバ国家であった
イギリスの延長線上にいる




めずらしい、カナダからの証しがありました。
真のご父母様は数えるほどしか、訪問されていないようですが、
その時の貴重な証しです。

カナダと言えば、20年以上前、エバ国日本と
お母様にまつわる特別な儀式が行われたことを、
記憶されている方もおられることでしょう。
その時の詳しい状況も含めてお伝えします。

これは、TPマガジン10月号に掲載されたもので、
『真の父母様のカナダ摂理と愛』と題し
UPF カナダ支部事務総長のフランコ・ファミュラロ氏が
寄稿されたものです。
少し編集して大事だと思う部分をお伝えします。



真のお父様が初めてカナダに訪問されたのは、
1971年12月12日 のことでした。
じつは、1971年真のお父様は
宣教活動を始めるために、アメリカに向かわれました。
しかし米政府は当初、真のお父様の入国を許容しなかったのです。
当時10人にもならなかったカナダの食口が、
急に真のお父様がトロント空港に到着する予定という事実を知りました。
アメリカに入国のビザをもらうためだったわけです。

当時、カナダの食口は市内のやや小さい
長屋を借りて暮らしていました。
真の父母様はカナダに到着されるや否や
ホテルの予約を取り消すよう指示され、
食口たちと共に泊まられると言われました。
そこには家具がなく、ベッドさえなくて、
真の父母様は長屋の最上階の寝室の床に置かれていた
マットレスでお休みになられました。

生まれて初めて霊的指導者とお会いできたという事実に、
おろおろとどうしてよいかわからず、緊張した食口の心を
真のお父様は楽にしようとされました。
真のお父様は、年令や職業あるいは入教してからどの位経つかなど、
個人的な質問をされ、食口たちと自由に時間を過ごされました。
そして家族アルバムを見せてくださり、夜明けの2時まで
韓国の運命とアメリカに対する計画などについて、語ってくだいました。

翌朝、男性食口の中の誰かが、唯一あった浴室を使っていたため、
簡易キッチンでひげ剃りをしている途中、
鏡を通じて誰かを見かけました。
そのおかたは、肌着の身なりで洗顔するために
近付いて来られた真のお父様でした。
それほど当時の環境は親密な状況だったのです。

毎日夕方、真のお父様は多くの国に対する心配と
復帰摂理における真の父母様の役割、
そして神様の摂理について夜遅くまで語られました。

12月14日にはみ言を終えられ、
「祈祷を捧げる時、自分自身のためではなく他人のために祈りなさい。
そうすれば、その結果は皆さんのものになるでしょう。
皆さんの家庭のために祈らずに、神様が皆さんを犠牲にし、
カナダを救い世界を救われるように祈りなさい!」
とおっしゃいました。


1991年6月14日、2回目に訪問された時、
真の父母様は夜中の3時を少し過ぎ、自動車でカナダに到着されました。
そして午前7時頃、真の父母様が同行した日本食口たちと
特別な儀式を持たれました。

その時参加した日本食口の報告によると、
真のお父様は祈祷をされた後、
ご自身が霊界に逝かれてから、ご自身のメシヤ的な使命を
真のお母様がずっと引き継いでいくことを
誓うようにされたというのです。

そして真のお父様は日本食口たちを証人として立てた前で、
真のお母様に、日本語でそのようにするという誓いをさせられました。

真のお母様がみ言通りおっしゃると、
真のお父様はカナダでこのような儀式を行った重要性に対して、

「私は真のアダムを象徴する。
真のお母様は真のエバを象徴し、
4人の日本女性たちは世界的なエバ国家である日本の核心的な代表たちです。
カナダが本来のエバ国家であったイギリスの延長線上にいるため、
このような儀式をここで行ったのだ。」
と説明してくださいました。

真のお父様は真のお母様の使命を中心として、
新時代の出発を現わす儀式が行われた後、
真のお母様と日本女性4人が一致団結するように
勇気を引き立ててくださいました。



お父様がお母様に対して、
メシヤの使命をお母様が引き継ぐように
23年前に、そのことをすでに指示されていました。

カナダでこのような儀式があったということは、
その当時聞いた事はありましたが、
日本語でお母様が誓いを立てたなど、
詳細な様子は初めて知りました。

やはり、日本は母の国の使命があるので、
真の母であられるお母様が、その時
日本語で語られたのは、意味があると思います。

そんな過去の土台があって、
真のお母様はご自身でみ旨を成就する、
そのように20年も前から準備されていたのです。

お父様の命を受けて、最前線で歩まれる
真のお母様をお支えする「私」になっていきたいです。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック