2014年12月31日

2014最後の記事は、お父様の証しです! ☆今年もありがとうございました☆



Af810CXCIAE138m.jpg


先日、李海玉サモニムの集会で、
真のお父様の証しをされていました。

いくつか、不定期で紹介します。


私は、夫がヨーロッパ大陸の会長をしていたとき、
真のお父様がヨーロッパに来られるたびに、
お父様の接待をする役目を仰せつかっていました。

お父様の寝室にも入ることがありました。

お父様が休まれるベッドは
いつも綺麗なのです。
人が休んだ気配を感じないのです。

ある時は、大きなベッドなのに、
すみのほうに、少し窪みがあって
そこにお父様が休まれたのだな、
そこで祈っておられたのだろうか、
そう思いました。

全世界で食口たちが
懸命に精誠を立てて歩んでいるので、
こちらでは、夜中でも、
たとえば、日本では昼間なので、
その精誠ゆえに休むことが出来ないというのです。

だから、お父様は休む時間もなく、
また、たとえ休んでも、小さく、
丸くなって休んでおられるのです。
(文責 ten1ko2)



お父様は、気持ちを緩くして
大の字になってゆっくりと
休むことが一日でもあったでしょうか。。。

最前線で苦労して歩んでいる全世界の兄弟姉妹に
思いを寄せておられる真のお父様だったに違いありません。

そして、その思いをそのまま相続しているのが、
真のお母様に違いないのです。

そんなお母様に思いを馳せながら、
来年も飛躍する年にしていきたいと思います。



今年も皆様のおかげで、
何とかブログを継続することができました。
本当にありがとうございました。
来年も細く長く、頑張っていきます。
皆様、良いお年をお迎えください。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 10:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あまりにも素晴らしくて理想ですが私自身は、本当に難しい事です。
私自身は、まだまだ意識の低さと精誠が足りないので、来年こそは、少し位は理解できるように頑張ります。
大変忙しい中、厳しい言葉も多かったですが、来年もよろしくお願いいたします。

Posted by 花火と案 at 2014年12月31日 12:56
来年も頑張ってください。松坂龍太郎
Posted by 松坂龍太郎 at 2014年12月31日 18:30
花火と案さん、返信遅くなりました。
自戒の意味もこめて書いている内容も多いので、厳しい言葉も多いかも知れません。
ご了承ください。
今年もよろしくお願いいたします。
Posted by ten1ko2 at 2015年01月18日 07:52
松坂龍太郎さん、返信おそくなりました。
お読みくださり、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
Posted by ten1ko2 at 2015年01月18日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック