2015年01月03日

今、お母様はラスベガスで?! 56年前の今日は?! 2015、私たちのゴールとは?!



new_gimg001[1].jpg


真のお母様は
アメリカ・ラスベガスの地で
陽暦の新年を迎えられました。

ラスベガスのピースパレスを教育の中心地としながら、
真のお母様は、伝道教育に力を入れています。

ところで、今から56年前、1959年1月2日、
初めてアメリカに宣教師が派遣されました。

梨花女子大から教授職免職処分を受けてまで、
み旨のための情熱を燃やされた金永雲(キム ヨンウン)教授を、
真の父母様が、原理のみ言で武装させ、米国オレゴン州に
開拓伝道に送られた、その日なのです。


陽暦2015年の1月1日、天正宮訓読会が行われました。
ユ・ギョンソク会長のみ言を紹介します。

食口の皆さん、2015年という一年を迎えました。
ご父母様はラスベガスで摂理の新しい時代を開いていくべき
青年、大学生、2世圏の中心指導者たちを集められ、
今、一生懸命伝道活動をされています。

21世紀、最もサタン的都市ということができるラスベガスで直接、
摂理の一線で伝道活動を陣頭指揮されておられます。

それとともに、私は過去60年の統一家の歴史を回顧して、
1950年前半から中盤にかけ、真のお父様が
キリスト教の心臓部であった延世大、梨花女子大を中心として、
神様の新しい歴史を出発するために
若いクリスチャンの青年達を探し立てるために過ごされた
苦闘の瞬間を思い出しました。

過去60年を改めて振り返ってみると、
新しい時代を開いていくための真の父母様の苦闘がここにあるのです。

天一国の新しい時代、ご父母様の歩みが、なぜそのように
天の摂理を冷笑するその場所(ラスベガス)でみ言を伝えるために
身悶えしておられるのだろうと考えて見たとき、
そこには深い摂理的理解があります。

その中で、今一度、神様の国である天一国を
この地に定着させていく熱い情熱を統一家の祝福家庭、
食口そして世界の前に見せたかった
ご父母様の深い切なる願いが込められているのです。

過去1年間のご父母様のみ言を考察してみると
祝福家庭の共同体、統一家の共同体、心情文化共同体の文化が、
天を中心とする私たちの生活の中に現れ、
この世の中に私たちの生活を通じて
定着させなければならない時になりました。




今日は箱根駅伝の復路でしたね。
多くの先輩がたの精誠によって、
タスキが受け継がれていきました。

もっというならば、長い歴史の中心人物の歩みがあって
今の私たちがこの場にいるのです。

そのことに改めて感謝しながら、
ゴールに向かって、多くの声援を受けて走っている
駅伝選手に自分を重ねつつ、
今年もさらに決意していきたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック