2015年01月05日

真実を明かしなさい! 《お母様が米・聖職者に語られたみ言》



20141219aclc.jpg

皆さんに従っている羊たちに
真実を明らかにしなければなりません。

皆さんは新しく生まれた真の父母様の子女です。
父母様を知らない70億人類を
皆さんは考えなければなりません




昨年、12月19日、ラスベガスにおいて行われた
ACLC(アメリカ聖職者指導者会議)で、
真のお母様が講演をされました。

み言の中でお母様は、
神様が選民、イスラエル民族を探し立てられ、
また、イエス様を送られた内容について、
さらに、アメリカに渡った清教徒たちの信仰と犠牲により、
天が祝福する世界の代表国となったことなどお話された上で、
集まった米聖職者たちに、熱いみ言を語られました。

長文ですが、み言の冒頭と、後半部分を抜粋して紹介します。



「天一国の先駆者」


皆さんの顔を見ると嬉しいです 
会いたかったです

きょう、皆さんに対しながら一瞬浮び上がった言葉があります
私たちの集会が、
「公的なのか、私的なのか、
天の摂理歴史を中心に見る時、
中心人物と私たちはどんな関係なのか?」ということです

皆さんは聖職者という名称を持っていますか?
聖職者、易しいとは言えない職業です 
そうですか、そうではありませんか?

*

天は愛であられます
人類歴史を見る時、アダムとエバの間違いで
堕落した世の中が生じたことを皆さんはご存じでしょう
天は初めに立てられたそのみ旨を必ず成されるでしょう

イエス様がお亡くなりになられながら
「再び来る!」と言いました
再び来られ、何をすると言いましたか?
小羊の宴が何ですか?
家庭を持とうと言うのです
父母になろうと言うのです
イエス様の誕生は当時、
真の父母とならなければならなかったためです

当時の状況はローマ帝国という
巨大な国が存在していました
当時イスラエル民族がイエス様と一つとなり
責任を果たしていたならば
どのようになっていたでしょうか?

*

今日のアメリカの責任が大きいのです
ですから真の父母様は生涯40年という
黄金期とも言えるようなその期間をアメリカで過ごされました
真の父母であられるため、人類を抱くべき
父母様であられるため、その辛い道を行かれました
しかし、アメリカという国は実際はどうでしたか?

本来の摂理を段々忘れかけている
この国を心配される天は
レバレント・ムーンをこの国に送られました

家庭破綻、青少年問題、思想問題
民主世界だとは言うけれど
共産世界に段々呑み込まれる
この国を救われるために
「私は燃えているこの国に消防士として来た。
私は病んでいるこの国に医者として来た。」と言われました

始めはその声に良心的なたくさんの群れたちが
同調し、感謝していました
しかしその勢力が段々大きくなるにつれて
摂理のみ旨を知らない人々は
脅威を感じたのも事実でしょう

しかし真の父母なのです 
世の父母も子供が成功することを願うのに
天の父母様が
ご自身のために子供が失敗するのを願う、
そのような気持ちがあるでしょうか?

そのような状況で、
ダンベリー刑務所まで連れて行ったのがこの国です
しかし父母であられるため、許しました

*

きょう、皆さんに懇切に出会いたかった理由は
これから皆さんが真実を明らかにしなければなりません
摂理歴史は段階的に発展して来ました
しかしまだ旧約時代、新約時代に生きている
多くの群れがいます その群れを教育し
率いて行くのが皆様、聖職者ではありませんか

しかしいつでも同じ、座った場で彼らを救おうと
保護しようと考えていてはいけません 
時があるのです

摂理歴史は成約時代を越えて
先ほどビデオを通してご覧になったと思います
天一国の新たな歴史を切り開いています
そうであるならば皆さんはどのようにしなければなりませんか?

皆さんは肉身を使ったこの世の事件にだけ
調節してくださる方ではないでしょう
皆さんは霊界の存在を知っています
その霊界が私たちの最後に行くべき場所です

肉身を使った生活は百年を越えることは難しいのです
しかし私たちは永遠な世界を見て進んでいます
そうであるならば、この間違った肉身を使った世界の
すべてから脱皮しなければなりません
その永遠なる世界を迎えることの出来る私の身体と心
家族、親族、国とならなければなりません
どんなによい場所でも一人では寂しいのです

わかりましたか?
愛する皆さんの家族と氏族と国を
率いて行く皆さんであるため
皆さんが今や真実を明らかにして
進んでいかなければなりません

今日、全世界的に数多くの問題があります
明日を予測することの出来ない、不安な状態です
人間の失敗と人間の悪しき考えにより
この美しい自然界が破壊されています
私の人生は百年も生きられないと言うけれど
自分の後孫にはより健康な地球の環境圏で
幸せな人生を生き
永遠なる世界に来るようにしてあげることが
現時点にいる皆さん、父母の決心です 
わかりましたか?

*

ですから皆さんは皆さんに従っている羊たちに
真実を明らかにしなければなりません
二千年前、イスラエル民族の前に現れた、
現れなければならなかった
真の父母が、(選民たちの)失敗により
「再び来る!」と言われて逝かれたイエス様でありましたが
二千年後に再臨メシヤ、真の父母様によって
すべての蕩減復帰摂理歴史は完成・完結しました

皆さんは新しく生まれた真の父母様の子女です
そうであるならば父母様と父母様を知らない
70億人類を皆さんは考えなければなりません

本来、真の父母様がアメリカを中心として精誠を立てられたのは
この国を通して世界を抱こうとされたからです
特に、最後にラスベガス摂理をみた時はどうでしょうか?
ここは罪悪の都市(Sin City)とも言いますが、
真の父母様によって真の家庭運動、純潔運動、
ために生きる真の愛を実践する都市となる時、
この都市にやって来る世界のすべての人々が
学んで行くようになれば、自動的に自国に行き
真の愛を実践する運動をするようになるでしょう

そのようになれば、世界が
キリスト教のように二千年もかからず
数百年もかからず、数十年中に
恐らく私が生きている間に、天の父母様を中心とした
一つの世界となり得るでしょう 
出来ませんか? 出来ますか?

皆さんはその日を探して行く、摂理歴史において
天一国の先駆者です
誇りある聖職者です わかりましたか?
そこに先頭に立ってくれるようお願いします




aclc201412.jpg

↓ファミリーフォーラムには、多くの写真が掲載されています。
【フォト】 真のお母様 ACLC(アメリカ聖職者指導者会議)で演説される


アメリカ聖職者会議(ACLC)は、
スターニングス大司教を議長とした
聖職者指導者たちの団体です。

まるで食口に対して語られるように、お母様は聖職者たちに
み言を伝播する願いを託されました。

本当に真の父母であられるなぁと思います。

そして、聖職者たちは、
み旨を知った者、真の父母様を知った者として、
天の願いをその如く、伝えておられます。

ならば、祝福家庭の私たちは、
それ以上の基準と決意を持って
今このとき、歩んでいかないといけないのではないか、
そのように感じるのです。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック