2015年01月25日

彼女が、退学を臆せず、反対される教会に行ったのはなぜか?! 《受難の源流より》



1450335_395845530565851_1105388009066346203_n.jpg


今年は青羊の年であるとお母様が言われ、
青年や2世を意識してくださる中、そのような機運を感じます。

50年前お父様が統一教会の教祖として
初めて日本に来られた頃、
集まった食口の多くは、青年であったといいます。

韓国での草創期、受難が続くその中にあっても、
爆発的に伝道が進みましたが、いつもその中心は青年でした。

『受難の源流』(文鮮明師の西大門刑務所収監の真相)から
今日は、徐明鎭(ソミョンジン)さんの証しです。


(梨花女子大から)退学処分を受けた十四人のなかで、
統一教会に入信して一か月もたたずに退学させられた学生がいる。
徐明鎭(ソミョンジン)さんである。

初めて徐明鎭さんが「統一原理」を学んだのは、
1955年4月7日で、入信したのが4月17日であった。
その日はちょうど日曜日で、教会に行って文師の説教を聞いた。

徐明鎭さんは、その日のことを次のように述懐している。

「説教する文先生は、十字架で亡くなる前に
ゲッセマネで祈られたイエス・キリストのようでした。
文先生は額に玉のような汗をかき、涙を流しながら祈られました。
その姿を見て、この教会は神霊と真理で礼拝をする
命ある教会だと実感したのです」

徐明鎭さんが退学処分を受けたのが5月11日で、
入信してから退学までの期間は25日間しかない。
彼女は、薬学科4年生で卒業直前であった。
徐明鎭さんをここまで駆り立てたのは、一体何だったのだろうか?

彼女が統一教会に行くようになった経緯は、次のとおりである。

徐明鎭さんが梨花女子大学校に入って、
彼女に信仰的感化を与えた二人の教授がいた。
韓忠ファ助教授と金永雲副教授である。

特に徐明鎭さんは、金永雲副教授による
スウェーデンボルグの霊界に関する講義が一番好きだった。
霊界の講義を聞いた日の夜は一睡もできず、
スウェーデンボルグの名前をノートに真っ黒になるほど書き続けた。
徐明鎭さんは、スウェーデンボルグを恋人のように慕った。

1955年の春休み、クラスメートの金正恩さんから手紙が届いた。
そこには、以下のような内容が書かれていた。

「わたしは統一教会に行って『統一原理』を聞き、
いろいろと悩んでいた人生の問題が解決しました。
あなたもその講義を聞けば、今悩んでいる問題は解決するでしょう」

春休みが終わり、新学期が始まってから徐明鎭さんは統一教会を訪ねた。
このときは、5人の梨花女子大学校の教授たちが免職処分を受けて、
まだ2週間しかたっていなかった。

劉孝元氏より2日間にわたり講義を聴いた徐明鎭さんは、
間違っていると思えるところを一つも見いだせなかった。
それどころか、神の実在性、人生の目的、死後の世界、罪の根、
サタン(悪魔)の正体などが明確になったことを喜んだ。
この講義を通して、人生の明確な座標を立てることができたからである。

このときの喜びと感謝は、表現することができなかった。

「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」
この言葉は、徐明鎭さんのそのときの心境である。

1955年2、3月の統一教会の礼拝参加者数は、
120人から140人であったが、
徐明鎭さんが来始めた4月には200人ほどに増えている。
同年4月27日に、統一教会は興仁洞から
同じソウル市内の中区の奨忠洞に移転した。

大学当局は、統一教会に通っている学生たちに
何回かにわたって自粛を求めたが、
彼女たちはそれらの勧告を無視した。
5月に入ると、統一教会に通う学生たちに大学側は、
十項目の質問を書いたアンケート用紙を配布した。

徐明鎭さんは十項目のうち、覚えている内容を次のように記している。

1、いつから統一教会に通っているか。
2、統一教会に通うことを学校で反対しているのを知っているか。
3、統一教会に通って、どの程度、感動を受けたか。
4、今後も続けて統一教会に通うつもりか。
5、統一教会に通うことによって、
学校からどんな処罰を受けても甘受できるか。
6、統一教会の原理が、メソジスト教会の伝統信仰と
違うということを知っているか。
(『受難の現場』成和出版社 63ページから)

徐明鎭さんは、このアンケートに以下のように書いて学校側に提出した。

「統一教会の原理は、全宇宙とも代えることのできない真理です。
メソジスト教会の信仰と違うことも知っています。
捜し求めていた真理が見つかったので、
将来どのように処罰されてもかまいません」

数日後、ある教授が徐明鎭さんに、

「統一教会に通うのを思い直すことはできないのですか?」と尋ねた。
その時の徐明鎭さんはこう答えている。

「メソジスト教会の信仰のみを信ずる、
といって署名して入学したのではありません。
キリスト教の学校で四年間学んでも捜し出すことができなかった真理を、
統一教会が教えてくれるのですから、これからも統一教会に通い続けます」


統一教会に導かれて、
わずか1ヶ月で退学処分を受けた徐明鎭さん。
しかも、あとわずかで卒業できたのに、
躊躇せずに処分を受け入れていきました。

「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」
という言葉に彼女の思いが表れています。

入教するまでに、キリスト教を学びつつ
何か、満たされない思いがあったのでしょう。
そういう全ての疑問をみ言を聞いて解決し、
求めてきた真理を得ることができたのです。
その抑えきれない思いをどうすることもできず、
退学を決意していきました。

「打てば響く」ような青年。
それは年齢もそうかも知れませんが、
心の中に、希望を持ち、前を向いている人ならば、
年齢はどうであれ、「青年」だと思います。

何よりも真のお父様が青年であったし、
今も真のお母様がそうだと言えるのではないでしょうか。

そんな「青年」に出会えるように
これからも頑張っていきます。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック